ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プレゼントキャスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プレゼントキャスト」に関する情報が集まったページです。

NHK、見逃し番組視聴サービス「TVer」に参加 26日から 受信契約の対象にはあたらず
見逃し番組のネット配信サービス「TVer」で、NHKの番組が見られるようになる。(2019/8/23)

新たにLiveParkとYourCastが誕生:
日本テレビ系HAROiDが2社に分社、ID/データ事業は「TVer」運営のプレゼントキャストに譲渡
日本テレビ子会社のHAROiDが、オンラインライブエンターテインメント事業とID/データ事業をそれぞれ別会社に分離する。(2019/8/2)

民放5局、テレビ番組をネットで無料配信 共同ポータル「TVer」10月スタート
在京5局は、テレビ番組を広告付きで配信する見逃し配信サービス「TVer」を10月に始める。(2015/7/16)

NHKと在京キー局が「最強のテレビアプリ」共同開発 番組表や関連ニュース集約「ハミテレ」
NHKと在京キー局5社は、地上波テレビの番組表や出演者情報、テレビ番組関連ニュースなどをまとめたアプリ「ハミテレ」を公開した。(2014/3/28)

録画視聴もOK:
テレビにスマホをかざして「視聴マイル」を貯める――「FOOT×BRAIN SOCIO」スタート
テレビ東京とプレゼントキャストは、番組視聴者向けサービス「FOOT×BRAIN SOCIO」を開始する。公式アプリを使って番組やCMなどの音声を認識すると視聴マイルが取得でき、マイル数に応じて特典が付く。(2013/3/8)

プレゼントキャスト、テレビ番組配信サービス「テレビドガッチ」をソニー“ブラビア”に提供
プレゼントキャストは、ソニーの液晶テレビ「ブラビア」向けネットワークサービス「Sony Entertainment Network」上において、テレビ番組配信サービス「テレビドガッチ」を開始した。(2012/11/15)

放送局や番組の公式Facebookページを総覧、「Facebook navi TV」スタート
プレゼントキャストは、テレビ局各局が運用する放送局・番組の公式Facebookページを総覧できる“ソーシャル・テレビ番組ナビゲーションサイト”「Facebook navi TV」を開設した。(2012/10/22)

「PCにもエコポイントを」ロビー活動も水面下で実施:
「地デジ化、PCでもできますよ」──PC業界団体がアピール
PC業界を中心とする団体 WDLCは、「PCで地デジ」をテーマにした訴求・購買支援キャンペーンを夏商戦から2011年まで展開。「PCをエコポイント対象に」の活動も進めている。(2010/4/28)

テレビドガッチ、キー局動画の有料配信スタート
動画ポータルサイト「テレビドガッチ」が、民放キー局が配信する動画を集約し、一部動画の有料配信をスタートした。(2010/3/23)

Twitterでテレビ番組の話題共有「ツイテレ」
テレビ番組に関するTwitterのつぶやきを共有できる「ツイテレ」を、プレゼントキャストとCGMマーケティングがスタートした。(2009/12/16)

Second Lifeに“電通島” 「バーチャル東京」オープン
電通がSecond Lifeに開設した「バーチャル東京」では、スキージャンプ・ペアのイベントなどで集客しつつ、企業に土地を誘致して収益化。仮想世界の経済研究も行う。(2007/8/23)

民放の動画ポータル「DOGATCH」正式サービス開始
(2006/12/1)

DOGATCH、「世界バスケ」のハイライトを全80試合配信
動画配信ポータルサイト「DOGATCH」では、「2006年FIBA バスケットボール世界選手権」の全試合ハイライト動画の放送を行う。(2006/8/17)

「DOGATCH」で民放ニュース動画配信
(2006/8/11)

「テレビを楽しむネット」 民放・広告代理店連合のポータル始動
「テレビをもっと楽しむインターネット」――こんなコンセプトの動画ポータルサイト「DOGATCH」がプレオープンした。在京民放キー局5社と広告大手4社が共同出資したプレゼントキャストが運営する。(2006/6/1)

広告4社とキー局5社、番組のネット配信で新会社
電通など広告大手4社と、在京民放キー局5社は3月15日、映像のネット配信事業を行う新会社を共同設立。会員登録だけで無料で利用できる広告付きの動画コンテンツの配信や、動画ポータルの構築を行う。(2006/3/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。