ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PX-MiEV」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PX-MiEV」に関する情報が集まったページです。

電気自動車:
三菱自動車が「アウトランダー」ベースのPHEVを開発、2013年初に国内発売
三菱自動車は、SUV(スポーツ多目的車)「アウトランダー」ベースのプラグインハイブリッド車(PHEV)「アウトランダーPHEV」を開発した。2012年9月末から開催される「パリモーターショー 2012」に出展する。2013年初めには、国内向け販売を始める予定だ。(2012/9/5)

本格化するEV/PHEV開発
国内自動車メーカーによる電気自動車/プラグインハイブリッド車の量産に向けた取り組みが本格化している。すでに、三菱自動車と富士重工業は電気自動車の量産を開始しており、2009年末からはトヨタ自動車がプラグインハイブリッド車を、2010年秋には日産自動車が電気自動車の量産を開始する予定である。本稿では、まず『第41回東京モーターショー』に出展された電気自動車、プラグインハイブリッド車、各自動車メーカーの開発姿勢についてまとめる。その上で、電気自動車開発に向けた半導体メーカーと開発ツールベンダーの取り組みを紹介する。(2010/1/1)

東京モーターショー2009:
LEAFにランドグライダー……“ゼロ”を約束するクルマが続々、日産自動車
「ゼロ・エミッション競争の幕が切って落とされた」という日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼CEO。その日産は、東京モーターショーでどのようなクルマを展示していたのだろうか。(2009/10/22)

東京モーターショー2009:
リッター50キロ以上走る、三菱自動車の「PX-MiEV」とは
まさに“エコカーの祭典”ともいえる東京モーターショー。今年の7月に電気自動車「i−MiEV(アイ・ミーブ)」を発売した三菱自動車は、どのようなエコカーを展示していたのだろうか。記者が見てきた、2台のクルマを紹介しよう。(2009/10/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。