ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「品質工学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「品質工学」に関する情報が集まったページです。

MONOist 2019年展望:
AIによるコンピュテーショナルデザインはどこまで進むのか
メカ設計の現場においてもAIや自動化といったキーワードを頻繁に聞くようになってきた。メカ設計ツールのAIや自動化関連のワードとしては「トポロジー最適化」「ジェネレーティブデザイン」「パラメータ最適化」などが挙げられる。それらを総称して、あるいは一部を指し「コンピュテーショナルデザイン」と呼ばれることもある。(2019/1/16)

設計者CAE:
AIとCAE、ビッグデータの融合で匠の技は残せるのか――オムロンのチャレンジ
オムロンは1980年代からCAEの活用環境を整備してきた。さらに今、取り組もうとしているのが、ビッグデータおよびAI(人工知能)とCAEの融合だ。将来は実測とCAEを一致させることによる最適な設定などが自動で可能になるとする。さらに、この取り組みによって職人の技術を可視化して、後世に残していくことができるのではないかと考えているという。同社でCAE業務を推進するオムロン グローバルものづくり革新本部 生産技術革新センタ 要素技術部の岡田浩氏に話を聞いた。(2018/9/21)

第23回 品質機能展開シンポジウム 講演レポート:
品質を作り込む「QFD」の有効性と課題、そしてさらなる活用に向けたアプローチ
日本科学技術連盟が主催した「第23回 品質機能展開シンポジウム」において、ISIDエンジニアリング 技術顧問の岡建樹氏が登壇。「『QFD-Advanced』〜QFDの更なる深化、更なる活用へ向けて〜」をテーマに、QFDの有効性と現状の課題、そして進化型QFDといえる「QFD-Advanced」について詳しく説明した。(2017/11/15)

予知保全は1日にして成らず:
PR:機械学習を活用した予知保全システム、導入への課題と確実な一歩を踏み出すための最適解
工場設備の故障や不具合の発生を未然に防ぐアプローチとして、「予知保全」に対する期待が高まっている。しかし、世の中に存在する予知保全ソリューションはコンセプトレベルのものが多く、製造現場で実際に成果が出たという事例は少数である。そのような状況の中、ユーザーは何を選択したらよいのだろうか? 本稿では、既に製造現場で導入が進み、成果が出始めている予知保全ソリューションを取り上げるとともに、予知保全の導入を実現する上で知っておきたいポイントを紹介する。(2017/10/23)

アルゴリズムにMT法を採用:
機械学習を用いた異常検知システム、NIがデモ
日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は、「CEATEC JAPAN 2017」で、MT(マハラノビス・タグチ)法を採用した機械学習アルゴリズムを用いた予知保全システムのデモを披露した。(2017/10/11)

TRIZ&TMでコマ大戦で勝てる!? コマを設計しよう(2):
L18直交表でコマの性能を評価する
前回、TRIZでひねり出したアイデアを基に、実験して評価してみましょう。(2016/3/18)

TRIZ&TMでコマ大戦で勝てる!? コマを設計しよう(序章):
信州コマ倶楽部と一緒に「コマ大戦で勝てるコマ」を考えよう!
2016年1月から新連載が始まります。「信州コマ倶楽部」と一緒に、全日本製造業コマ大戦で「勝てる」コマを考えてみましょう。その前に、コマ大戦と信州コマ倶楽部について紹介します。(2015/12/28)

Chrysler、車の遠隔操作問題で140万台のリコール発表
「Jeep Cherokee」を無線で遠隔操作できてしまう問題が発覚したことを受け、FCAが米国で約140万台のリコールを発表した。(2015/7/27)

SPICEの仕組みとその活用設計(最終回):
SW電源の解析
SW電源は負帰還を施すと異常発振を起こすことがある。このようなケースの解析には、周波数応答法(FRA法)が主として用いられてきたが、あくまでも動作状態を確認する一手法でしかない。最終回となる今回は、この課題について1つの検討方法を紹介する。(2015/6/29)

現場で使うためのオールペア法、直交表の基本(2):
組み合わせテストを科学的に効率化する――手法とツール、品質保証のための道具
あらゆる条件を網羅したテストを実行することは現実的ではありません。しかし、職人技と勘、あるいは闇雲にテストツールに頼っても、科学的に品質を保証できません。最小のコストで品質を保証するための手法と、その考え方、制約がどのようなものかをじっくり見ていきましょう。(2015/3/20)

ソリッドワークス・ジャパンの新製品発表:
「えー!? 何で、それできないの?」が解消された「SolidWorks 2014」
ミッドレンジ3次元設計システム新製品「SolidWorks 2014」の日本向け製品発表会が開催された。本記事では注目しておきたい新機能のいくつかを紹介する。βコンテストに参加した日本人ユーザーのコメント付き。(2013/9/13)

タグチメソッドのデータを解析しよう(3):
信頼性テストを劇的に短縮するSN比の活用とは?
データについて今まで語ってきましたが、データを活用する最も大事な意味は時間の節約ですよね。分解した変動を使ってSN比を算出すれば、時間やコストの掛かる信頼性テストを劇的に短縮できるんです。今回はその方法をお伝えします。(2013/6/24)

タグチメソッドのデータを解析しよう(2):
データから正しく情報を取り出す方法を知っていますか?
データ、データっていうけれど、情報をいくら持っていても使いこなせれなければ意味がありません。データはあってもちっとも品質が良くならないケースがどこの企業もありますよね。実はデータから有効な情報を取り出し、効果的に活用する方法があるんです。(2013/5/31)

製造マネジメントニュース :
「タグチメソッド」生みの親、田口玄一博士の1周忌追悼シンポジウム開催
「タグチメソッド」の生みの親である田口玄一氏の功績をたたえる追悼シンポジウムが開催され、品質工学の祖であるとともに優れた統計学者でもあった同氏の功績を振り返った。(2013/5/13)

ITエンジニアのためのデータサイエンティスト養成講座(1):
ITエンジニアがデータサイエンティストを目指すには?
それぞれの専門分野を生かした「データサイエンスチーム」を結成すればデータ活用への道は短縮できる。そのとき、ITエンジニアはどんな知識があればいい? データサイエンティストとして活動する筆者が必須スキル「だけ」に絞って伝授します。(2013/5/7)

SPICEの仕組みとその活用設計(1):
SPICEの内側を探る――節点法とは
電子回路を設計する上で必須となっているSPICE。本連載では、そのSPICEの仕組みと活用法を取り上げる。第1回は、SPICEを使う目的や、数多く存在するSPICEツールの選定基準、SPICEの解析手法である節点法について説明する。(2013/4/19)

タグチメソッドのデータを解析しよう(1):
時間もお金もなくても実践できる信頼性テストの方法とは?
時間もない。お金もない。頑張って信頼性テストをやってみれば、市場に出てから製品にエラーが。ああ、苦労してこんなことやって、本当に意味あるの? 実は、“使える”方法が、ちゃんとあります。(2013/4/12)

面談不要の加工・成形屋さん(4):
PR:チャリティーグッズの筐体設計をしてみようぜぃ
今回は、MONOist「メカ設計フォーラム」でおなじみの「甚さん&良くん」コンビが登場! カッコイイ!? チャリティーグッズの設計にチャレンジだ。プロトラブズの見積もりサービスで樹脂部品設計を支援。(2012/11/27)

雑談・品質工学 長谷部先生との対話(2):
タグチメソッドで人を作る、技術を育てる
品質のことばかりに目がいきがちなタグチメソッド。正しく失敗するには? 技術を高めるには? 長谷部先生に平易にひも解いていただいた。(2012/7/27)

雑談・品質工学 長谷部先生との対話(1):
あなたが作っているコレ、一番大切な機能はどれ? に即答できますか
想定を超える利用者の使い方を想定して品質を作りこむって? 「理解するのに随分時間がかかった」というタグチメソッドコンサルタント 長谷部先生に、体当たりで疑問をぶつけてみた。(2012/7/2)

「製造マネジメント」ランキング:
5%で価値を生む
MONOist 製造マネジメントフォーラムでアクセスが多かった記事を紹介します。今回の集計対象期間は、2012年6月1〜15日です。(2012/6/20)

「製造マネジメント」ランキング:
田口博士を追悼するつぶやきからタグチメソッドを読み返す
MONOist 製造マネジメントフォーラムでアクセスが多かった記事を紹介します。今回の集計対象期間は、2012年5月16〜31日です。(2012/6/6)

診療プロセス管理システム「PCAPS-Administrator」プロジェクト
患者状態に応じた多様な診療を可能にするクリニカルパスの実現へ
迅速かつ効率的な診療を提供するために策定される「クリニカルパス」。しかし、実際の現場で適用できないケースもあり、その効果的な策定と実施に悩む医療機関も多い。(2011/10/14)

Tech Biz EXPO 2011プレイベント:
リアル甚さん登場――3つの視点で語られた「中小企業のCAE活用」
大学の教育者、企業の設計者、コンサル業の技術士と、それぞれ違う立場から、中小企業のCAEや設計技術について講演を繰り広げた。パネルディスカッションでは技術者教育についても語られた。(2011/7/15)

ものづくり支援ソフトウェア製品レポート(7):
企業が守るべき資産は設計意図に宿る ― Mathcad Prime
企業が守るべき資産は個々の設計データではなく設計意図の表現の中に。Mathcadのリニューアルから見えるPLM像を知る(2011/1/7)

本質から分かるタグチメソッド(4):
タグチメソッド活用事例集でコツをつかもう
溶接、レンズ研磨、樹脂成型などの場面でタグチメソッドはどう使われている? 学会でも披露された実例から活用のコツを覚えよう(2010/10/29)

モノづくり最前線レポート(23):
グローバル化を「当たり前」にするためのリコーの実践
グローバル化を支援する「7つのプラットフォーム」と、リコーが取り組んできたグローバル化の方策とその実践事例を紹介する(2010/10/20)

本質から分かるタグチメソッド(3):
タグチメソッドの効率化戦略が“ひと味違う”理由
タグチメソッド的思考法をより具体的に紹介。ロバスト性評価、パラメータ実験とその目的を考えるとこの手法の魅力が分かるはず(2010/9/30)

本質から分かるタグチメソッド(2):
タグチメソッドにおける「未然防止」への戦略って?
未然防止と再発防止は、似ているようでまったく別の思想が必要。具体事例を見ればタグチメソッドの目指す未然防止の発想がよく分かる!(2010/8/30)

本質から分かるタグチメソッド(1):
本当の「タグチメソッド」を誤解していませんか?
コトバばかりが先行している感のあるタグチメソッド。あなたは本質を誤解していませんか? SN比や直交表だけではない本当のタグチメソッドを知ろう(2010/7/30)

産業機械メーカーのPLM立ち上げ奮闘記:
こうやればよかった! メカ設計者のためのPDM
多品種少量生産の産業機械業界のPLM事例は少ない。情報不足の中、諏訪の企業がPLMに果敢にチャレンジ。PLM立ち上げの肝は、PDMだった。メカ設計者視点にこだわったモノづくりIT立ち上げ奮闘記!(2010/4/23)

PLM導入プロジェクト、検討前に読むコラム(2) :
FMEAは運用しているけど……品質管理セーフティネットはどう考えるべき?
製品ライフサイクル全体を管理するためにはPLMを基軸としたシステム作りが急務。PLM導入・改善プロジェクトを担当する際に事前に知っておくべき話題を、毎回さまざまな切り口から紹介していきます。(2010/4/16)

品質を定量評価し、設計に生かす:
「品質工学」のススメ
研究/開発、あるいは生産の現場では、機能、品質、コストにかかわる技術活動において、意思決定のスピードとその確かさに対する要求がより一層高まっている。そして、方向性の決定に際しては、意思決定のための明快な手段が必要になる。その手段が「品質工学」である。本稿では、品質工学の思想/哲学、使用する道具と使い方、そして品質工学を活用することで得られる効果などについてまとめる。(2009/7/1)

ETロボコン2008〜チャンピオンシップへの道〜(2):
コースアウトも何のその、ロボコンにも“鈍感力”を
ETロボコン関東地区2回目の試走会の模様をお届けする。ツインループやショートカットなどの“難所”に挑む参加者たちの思いとは?(2008/9/5)

失われた現場改善力を再生させるヒント(6):
職人気質を捨て、改善の成功体験を塗り替えよう
現場改善支援のプロとして、改善プロフェッショナルの育成にこだわりを持ち続けるコンサルタントが贈る現場改善力再生のヒント集。個々人の現場改善能力を3つのタイプに分類し、それぞれに合った処方箋をお届けする。(2008/5/21)

失われた現場改善力を再生させるヒント(5):
作業のバラツキを減らしたいなら“シックスシグマ”
現場改善支援のプロとして、改善プロフェッショナルの育成にこだわりを持ち続けるコンサルタントが贈る現場改善力再生のヒント集。個々人の現場改善能力を3つのタイプに分類し、それぞれに合った処方箋をお届けする。(2008/5/7)

Focus on People:
Red Hatのマーク・コックス氏、セキュリティについて語る
Red Hatのセキュリティ対応チームのディレクターであるマーク・コックスが、普段あまり表に出ることのないLinuxのセキュリティ動向や、誰が脆弱性を発見するのか、重要度はどのように判定されるのか、セキュリティの問題を最小限に抑えるために何が行われているのかを赤裸々に語った。(2007/5/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。