ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「タグチメソッド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タグチメソッド」に関する情報が集まったページです。

FAニュース:
「Edgecross」が船出、三菱電機が対応産業用PCとリアルタイム分析アプリを発売へ
三菱電機は、エッジコンピューティング用のオープンプラットフォームである「Edgecross」に対応したリアルタイム分析アプリや産業用PCを発売する。「Edgecross」対応製品の具体的な発表は世界初となる。(2018/4/20)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
製造マネジメント年間ランキング2016、真の覇者は?
王の中の王とは私のことだ。(2017/1/10)

TRIZ&TMでコマ大戦で勝てる!? コマを設計しよう(2):
L18直交表でコマの性能を評価する
前回、TRIZでひねり出したアイデアを基に、実験して評価してみましょう。(2016/3/18)

TRIZ&TMでコマ大戦で勝てる!? コマを設計しよう(1):
まずは、とにかくたくさんアイデアを出すべし!
TRIZでコマのアイデアをたくさん出して、創造力豊かな設計者になろう!(2016/2/9)

メカ設計メルマガ 編集後記:
1月開始予定の新連載は「流体工学」と「コマ大戦」
楽しみにお待ちくださいね!(2016/1/5)

TRIZ&TMでコマ大戦で勝てる!? コマを設計しよう(序章):
信州コマ倶楽部と一緒に「コマ大戦で勝てるコマ」を考えよう!
2016年1月から新連載が始まります。「信州コマ倶楽部」と一緒に、全日本製造業コマ大戦で「勝てる」コマを考えてみましょう。その前に、コマ大戦と信州コマ倶楽部について紹介します。(2015/12/28)

生産管理の世界共通言語「APICS」とは(1):
「グローバル最適地生産」実現に不可欠な“標準化”と“共通言語”
生産の「グローバル化」が叫ばれてから久しいが、工場進出はできても多くの企業が成果を出すのに苦労している。苦労の要因の1つにコミュニケーションの問題があるが、実は、工場を運営しサプライチェーンを管理する“世界共通言語”が存在する。「APICS」だ。本稿ではAPICSとは何か、またどう活用できるのかということを専門家が解説していく。(2015/9/15)

モデリングから最適化まで簡単操作:
PR:第17回 ファンの流体解析を手軽に! ファン設計ツールSmartBlades
CADやCFDに慣れていない人でも簡単に操作できるファン設計ツールが登場する予定だ。流体解析ツール「SCRYU/Tetra」のオプション製品として、ファンの形状作成から解析、最適化までを自動で行う「SmartBlades」は、ファン設計のさまざまなシーンで役に立ちそうだ。(2014/7/22)

製造ITニュース:
統計分析の力で欠品や在庫量を削減――アクセンチュアが在庫最適化サービスを紹介
アクセンチュアは、SCMやソーシャルメディア分析など主要7領域におけるデータ分析事業の実績を紹介。統計の力で欠品や在庫量を大幅に低減できる「在庫・補充最適化サービス」などの導入事例も紹介した。(2013/9/26)

タグチメソッドのデータを解析しよう(3):
信頼性テストを劇的に短縮するSN比の活用とは?
データについて今まで語ってきましたが、データを活用する最も大事な意味は時間の節約ですよね。分解した変動を使ってSN比を算出すれば、時間やコストの掛かる信頼性テストを劇的に短縮できるんです。今回はその方法をお伝えします。(2013/6/24)

タグチメソッドのデータを解析しよう(2):
データから正しく情報を取り出す方法を知っていますか?
データ、データっていうけれど、情報をいくら持っていても使いこなせれなければ意味がありません。データはあってもちっとも品質が良くならないケースがどこの企業もありますよね。実はデータから有効な情報を取り出し、効果的に活用する方法があるんです。(2013/5/31)

製造マネジメントニュース :
「タグチメソッド」生みの親、田口玄一博士の1周忌追悼シンポジウム開催
「タグチメソッド」の生みの親である田口玄一氏の功績をたたえる追悼シンポジウムが開催され、品質工学の祖であるとともに優れた統計学者でもあった同氏の功績を振り返った。(2013/5/13)

SPICEの仕組みとその活用設計(1):
SPICEの内側を探る――節点法とは
電子回路を設計する上で必須となっているSPICE。本連載では、そのSPICEの仕組みと活用法を取り上げる。第1回は、SPICEを使う目的や、数多く存在するSPICEツールの選定基準、SPICEの解析手法である節点法について説明する。(2013/4/19)

タグチメソッドのデータを解析しよう(1):
時間もお金もなくても実践できる信頼性テストの方法とは?
時間もない。お金もない。頑張って信頼性テストをやってみれば、市場に出てから製品にエラーが。ああ、苦労してこんなことやって、本当に意味あるの? 実は、“使える”方法が、ちゃんとあります。(2013/4/12)

面談不要の加工・成形屋さん(4):
PR:チャリティーグッズの筐体設計をしてみようぜぃ
今回は、MONOist「メカ設計フォーラム」でおなじみの「甚さん&良くん」コンビが登場! カッコイイ!? チャリティーグッズの設計にチャレンジだ。プロトラブズの見積もりサービスで樹脂部品設計を支援。(2012/11/27)

「製造マネジメント」ランキング:
人こそが品質を作り上げる
MONOist製造マネジメントフォーラムでアクセスが多かった記事を紹介します。今回はスマートグリッド関連の記事を除いた製造に関するランキングです。集計対象期間は、2012年9月29日〜10月28日です。(2012/10/29)

「製造マネジメント」ランキング:
「特許大国」中国に対応する人材を育てる
MONOist 製造マネジメントフォーラムでアクセスが多かった記事を紹介します。今回の集計対象期間は2012年7月1〜30日です。(2012/8/27)

雑談・品質工学 長谷部先生との対話(2):
タグチメソッドで人を作る、技術を育てる
品質のことばかりに目がいきがちなタグチメソッド。正しく失敗するには? 技術を高めるには? 長谷部先生に平易にひも解いていただいた。(2012/7/27)

「製造マネジメント」ランキング:
災害後に知った「いざというときに本当に必要だったこと」
MONOist 製造マネジメントフォーラムでアクセスが多かった記事を紹介します。今回の集計対象期間は、2012年6月15〜30日です。(2012/7/9)

雑談・品質工学 長谷部先生との対話(1):
あなたが作っているコレ、一番大切な機能はどれ? に即答できますか
想定を超える利用者の使い方を想定して品質を作りこむって? 「理解するのに随分時間がかかった」というタグチメソッドコンサルタント 長谷部先生に、体当たりで疑問をぶつけてみた。(2012/7/2)

「製造マネジメント」ランキング:
5%で価値を生む
MONOist 製造マネジメントフォーラムでアクセスが多かった記事を紹介します。今回の集計対象期間は、2012年6月1〜15日です。(2012/6/20)

「製造マネジメント」ランキング:
田口博士を追悼するつぶやきからタグチメソッドを読み返す
MONOist 製造マネジメントフォーラムでアクセスが多かった記事を紹介します。今回の集計対象期間は、2012年5月16〜31日です。(2012/6/6)

TwitterからあふれたCAEの本音語り(1):
CAE以前に、「設計する」って何なの
 CADやCAE、設計業務について、Twitter上で活発に議論を交わす技術者の人たちを大手町に召集してみた(2011/6/17)

災害未然防止のための設計とTRIZ:
「私の経験上」という言葉が出たら、ご用心! 
災害を未然防止する設計をするために、問題解決理論のTRIZを適用して、常識にとらわれない視点での対策を立てよう。(2011/3/30)

電子ブックレット(製造マネジメント):
本質から分かるタグチメソッド
S/N比による分析など、手法ばかりが先行しているきらいがありますが、タグチメソッドの本質的な考え方はもっともっと奥が深いものです。本質が分かれはカイゼンへの道も拓けるはずです。(2011/2/15)

本質から分かるタグチメソッド(4):
タグチメソッド活用事例集でコツをつかもう
溶接、レンズ研磨、樹脂成型などの場面でタグチメソッドはどう使われている? 学会でも披露された実例から活用のコツを覚えよう(2010/10/29)

モノづくり最前線レポート(23):
グローバル化を「当たり前」にするためのリコーの実践
グローバル化を支援する「7つのプラットフォーム」と、リコーが取り組んできたグローバル化の方策とその実践事例を紹介する(2010/10/20)

本質から分かるタグチメソッド(3):
タグチメソッドの効率化戦略が“ひと味違う”理由
タグチメソッド的思考法をより具体的に紹介。ロバスト性評価、パラメータ実験とその目的を考えるとこの手法の魅力が分かるはず(2010/9/30)

本質から分かるタグチメソッド(2):
タグチメソッドにおける「未然防止」への戦略って?
未然防止と再発防止は、似ているようでまったく別の思想が必要。具体事例を見ればタグチメソッドの目指す未然防止の発想がよく分かる!(2010/8/30)

本質から分かるタグチメソッド(1):
本当の「タグチメソッド」を誤解していませんか?
コトバばかりが先行している感のあるタグチメソッド。あなたは本質を誤解していませんか? SN比や直交表だけではない本当のタグチメソッドを知ろう(2010/7/30)

MONOistセミナー レポート(2):
踊る大規模解析最前線
アンシスが最新の大規模解析事情、富士通がHPCをめぐるハードウェア事情、そしてIHIが実際の設計現場におけるCAEについて大いに語る(2010/7/28)

いま考えるべき品質マネジメント改革(2):
品質要件マネジメント手法とフロントローディング開発
品質向上と開発期間短縮は同時に達成するには? 要件をモデル化するモデリングアプローチで品質を追い込むポイントを伝授(2010/5/25)

PLM導入プロジェクト、検討前に読むコラム(2) :
FMEAは運用しているけど……品質管理セーフティネットはどう考えるべき?
製品ライフサイクル全体を管理するためにはPLMを基軸としたシステム作りが急務。PLM導入・改善プロジェクトを担当する際に事前に知っておくべき話題を、毎回さまざまな切り口から紹介していきます。(2010/4/16)

上を目指すエンジニアのための要求エンジニアリング入門(6):
要求の旅は終わらない―開発と並走する「要求管理」
上級技術者を目指すのであれば、要求エンジニアリングの習得は必須である。要求を明確化できれば、後工程の不具合が減少し、プロジェクトコストの削減や競争力強化につながるからだ。6回に渡って、要求エンジニアリングの基礎を解説する。(2009/12/11)

第20回 設計・製造ソリューション展レポート(1):
インターナショナルな“パナソニック流”モノづくり
2009年6月24日から26日までの3日間、東京ビッグサイトにて「第20回 設計・製造ソリューション展(以下、DMS展)」が開催された。本稿では、DMS展20周年を記念した特別講演の内容を紹介する。(2009/7/9)

品質を定量評価し、設計に生かす:
「品質工学」のススメ
研究/開発、あるいは生産の現場では、機能、品質、コストにかかわる技術活動において、意思決定のスピードとその確かさに対する要求がより一層高まっている。そして、方向性の決定に際しては、意思決定のための明快な手段が必要になる。その手段が「品質工学」である。本稿では、品質工学の思想/哲学、使用する道具と使い方、そして品質工学を活用することで得られる効果などについてまとめる。(2009/7/1)

品質改善の王道を行こう(5):
タグチメソッドで品質向上の最適条件を見つける
モノづくり現場で発生している品質不良を改善し、不良率半減を目指そう。品質改善のツールはあくまでもツールであって、それに振り回されてはいけない。本連載は品質改善コンサルタントによる品質改善の王道を解説する。(2008/12/12)

品質改善の王道を行こう(4):
不良発生の瞬間をつかまえる測定技術を検討しよう
モノづくり現場で発生している品質不良を改善し、不良率半減を目指そう。品質改善のツールはあくまでもツールであって、それに振り回されてはいけない。本連載は品質改善コンサルタントによる品質改善の王道を解説する。(2008/11/10)

品質改善の王道を行こう(1):
品質改善プロジェクトに失敗は許されない
モノづくり現場で発生している品質不良を改善し、不良率半減を目指そう。品質改善のツールはあくまでもツールであって、それに振り回されてはいけない。本連載は品質改善コンサルタントによる品質改善の王道を解説する。(2008/7/11)

失われた現場改善力を再生させるヒント(5):
作業のバラツキを減らしたいなら“シックスシグマ”
現場改善支援のプロとして、改善プロフェッショナルの育成にこだわりを持ち続けるコンサルタントが贈る現場改善力再生のヒント集。個々人の現場改善能力を3つのタイプに分類し、それぞれに合った処方箋をお届けする。(2008/5/7)

隣のメカ設計事情レポート(1):
アナログ感覚の数値化が肝心な自転車のメカ
ブリヂストンサイクルのスポーツバイク「アンカー」のメカ設計事情をレポートする。人の感覚というアナログな世界を数値化し機構へ反映するが、これが一筋縄ではいかぬ。(2008/3/31)

エンジニアスジャパン 加藤社長インタビュー:
メカ設計者たちよ、ニッポンの製造業を救え!(下)
韓国企業の強みは、生産技術を日本から学び、設計技術を欧米から学んでいること。「ニッポンが一番!」だと思っているのは日本人だけなの?(2007/11/30)

エンジニアスジャパン 加藤社長インタビュー:
メカ設計者たちよ、ニッポンの製造業を救え!(上)
いま、日本の製造業が危ない。それを救うには、従来の生産技術思想をひっくり返し設計初期段階からの品質の作りこみを徹底的にするべきだ(2007/10/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。