ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「品質管理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「品質管理」に関する情報が集まったページです。

サラリーマン、プリキュアを語る:
プリキュアが歌い出した日 Perfumeの振付師MIKIKO先生が手掛けた「ドキドキ!プリキュアEDダンス」の衝撃
個人的には「ハピネスチャージプリキュア!」の前期ED「プリキュア・メモリ」も大好きなエンディングです。(2021/7/22)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
メーカーが「異業種参入」に積極的なワケ なんであの会社からこんな製品が?
バルミューダのスマホ、アイリスオーヤマのPC、さらにはシャープの不織布マスクのように、メーカーがいきなり異業種へと参入するケースがある。異業種参入はどの業界でも起こりうることだが、メーカーが積極的にみえるのはなぜだろうか。(2021/7/16)

富士フイルムHD「古森流」継承 ヘルスケア加速、追加のM&A模索も
バイオ医薬品の開発・製造受託事業で世界首位を狙う。事業構造転換の歩みは新経営陣の下でも続く。複写機事業など他領域の安定成長も課題となる。(2021/7/14)

いまさら聞けない自動車業界用語(15):
「工場の生産性向上」と一言でいっても、幾つものアプローチがある
今回のテーマは「工場の生産性改善」です。日々進められている工場の改善。具体的にどのように取り組んでいるのかについて説明します。(2021/7/12)

ワイヤレス充電対応、スタンド付きモバイルバッテリー AUKEYから
AUKEYは、7月7日に容量1万mAhのモバイルバッテリー「Basix Pro」を発売。最大10Wのワイヤレス充電や急速充電規格に対応し、充電しながら動画鑑賞を楽しめる折りたたみ式スタンドを搭載している。(2021/7/6)

スマート工場最前線:
福島から世界へ、デジタルツインで24時間稼働する理想の変種変量工場
ロボコム・アンド・エフエイコムは2021年6月28日、福島県南相馬市に先進デジタル技術を取り込んだスマート工場「ロボコム・アンド・エフエイコム南相馬工場」を開所した。製造現場の情報をリアルタイムでデジタル空間に再現する「デジタルツイン」により、24時間稼働の変種変量生産が可能だとしている。(2021/7/5)

製品動向:
コンクリ打設前の“鉄くず”を除去する「磁取棒(じどりぼう)」、年度内に一般販売
大成建設と新潟精機は、建設現場でコンクリート打設前に鉄くずを磁力で取り除く、3タイプの専用棒を開発した。2021年度中には、一般向けの販売も視野に入れている。(2021/7/5)

石野純也のMobile Eye:
「鉄道路線5G化」で5Gエリアを急速に広げるKDDI “パケ止まり”対策でも先行
KDDIは東京の山手線全30駅および大阪の大阪環状線全19駅のホームに5Gの基地局を設置。同社は、利用者の導線に沿った5Gのエリア化を行っており、人口カバー率が90%に達する2021年度末までには、関東21路線、関西5路線に5Gを拡大していく予定だ。大手3社のエリア展開の方針を振り返りつつ、鉄道を中心に5Gのエリア化を進めるKDDIの狙いに迫る。(2021/7/3)

5Gのエリア整備の苦労は? KDDIが「鉄道路線5G化」に関する取り組みを説明
KDDIが、山手線と大阪環状線の駅ホームの「au 5G」エリア化を完了した。それに合わせて、同社は主に鉄道駅における5Gエリア整備に関する説明会を開催した。(2021/7/2)

セブンなどで販売:
マルハニチロ、「かにぞうすい」約4万3000個を自主回収 乾燥剤混入の可能性
マルハニチロが、セブン-イレブンなどで販売している「かにぞうすい」4万3050個を自主回収すると発表した。(2021/7/2)

品質不正問題:
三菱電機の鉄道車両用空調装置で不適切検査が発覚、「全社再点検」をすり抜け
三菱電機は、長崎製作所が製造する鉄道車両用空調装置の一部において、購入仕様書の記載とは異なる検査の実施や検査の不実施、検査成績書への不適切な記載を行っていたことが判明したと発表した。この他にも、過去に出荷した鉄道車両用空気圧縮機ユニットの一部において同様の不適切検査を行っていたことが判明したという。(2021/7/1)

成果を生むスマート工場の作り方:
PR:作業時間ばらつきを28%低減、スマート工場を実現する“超現実的”サービスの真価
工場内でデジタル技術によりデータを活用したモノづくりの競争力を高めるスマート工場の取り組みが加速している。しかし、工場でのデータ活用には、デジタル技術とモノづくりの知見の両面が必要になり、成果を出すのは簡単ではない。こうした領域を支援するのがオムロンの現場データ活用サービス「i-BELT」である。「i-BELT」を活用しサイクルタイムのばらつきを28%低減したOmron Microscan Systems(オムロン マイクロスキャンシステムズ、以下OCR)の事例を紹介する。(2021/7/2)

製造業DX:
PR:「品質作り込み」に必要なデジタル基盤の“結ぶ力”、IoTデータから経営情報まで
MONOistが2021年6月3〜4日に開催したオンラインでのライブ配信セミナー「製造業×品質、革新するモノづくりの在り方」において「品質の競争力向上から見たDXバリューチェーン構築の実践と事例」をテーマに、AVEVA ソリューション営業本部 ストラテジック アカウントマネージャー 面屋友則氏が講演を行った。(2021/6/30)

顧客満足度とオペレーターの生産性を両立させるには
「KPI管理」がコンタクトセンターの品質改善に必要な理由
KPI管理と感情分析の活用は、コンタクトセンターでオペレーターの離職を防ぎつつ生産性と応対品質を向上させるための有効な手だてとなる。適切なKPIの管理とオペレーターの支援を並行して実施するには、まず何から始めればよいのか。(2021/6/30)

失敗しないアジャイル開発を実現するには Sansanらの企業事例から学ぶ人材育成のコツ
ビジネスの急速な変化に対応するため、柔軟性を持ってスピーディーにサービスをデリバリーすることが求められる今、IT施策においてウオーターフォール型に代わりアジャイル開発を導入することは企業における喫緊の課題だ。本稿では、ガートナーのセッションからアジャイル人材の育成に取り組む企業事例を紹介する。(2021/6/25)

製品動向:
奥村組が補修・補強材料のトレーサビリティーシステムを開発、作業時間を40%削減可能
奥村組は、既存インフラ構造物維持工事で生じる各種施工情報の収集や施工管理記録の作成といった施工管理を効率化する「補修・補強材料のトレーサビリティーシステム」を開発した。今後、同社は、既存インフラの維持工事に新システムを適用することで、ブラッシュアップを行い、生産性向上につなげていく。さらに、施設管理者の維持管理業務にも有用であることを踏まえ、施設管理者にもシステムの活用を提案することも検討している。(2021/6/25)

クイズDEドラマ:
身近な人物の裏切りに絶望 ドラマ「ドラゴン桜」学園売却計画もいよいよ大詰め、最終回に救世主現る?
やっぱりかー!(2021/6/22)

製造IT導入事例:
工場全体に高度なトレーサビリティーとDXをもたらすIoT基盤を構築
日立製作所は、サントリー食品インターナショナルの新工場に、高度なトレーサビリティーと、DXによる工場経営や働き方改革をもたらすIoT基盤を構築した。工場全体の機器、品質管理、出荷などさまざまな情報を統合できる。(2021/6/15)

アジャイル開発における品質管理(4):
「仕様通りだけど使いづらい」を解消する、探索的テストの考え方
少人数、短期間の開発を繰り返すアジャイル開発では、どのようにすれば品質を保つことができるのだろうか。本連載では、アジャイル開発における品質管理の手法を解説する。前回から、スプリント内でのテストと品質保証について、2回に分けて解説している。後編となる今回は、探索的テストとアジャイル開発における品質改善事例について。(2021/6/15)

GIGABYTE、144Hz駆動に対応した43型4Kゲーミング液晶など3シリーズを投入
GIGABYTEは、高リフレッシュレート表示をサポートした43型4Kゲーミング液晶ディスプレイなど3シリーズを発表した。(2021/6/14)

ARソリューション:
3D CADデータを活用したAR作業手順書で検査業務を支援する「Vuforia Instruct」
PTCジャパンは、ARソリューション「Vuforia」の新製品で、3D CADデータを利用したインタラクティブなAR作業手順書の作成と活用を支援する「Vuforia Instruct」を発表した。製品品質の維持、向上に不可欠な点検/検査業務に特化した機能を提供し、デジタル化によって検査品質や作業効率の向上を実現する。(2021/6/11)

アジャイル開発における品質管理(3):
工数超過の要因、過剰なテストを避けよう 効率的に要件を作成する「V&V」という考え方とは
少人数、短期間の開発を繰り返すアジャイル開発では、どのようにすれば品質を保つことができるのだろうか。本連載では、アジャイル開発における品質管理の手法を解説する。今回は、スプリント内でのテストと品質保証について、2回に分けて解説する。前編となる今回は要件設定とV&Vについて。(2021/6/11)

犬「赤ちゃんの遊びを見守るワン!」→ボールが自分の方に来ると……? 遊びの誘惑に負けてしまうワンコが愛おしい
スピード感がすごい。(2021/6/8)

小さな女の子と大きいわんこの異色ユニットが熱唱! 仲良くデュエットしているようなかわいい姿に癒やされる
音楽の力を感じる。(2021/6/7)

土屋炎伽、1年ぶりにチアリーダー復帰 チームメイトとの集合写真に「格好いい」「元気がみなぎっています」と反響
「ミス・ジャパン」初代グランプリ。(2021/6/1)

CAD:
「ARES Commander」の新バージョン、更新したBIMモデルの参照で図面の注釈を自動更新
Graebertは、DWG互換CADクラウドサービス「ARESシリーズ(旧:JDraf)」のうち、PCでDWG互換CADと3Dモデルの作成や編集が行える「ARES Commander」の新バージョン「ARES Commander 2022」を2021年4月1日にリリースした。(2021/6/1)

製造IT導入事例:
日産自動車はいかにしてPLMを整備したのか
アラスジャパンは2021年4月20〜22日の3日間、年次イベントである「Aras Community Event(ACE 2021)」をオンラインで開催。その中で、日産自動車が「Aras Innovatorによるエンジニアリングプラットフォーム戦略及び活用事例」をテーマに事例講演を行った。本稿ではその内容を紹介する。(2021/6/1)

品質管理システム:
PR:Excelによる品質管理はもう限界、月額5万円のクラウドサービスで課題を解決
多くの製造業で、今もなおExcelや紙を使った品質管理が行われており、IT化の進んだ現在において数々の問題の根源となってしまっている。そうした中で、宇部情報システムが2021年6月にリリースするのが、低コストかつ即利用開始可能でありながら、必要十分な機能を備えたクラウドベースの品質管理システム「QC-One Lite」だ。(2021/6/1)

かにを知り尽くした駅弁屋「アベ鳥取堂」、そのオリジナルへのこだわり
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは、元祖かに寿し「アベ鳥取堂」のかに・米・その他さまざまな食材のこだわりをお届けします。(2021/5/29)

ユニクロ、「エアリズムブラタンクトップ」などを自主回収 異物の混入を確認
ユニクロが、女性用下着「エアリズムブラタンクトップ」「ボディシェイパーショーツ(スムース・4分丈)」を自主回収すると発表した。(2021/5/28)

基板/パーツだけでなく品質テストもオーダーできる:
PR:円決済に対応! ICAPE Groupオンラインショップが日本でも利用可能に
プリント基板/カスタムパーツベンダーであるICAPE Groupが展開するオンラインショップがこのほど日本円決済に対応。基板/各種パーツの購入の他、基板の品質テストをオーダーできる同社オンラインショップの日本での利用が大きく広がる見込みだ。(2021/5/31)

再発防止策は:
ピジョン、ベビーカーを自主回収 ハンドル関節部分が破損する恐れ
ピジョンがベビーカーを自主回収する。ハンドル関節部分が破損する恐れがある。同社は4月17日にもベビーカーの車体フレームを無償交換すると発表している。(2021/5/24)

IoTセキュリティ:
医療機器のセキュリティを守るために、インシデント訓練から何が見えたのか
医療機器メーカーや医療機関、セキュリティベンダーなどが参加する医療機器サイバーセキュリティ協議会が、医療機器メーカー向けセキュリティインシデント訓練を実施。トレンドマイクロのインシデント対応ボードゲームをベースに医療機器メーカー向けにカスタマイズしたものを用いて、オンラインで行われた。(2021/5/21)

化学企業トップが目指す「グロース企業」カギを握るOODAカルチャーとは
「グロース企業の文化を見習え」――。半導体材料などで知られる化学メーカー、JSRの会長が語ったのは、成長の仕組みや戦略ではなく、企業文化の作り方だった。「脱PDCA」で飛躍を目指す。(2021/5/21)

カット野菜もシャキシャキ AIが仕切るスマート農業
IoTやAIを活用して作物を育てるスマート農業。技術実証を行っている愛媛県西条市と愛媛大学が、これまでの取り組みを報告するシンポジウムを開催した。労働力低減などの聖火が得られた一方、コストの問題も明らかになった。(2021/5/20)

Nginx系Webサーバのシェアが5割超に:
2021年5月のWebサーバ利用シェア、「Nginx」が「Apache」を初めて上回る
Q-Successが2021年5月に発表したWebサーバの市場シェア調査結果によると、「Nginx」と「Apache」がともに33.8%を占め、Nginxが首位、Apacheが2位となった。さらにNginxから派生したWebサーバを含めると、Nginxのシェアは5割を超えていた。(2021/5/17)

組み込み開発 インタビュー:
「NG画像不足」を解決、少量データで特徴抽出するAI技術スパースモデリング
機械学習と比較して10分の1の教師データで特徴抽出を完了できるスパースモデリング技術。製造業の現場改革にどのように貢献し得るのか。ハカルス 取締役 CBOの染田貴志氏に話を聞いた。(2021/5/14)

研究開発の最前線:
消費期限では分からない食品の“本当の品質”、日立がインク技術で見える化
日立製作所は、周辺の温度変化による品質劣化の状態を、企業や消費者に分かりやすく“見える化”する商品品質判定システムを開発した。製造日から一律に設定される消費期限では分からない食品の“本当の品質”を示すことで、社会課題となっている食品ロスの削減への貢献を目指す。(2021/5/12)

高根英幸 「クルマのミライ」:
トヨタ豊田章男氏の主張は、我が身可愛さの行動なのか?
電動化=脱エンジンなのか? それとも、日本の産業構造を一気に変えるようなことができるのだろうか。たしかに今ここで日本の産業構造を変えなければ、かつての半導体の二の舞いになる。そこで自動車産業を日本の基幹産業として存続させるためには何が必要なのか、ここで考えてみたい。(2021/5/10)

「早押しクイズ」をするときの脳活動がヒントに:
「顔認証に適用すると最大20倍の高速化が可能」 NECが時系列データを高速分析するAI技術を開発
NECは、高い精度を維持しながら時系列データを高速にリアルタイム分析するAI技術を開発した。「早押しクイズ」のような、複雑な意思決定を行う際に見られる脳活動の知見を応用した。顔認証に適用すると、最大20倍の高速化が可能だという。(2021/5/10)

現場管理:
Wi-Fi環境と位置情報を一体化した建築現場のDX基盤「T-BasisX」を大成建設が構築
大成建設は、メッシュWi-Fiと、従業員や資機材の情報を取得する「IoT活用見える化システム」を一体化し、建設生産プロセスのあらゆる情報を一元的に見える化するための基盤「T-BasisX」を構築した。(2021/5/7)

手術を怖がる猫ちゃんの抵抗 体をぐにゃらせ逃げようとする姿を描いた漫画に「まるでウナギ」「猫は液体」の声
今はとっても元気です!(2021/5/6)

セミナー:
PR:ベリサーブ オートモーティブ カンファレンス2021
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2021/5/19)

IoTセキュリティ:
IoT/OTシステムへの攻撃を3社に1社が経験、半数近くが対策不十分を認識
IDC Japanが国内企業のIoT/OTセキュリティ対策実態調査の結果について説明。IoT/OTシステムに関わるセキュリティ事件/事故を経験した企業が36.4%に上る一方で、半数近くの47.7%がセキュリティ対策状況が不十分と認識しつつも、「予算の確保」や「導入効果の測定が困難」を理由に対応を進められていない状況も浮き彫りになった。(2021/4/28)

製造ITニュース:
モノづくり情報を連携し統合、大手クラウド要件に対応可能サブスクサービス
Arasは、大手グローバル企業のクラウド要件に柔軟に対応する、新しいサブスクリプションサービス「Enterprise サブスクリプション」の提供を開始した。(2021/4/28)

「メール」を顧客応対に生かすヒント【後編】
「メール」で顧客の満足度を高めるには? やりとりの質を高める4つのヒント
顧客からの問い合わせメールが大量に届くコールセンターで、応対の質を保つにはどうすればよいのか。必要な戦略を立てるための4つのヒントを紹介する。(2021/4/28)

半導体製品のライフサイクルに関する考察(3):
減ることのない半導体/電子部品偽造 ―― リスク承知の購入は危険
昨今の半導体/電子部品不足に伴い、通常と異なる購入ルートでの部品調達を検討する機会は多いかもしれない。しかし偽造品の報告例は減らず、以前として少なくない。今回はいくつかの偽造品の報告例も紹介しながら、非正規ルートで購入する際のリスクについて考察する。(2021/4/26)

アジャイル開発における品質管理(2):
「何を」「どのように」テストするのか?――アジャイル開発におけるテストの基本戦略
少人数、短期間の開発を繰り返すアジャイル開発では、どのようにすれば品質を保つことができるのだろうか。本連載では、アジャイル開発における品質管理の手法を解説する。初回は、アジャイルテストの基本的な考え方と戦略について、2回に分けて解説する。後編となる今回は、アジャイル開発における品質に関してどうアプローチするかの戦略について。(2021/5/10)

アジャイル開発における品質管理(1):
技術的負債の放置、リリース直前に炎上――アジャイル開発で陥りがちな問題とその原因とは
少人数、短期間の開発を繰り返すアジャイル開発では、どのようにすれば品質を保つことができるのだろうか。本連載では、アジャイル開発における品質管理の手法を解説する。初回は、アジャイルテストの基本的な考え方と戦略について、2回に分けて解説する。前編となる今回はアジャイル開発において発生しがちな問題とその原因について。(2021/4/28)

製造現場向けAI技術:
PR:“効果を生み出し続けるAI活用”に必要なこと、異常検知のその先
製造現場でのAI活用への注目が高まっているが、成果を生み出すのに苦労している企業も多い。その中で簡単に成果を生み出せる異常検知ソリューションとして、多くの製造現場から支持を得ているのが、ブレインズテクノロジーの「Impulse」だ。その秘訣とImpulseが描くAI活用の将来像を紹介する。(2021/4/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。