ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「品質管理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「品質管理」に関する情報が集まったページです。

製造マネジメントニュース:
ランクセスの2023年通期業績は在庫調整の影響で減収減益、2024年通期は回復見込み
ランクセスは、東京都内で記者会見を開き、2023年通期業績および2024年の事業活動や業績見通しを説明した。(2024/4/22)

この頃、セキュリティ界隈で:
「Twitter.com」を「X.com」に自動変換 Xが仕様変更も、批判相次ぎすぐ撤回 ネット失笑
Xでポストした「Twitter.com」の文字列が自動的に「X.com」に変換されてしまう――。4月上旬、Xでそんな現象が発生し、詐欺に利用されかねないとしてユーザーが警戒を呼びかけた。間もなく問題は解消されたが、Xの混乱ぶりにあきれる声などが相次いでいる。(2024/4/22)

CIO、GaN充電器やモバイルバッテリーなどを最大50%オフ:AmazonスマイルSALE
CIOが、4月22日まで開催する「Amazon新生活セール」へ参加。モバイルバッテリー「SMARTCOBY」シリーズ、小型のGaN急速充電器「NovaPort」シリーズ、シリコンケーブル/カラビナ付きケーブルホルダーなどが最大50%オフになる。(2024/4/19)

AIは品質管理をどのように改善する? ユースケースを基に解説
AIが改善できる製造プロセスの一つは品質管理だ。AIが製造業の品質管理を改善する具体例を紹介する。(2024/4/19)

「焦げ臭い匂いがする」 セガ「リアル猫型ロボット」で発熱→生地焼ける…… 販売停止に「深くお詫び」
購入客からの報告で発覚。(2024/4/18)

建機自動化:
新丸山ダムの盛土工事で計画〜建機施工〜品質管理の自動化に成功、大林組
大林組は施工計画から品質管理までを自動化する「統合施工管理システム」を開発した。新丸山ダム工事に適用し、複数建機の自律運転による盛土施工と計測ロボットを使った品質管理を行う実証施工に成功した。(2024/4/18)

ゼロから学ぶ! 製造業のスキルマネジメント(3):
「スキルデータ」の活用が製造業にもたらすメリットとは 実践事例と注意点を解説
製造業を取り巻く環境が変わる中、力量管理で扱う人材情報に注目し、戦略的な人材育成/配置や組織力強化に活用する企業が増えてきました。本連載では組織的なデータ活用による発展的な力量管理を「スキルマネジメント」と呼び、その考え方や取り組み方を解説していきます。(2024/4/18)

UGREENのマグネット式モバイルバッテリー発売 1万mAhで入出力20Wに対応
フォーカルポイントは、入出力最大20Wに対応した「UGREEN 10000mAh マグネット式ワイヤレス充電対応モバイルバッテリー」を発売。容量は1万mAhで、Qi、PD、QC、AFC、FCPなどさまざまな急速充電プロトコルに対応する。(2024/4/17)

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
テレビ業界のハードワークは、なぜ無くならないのか
この連載ではこれまで、主に映像・放送技術のDX化についてフォーカスしてきたが、そもそもDXとは、人の働き方改革とセットの話である。今回はテレビ業界の働き方について、DXによる働き方改革は起こりうるのかを考えてみたい。(2024/4/16)

医療機器ニュース:
医薬品向け製造、品質管理システムのサプスクリプション型サービスを開始
日立製作所は、医薬品、医療機器製造業向けに、製造および品質管理システム「HITPHAMS」のサブスクリプション型サービス「SaaS版HITPHAMS」の提供を開始した。クラウド上に顧客ごとの利用環境を構築する。(2024/4/15)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「アジアでBEV出遅れ」は好機になる? 日本車が再び選ばれるようになる理由
タイの日本車ディーラーが中国や韓国のブランドに乗り換える動きが続出しているようだ。しかし、勢いのあるアジア勢と比べて、慎重なのが日本車メーカーの成功の理由とも言える。性能や使い勝手で再び日本車が選ばれるようになる可能性も大いにあるだろう。(2024/4/11)

現場改善を定量化する分析手法とは(7):
外注先の診断と評価を通して「真のアライアンスパートナー」を発掘する
工場の現場改善を定量化する科学的アプローチを可能にする手法を学習する本連載。第7回は、外注先に焦点を当てます。「外注先の診断と評価」によって良好な関係を維持するだけでなく、互いに発展していける「真のアライアンスパートナー」を発掘できます。(2024/4/11)

PLMシステム:
PR:医療機器開発を取り巻く課題は山積 複雑化する規制に対する最適な環境とは
医療機器開発には、IoTやAIなどのデジタル技術を取り入れるだけでなく多様化/複雑化する規制に対応するために解決すべき課題が山積している。この解決に有効なのが、PLM、ALM、SLMなどを組み合わせて製品の設計や生産、運用、メンテナンスといった各プロセスをデジタルデータでつなぐ「クローズドループ」だ。(2024/4/12)

スマートコンストラクション:
シールドトンネル工事にデータプラットフォーム導入、全現場に展開へ 前田建設工業
前田建設工業は、シールドトンネル工事の施工データを収集するプラットフォーム「MAIOSS-II」を開発した。社内の統一規格として導入を開始し、今後は全現場のデータをAIに活用することで、より精緻な分析や熟練技術の自動化を図る。(2024/4/5)

建設ICTで切り拓く、現場の安全衛生と生産性の向上(6):
ICT活用で施工管理に変革の兆し 重責ある“5大管理”を効率化!【連載第6回】
連載第6回は、4大または5大管理と呼ばれる建設業の施工管理にフォーカス。施工管理を効率化する建設ICTツールとして、施工管理アプリや特殊カメラ、レベル4解禁後でも普及が進まないドローンなど、それぞれのメリットと現状の課題などを踏まえながら解説します。(2024/4/5)

1歳男の子、初めて“本物の猫”と出会って…… 言葉がいらない小さなふたりに「会話成立してる!?」「かわいすぎて、癒やされまくる」
はじめまして、よろしくね。(2024/4/4)

製造業DXプロセス別解説(9):
国内製造業が苦手なコネクテッド製品開発の道筋はリーンスタートアップの先にあり
製造業のバリューチェーンを10のプロセスに分け、DXを進める上で起こりがちな課題と解決へのアプローチを紹介する本連載。第9回は、IoT(モノのインターネット)の普及により市場が拡大している「コネクテッド製品」の「購入/使用」における課題とその解決策について解説する。(2024/4/4)

スピン経済の歩き方:
物流2024年問題で叫ばれる「多重下請撤廃」 それでも“水屋”がなくならないワケ
物流の「2024年問題」がいよいよ本格化していく。全日本トラック協会が「多重下請構造」について「2次下請までと制限すべき」と提言しているが、筆者はそう簡単になくならないと考えている。なぜかというと……。(2024/4/3)

マクドナルド、ハッピーセットのおもちゃを自主回収 パーツの一部が外れ口に入る可能性
「ドラえもんとチューバのふえ」が対象のおもちゃ。(2024/3/29)

Q&A:
コンサル企業が今、「ITエンジニア」の採用を重視するワケ
ITエンジニアが持つスキルについて、市場価値が高まっているといえます。(2024/3/28)

階段を上るロボット掃除機、米国のスタートアップが開発
階段の上り/下りしながらフロアを跨いで掃除するロボット掃除機「MIGO Ascender」が、米国のクラウドファインディングサイト「Kickstarter」に登場した。(2024/3/26)

PR:「ZOZOTOWNは未完成」 橋本ZOZOTOWN CPOが語る“価値爆増”への取り組み
(2024/3/29)

3月20日は「電卓の日」だった! 60周年を迎えるキヤノン電卓の歴史と電卓のこれからを考える
3月20日は50年前に現JBMIAが制定した「電卓の日」だ。そしてキヤノンの電卓事業は、2024年10月に60周年を迎える。節目となるこの年に、これまでの歴史と今後の展望を紹介する説明会をキヤノンマーケティングジャパンが開催した。展示されていた歴史的なモデルにも触れてきた。(2024/3/22)

「顧客の声」から何を学べるか 企業活動を変えるVOC活用の全て
コンタクトセンターに寄せられた「顧客の声」(VOC:Voice of Customer)をデータ化、分析し、マーティング活動に利用しようとする企業が増えている。今回は、非対面での顧客接点の中心となるコンタクトセンターでどのようにVOCを収集・分析し、活用すべきかを、事例を交えて解説する。(2024/3/22)

メーカー訪問:
マウスコンピューターの新拠点がオシャレ 広島にサービスセンターを設置した理由
マウスコンピューターの「広島サービスセンター」は、同社製PCのサポートセンターであり、コールセンター機能も内包している。その実際はどうだったのか。プレスに初公開された同センターを見ていこう。(2024/3/21)

PR:AIで「業務のムダ削減」のリアル――Copilotは役に立つ? DX基盤って必要? 気になる「疑問」を解消してきた
(2024/3/18)

遠隔監視:
遠隔地からCFT柱のコンクリート充填作業を管理、鹿島が工事映像配信システム開発
鹿島建設はCFT柱の施工作業を遠隔管理する工事映像配信システム「moni-as」を開発し、複数の現場に導入した。技術者や施工担当者の業務負担を軽減できることを確認した。(2024/3/18)

在庫管理ソフトは何がどういい? 導入で実現できる5つのメリット
在庫管理ソフトはその名の通り「在庫を管理できるツール」だが、これができると何が良いのか。業務や収益、顧客サービスに与える5つの導入メリットを紹介する(2024/3/18)

ZTEが「nubia」ブランドのスマホで事実上の日本再参入 “売れ筋の価格帯”で勝負
ZTEジャパンは2024年3月14日、「nubia(ヌビア)」ブランドのスマートフォンを日本で展開すると発表した。日本市場に投入されたのは「nubia Flip 5G」と「nubia Ivy(アイヴィー)」。同日の会見には端末事業を率いるメンバーがZTEの事業戦略を語った。(2024/3/14)

PR:“省スペース×外部GPUパワー”の新世代スタンダード、エプソンダイレクトの「Endeavor SG150」を徹底検証する
ビジネス用途のデスクトップPCでニーズが高まる省スペース、省エネと高性能の両軸を追求した最新モデル「Endeavor SG150」を徹底検証する。過去モデルから何が進化した?(2024/3/12)

魔裟斗、新型ハーレーに大注目「これだったらタンデムできるじゃない」 600万超え愛車に続く“ハーレー2台持ち”を検討
妻の矢沢心さんも好意的。(2024/3/9)

タンスに眠る着物を思い切って裁断→完成したのは…… リメークで大人かわいいアイテムに変身「こんなにも雰囲気変わるんですね」
こんなにかわいく生まれ変わるとは!(2024/3/9)

クイズで学ぶ! モノづくりトレンド:
【クイズ】中国での不良品発生を「ほぼ解決」できるアイテムとは?
MONOistの記事からクイズを出題! モノづくり業界の知識を楽しく増やしていきましょう。(2024/3/8)

電動化:
シェフラーが米国に新工場、2.3億ドル投資して電動アクスルなど生産
シェフラーは電動アクスルなど自動車の電動化部品を生産する新工場を米国オハイオ州に建設する。(2024/3/7)

注目を集める「データ仮想化」、実践のポイントとは:
PR:DXのためのデータ整備にはこう取り組むべき、セミナーで議論
DXではデータの活用がカギとなる。そして、データ活用の成否を左右するのがデータの整備、つまりデータマネジメントだ。本稿では、企業がデータマネジメントにどう取り組むべきかをテーマに開催されたオンラインセミナーの内容をレポートする。(2024/3/6)

エンジニアの笑顔があふれる理由:
PR:学びと挑戦の日々で磨かれる職場とは
裁量権のある仕事をしたい。そのために必要なのは、本当の「責任感」だと彼女は実感した――。(2024/3/6)

「有料級の情報」「反省しました」 コンテスト大賞ガーデナーが教える“庭をオシャレに見せる5つの簡単テク”に反響続々
「お洒落って組み合わせに使う言葉」って名言だと思います。(2024/3/4)

Best Japan Brands2024:
価値の高い日本のブランド、1位は「トヨタ」 成長率1位は?
インターブランドジャパンは日本発のブランドを対象としたブランド価値ランキング「Best Japan Brands 2024」を発表した。1位は16年連続で「トヨタ」が獲得した。前年から大きく成長したブランドはどこだったのか?(2024/3/4)

MONOist主催セミナーレポート:
中国モノづくりで発生する品質不良の13の原因とカメラによる攻めの解決策
MONOist主催セミナー「持続可能な『攻めの品質管理』〜これからの品質管理の在り方とは?〜」に登壇したロジカル・エンジニアリング 代表の小田淳氏による講演「インライン検査による品質改善とカメラによる常時監視がもたらす可能性」の内容をお届けする。(2024/3/4)

3D設計の未来(7):
「3DEXPERIENCE World 2024」を通じて考える3D設計の未来と設計開発環境の在り方
機械設計に携わるようになってから30年超、3D CADとの付き合いも20年以上になる筆者が、毎回さまざまな切り口で「3D設計の未来」に関する話題をコラム形式で発信する。第7回は、米国で開催された「3DEXPERIENCE World 2024」で発信されたメッセージを踏まえ、設計開発環境の在り方、3D設計の未来について考える。(2024/3/4)

専門家が予言するERPのトレンド、2024年の3本柱とは
2024年はERP業界にとって重要な1年になる。アナリストはクラウドへの移行や生成AI機能の追加などで戦略的投資先になっていくとみているが、具体的にはどのように進化するのか。(2024/2/28)

第8回 JAPAN BUILD TOKYO:
建設業界の2024年問題に効く、YSLソリューションが提案する「3種の建設DXアプリ」
建設業界では、2024年問題への対処が避けては通れない問題となっている。期限が迫ることで対応に苦慮する社もあるようだが、YSLソリューションは、「第8回 ジャパンビルド」で、まだ間に合うというメッセージで業界のフォローを行う姿勢をアピールした。(2024/2/28)

武勇伝を聞かせてもらおうじゃないか:
お悩みその25 働かない50代同僚に腹が立つ(31歳 男性 組み込みエンジニア)
なあ、何で世間はお年寄りを大切にするか知ってるか? それはな、歴史ある生き物には利用価値があるからなんだよ!(2024/2/26)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
生成AI「Gemini」が「Google Workspace」で利用可能に/「Windows 11 2023 Update」への自動アップデート開始
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”!(2024/2/25)

プレゼン中に彼女から電話がきたら…… 日本に染まっていく外国人の変化に「染まりすぎだろw」の声
日本に染まっていない頃も良い……。(2024/2/23)

ベンチャーが越えられない製品化の5つのハードル(7):
設計品質と量産品質の違いとは?
連載「ベンチャーが越えられない製品化の5つのハードル」では、「オリジナルの製品を作りたい」「斬新なアイデアを形にしたい」と考え、製品化を目指す際に、絶対に押さえておかなければならないポイントを解説する。連載第7回は「設計品質」と「量産品質」の違いについて取り上げる。(2024/2/21)

AIがITコンサルの仕事を「3割」奪う? ガートナーが予測
AIによって人の仕事が奪われるという議論が続いているが、ITを専門領域とするコンサル業も例外ではないようだ。(2024/2/21)

セブンプレミアム「いかくんせい」にカビ発生 イトーヨーカドーなどで販売も自主回収…… 「多大なご迷惑」
製造元企業が発表しました。(2024/2/16)

必要なのは「戦略」:
単体テストで終わってない? 重要度が高まるAPIテスト、その始め方について解説
TechTargetは、「APIの機能テスト」に関する記事を公開した。APIの信頼性をテストすることは、全てのチームにとって重要なタスクだ。(2024/2/15)

強い衝撃でヒビや割れ→転倒事故の可能性 大手メーカーが「風呂用イス」約12万台回収……「心よりお詫び」
2017年から販売されていた商品が対象です。(2024/2/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。