ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「品質管理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「品質管理」に関する情報が集まったページです。

施工:
生コンクリートの材料分離抵抗性を簡便に定量評価する手法を考案、西松建設
西松建設は、岐阜大学 工学部 小林孝一教授との共同研究で、施工前に生コンクリートの材料分離抵抗性を簡便な方法で定量的に評価する手法を考案した。今回の手法は、現場に持ち込んで扱える小型の評価試験器を製作し、容器内に詰めたコンクリートに振動エネルギーを加えた時に生じる電気伝導率の経時変化で材料分離抵抗性を評価する。現在、同社では、現場での実装に向けて、データの採取、判定精度など、生コンクリート評価の妥当性に関する検証を続けている。(2022/5/19)

「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
行ってみたくなる。(2022/5/17)

データ駆動型企業への道【第3回】
「60%の経営幹部が信頼していない」データを改善する2つの要素
データ駆動、データ主導が叫ばれて久しいが、60%の経営幹部はデータを信頼していない。経営にデータを生かすには、データ品質の向上が不可欠だ。その答えは2つある。(2022/5/16)

スニッカーズにガラス片混入 販売会社が自主回収を発表
「スニッカーズ(R) ピーナッツ シングル」の一部ロット製品に、ガラス片が混入していたことが判明した。同商品と同じラインで製造している製品を全て自主回収する。(2022/5/13)

“実践的AI教材”経産省が提供 「AIコンサル真鍋、斜陽の基板メーカーを立て直す」ストーリーも
実際の企業のAI実装を疑似経験学習できるAI教材を経産省が提供。「AIコンサルタントの真鍋」が、「ABC基板」の不良カ所検出をAI化するストーリーの教材も。(2022/5/10)

超ハイスペック基地局負荷試験機で躍進中!:
PR:世界トップシェア獲得へ、5G普及を支える日本のニッチ企業「アルチザネットワークス」の挑戦
3Gから4G/LTE、そして5Gと技術革新を繰り返し、いまや社会インフラとして欠かせない携帯電話無線通信網。この社会インフラの技術進化、普及を支えてきた1社の日本企業がある。アルチザネットワークスだ。世界で数社しか手掛けていない基地局負荷試験機を主力にするニッチ企業で、「早期の世界トップシェア獲得」を掲げ、圧倒的なスペックを誇る5G対応基地局負荷試験機、そして新たなビジネスモデルの事業を立ち上げ、世界に攻勢を掛けている。アルチザネットワークスとはどのような企業なのか、同社のこれまでに触れながら、未来像を探っていく。(2022/5/10)

半導体需要の急増に対応:
独化学大手Merck、半導体材料の日本拠点に135億円超投資
ドイツの医薬/化学品大手Merckは2022年4月26日、日本のエレクトロニクス事業部門に対して、2025年までに1億ユーロ(約135億円)以上の投資を行うと発表した。半導体材料の研究開発(R&D)、製造における主要拠点である静岡事業所の強化が中心だ。(2022/4/27)

「Cloudflare Server」「LiteSpeed」が躍進:
2010〜2022年のWebサーバシェアランキング上位7製品、Q-Successが調査
Q-Successは、2010年から2022年3月までの間に、使用サイト数に基づくWebサーバの上位7製品がどのように入れ替わり、それぞれの市場シェアがどのように推移したかを示すアニメーション動画を公開した。(2022/4/26)

野良アプリの乱立や情報漏えいなどの対策が必要:
「2023年には新規開発の60%がローコード/ノーコードになる」 IDCがローコード/ノーコード開発に関する調査結果を発表
IDC Japanは、国内のローコード/ノーコードプラットフォームの動向に関する調査結果を発表した。2021年9月の調査では、導入率は37.7%。ユーザーが戦略や目的に応じて柔軟に選択できるようになったことが、導入を後押ししている。(2022/4/25)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(51):
企業の5G活用に立ちはだかる「2つの壁」とは?
安定性、低遅延性、高速性に優れる5Gのミッションは、今後訪れる労働人口の低下に対抗する「省人化」や人とロボットとの高度な協調による「人の可能性の最大化」などだ。だが、本格活用に至るまでには幾つかの課題がある。(2022/4/25)

CIO、Amazon「タイムセール祭り」で充電器などを最大39%オフ
CIOが、4月24日9時〜4月26日23時59分に開催されるAmazonの「タイムセール祭り」に参加。GaN対応急速充電器やモバイルバッテリー、絡みにくいシリコン充電ケーブルなどを最大39%オフで販売する。(2022/4/22)

2023年には企業アプリの60%がローコード/ノーコード開発に 一方でCoE設置の課題も――IDC予測
IDCの調査によると、ローコード/ノーコードプラットフォームを活用している企業は、2021年9月時点で4割弱に上った。ベンダーの支援策なども功を奏し、ローコード/ノーコード開発は急速に標準化していく見通しだ。(2022/4/22)

浜崎あゆみ、セーラー服&サングラスの“スケバン”コスで氣志團とオンステージ! 綾小路翔「ハートも一瞬で奪われたよね」
43歳になってもセーラー服が似合う浜崎さん。(2022/4/21)

製品動向:
フジタが坑内でドローンの自律飛行を実現するシステムを開発、BIM/CIMとも連携可能
フジタは、センシンロボティクスと共同で、屋内などの環境でも安定したドローンの自律飛行を実現する「トンネル坑内自動巡視ドローンシステム」を開発した。トンネル坑内自動巡視ドローンシステムは、センシンロボティクスが開発した飛行制御技術とLiDARを使用したドローンを使用しており、非GNSS環境かつ暗所のトンネル坑内にでも安全で安定した自律飛行が行える。(2022/4/21)

AIの利用割合が17.5ポイント増加 その利用目的は?
IDCは、国内の企業ユーザーを対象としたAIシステムに関する調査結果を発表した。AIシステムを利用する日本企業の割合が前年比で17.5ポイント増加したことが判明した。(2022/4/20)

海外医療技術トレンド(82):
ソフトウェア部品表「SBOM」に着目、米国FDAの医療機器市販前セキュリティ対策
本連載第80回で、米国食品医薬品局(FDA)の2022会計年度医療機器ガイドライン策定計画を取り上げたが、早速、市販前サイバーセキュリティ要求事項に関する草案が公開された。(2022/4/15)

導入事例:
大成建設が新型の放射式植物栽培ユニットを開発、栽培空間温度の均一化を実現
大成建設は、閉鎖型植物工場関連の栽培システムとして、放射式植物栽培ユニット「T-GreenVegeunit」を開発した。T-GreenVegeunitは、場所を選ばず取り付けられ、栽培設備の省エネルギー化と栽培空間温度の均一化により、植物の品質向上と高い生産効率を実現する。今後は、新設の植物工場だけでなく、空間の有効活用として既存倉庫や営業中のレストラン、ホテルロビー、廃校の再利用などに対して、T-GreenVegeunitの導入を提案していく。(2022/4/15)

家電メーカー進化論:
倒産危機の新興家電シロカ、買い取りから2年で売上高71億円の新社長の手腕
製品のリコール費用などで19年に債務超過に陥ったシロカは、2000年に誕生した調理家電を中心に取り扱う白物家電メーカー。現在は新しい経営体制とファンドによる支援により、新生シロカとして再生。旧体制からわずか2年で、売上高を71億にまでアップさせた背景を、金井まり新社長と開発陣に聞いた。(2022/4/15)

ウェアラブルニュース:
レノボ、6DoF対応で軽量な産業用スマートグラス「ThinkReality A3」発売
レノボ・ジャパンは2022年4月13日、ARスマートグラス「ThinkReality A3」に、製造業などの現場業務に対応するハードウェアやソフトウェアを加えてパッケージ化した「ThinkReality A3 Industorial Edition」を発売する。(2022/4/15)

海外企業に学ぶテスト自動化(1):
「GAFAM」から学ぶ、自動テスト手法――アジャイル開発で単体テストの“確からしさ”を検証する、ミューテーションテストとは
海外の先進的企業の事例を基にテスト自動化に使われる手法を解説する本連載。第1回は、アジャイル開発において単体テストを検証する「ミューテーションテスト」について。(2022/4/12)

FAニュース:
半導体製造用精密加工ツールが品質管理規格「IATF16949」の適合証明を取得
ディスコは、車載半導体の製造工程で用いる精密加工ツールにおいて、品質マネジメントシステム規格「IATF16949」の適合証明を取得した。厳格な品質管理の要求に応えることで、高品質かつ高付加価値な製品の安定供給につなげる。(2022/4/11)

子猫「おかえり!」 大好きなパパ帰宅、“ゴロゴロ”エンジン全開で甘える子猫とパパの両思いな日常がほほえましい
パパラブな猫ちゃんと猫ラブなパパさんの両思いな日常です。(2022/4/10)

CIOがモバイルバッテリーやワイヤレス充電器のセール 楽天市場の「お買い物マラソン」にて
CIOが、4月9日20時〜4月16日1時59分に開催される楽天市場「お買い物マラソン」へ参加。モバイルバッテリーやGaN対応急速充電器などを割引価格で販売する。(2022/4/8)

テキサス大ダラス校などが開発:
パッケージや霧など“透視”するテラヘルツ撮像チップ
米テキサス大学ダラス校(UT Dallas)と米オクラホマ州立大学の研究チームは、パッケージやその他の障害物(霧や雪、ちり、煙、火など)を“透視”できる、テラヘルツ(THz)イメージャーマイクロチップを開発した。産業用途などに向ける。(2022/4/5)

横浜DeNA、ファンクラブ特典のスマートウォッチを回収 “技適”未取得のため
横浜DeNAベイスターズが、ファンクラブの会員特典グッズであるスマートウォッチを自主回収する。スマートウォッチの技術基準適合証明の認証(いわゆる技適マーク)が得られていなかった。(2022/4/4)

情シス責任者やデータ基盤責任者の方必見:
PR:データウェアハウスの処理性能向上と大幅なコスト削減、そしてBI+AIのポテンシャルを最大化する次世代データ基盤アーキテクチャ「レイクハウス」の実力
データ経営の重要性の高まりを受け、AI活用を含めてデータの潜在能力を最大限に引き出す必要性が生まれている。だが従来のデータウェアハウスではパフォーマンスが足りないだけでなく、複雑かつ非常に高価で投資に見合った価値を発揮し切れていない。(2022/4/5)

非純正バッテリーの事故が多発、NITEが注意喚起 安さの裏に潜む危険
発火する事故が多く報告されている。(2022/4/3)

売場から撤去:
セブン「豆大福」を回収、金属片が混入した可能性
セブン-イレブン・ジャパンは4月1日、首都圏などのセブン-イレブン店舗で販売していた「北海道十勝産小豆使用 豆大福」を回収。製造機器の一部である金属片が混入した疑い。(2022/4/1)

「『予測できないものは受け入れられない』という企業文化はもったいない」:
「失敗を経験して改善することが大切」――3つのハードルを乗り越えたデンソーがクラウドネイティブに感じた「価値」
クラウドを活用した新しいサービスを外注ではなく内製で開発する――容易ではない組織風土の変革を実現してきたのがデンソーだ。アジャイルやクラウドネイティブ技術を活用するに当たって超えてきた失敗や、クラウドネイティブに感じる「価値」を同社クラウドサービス開発部SREチームの佐藤義永氏が語った。(2022/3/31)

日立とServiceNowが製品セキュリティでタッグ 脆弱性を一元把握できる「PSIRT運用プラットフォーム」を提供開始
日立とServiceNowは、製造業向けに、製品セキュリティの向上を効率化する「PSIRT運用プラットフォーム」の提供を開始した。脆弱性情報と製品構成情報を一元管理し、PSIRTの業務を省力化しながら、セキュリティリスクの早期発見や対策を強化できる。(2022/3/25)

PR:業務効率化で経費削減! エプソンダイレクトのWindows 10 IoT Enterprise LTSC搭載タブレットがお勧めな理由
エプソンダイレクトから、Windows 10 IoT Enterprise LTSCを搭載する新型タブレットPC「Endeavor JT50」が登場した。ビジネスにおけるさまざまなニーズに応えられる同製品の特徴をじっくりとチェックしていこう。(2022/4/5)

セブンの商品を自主回収 側面は「参鶏湯」で中身・蓋は「ミネストローネ」表記
セブンが「ミネストローネ」「参鶏湯」を自主回収する。一部商品のパッケージに誤表記があったという。乳製品・豚肉アレルギーのある人は該当商品を食べないよう呼び掛けている。(2022/3/23)

製造ITニュース:
日立とサービスナウがPSIRT運用基盤を提供、製造業向けに協業を深化
日立製作所とServiceNow Japan(サービスナウ)は、製造業が開発、生産しユーザーに提供する製品やサービスについてのサイバー攻撃対策やセキュリティの向上を担うPSIRT分野で協業する。協業成果の第1弾としてPSIRT運用プラットフォームの提供を開始する。(2022/3/22)

中国のAI/GPU競合の利益となる可能性:
NVIDIAのハッキング被害は、「国家規模の災害」
NVIDIAは、ハッカー集団にデータを盗まれ、データ身代金を要求される被害にあったことを明らかにした。米国ワシントンD.C.の研究グループによると、その脅威アクターはまだ特定されていないが、中国国内のNVIDIAの競合メーカーを支援している可能性があるという。(2022/3/15)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
継続的な情報収集により脆弱性を正しく理解し、適時判断するのが危機対応のポイント――Armoris 取締役専務 CTO 鎌田敬介氏
危機対応にはベストプラクティスは存在しない。国内外の企業で実際に起きたサイバー危機対応事例をベースに、組織的な対応としてどのようなポイントが課題となりやすいのか、平常時にはどのような備えが必要なのだろうか。(2022/3/14)

製造マネジメントニュース:
DXニーズ旺盛でPDM/PLM市場は前年比2桁成長、製造業の市場調査レポート
富士経済は2022年2月18日、製造業のDXに関する調査結果をまとめた「2021年版 DIGITAL FACTORY 関連市場の実態と将来展望」を公開した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を背景とするDX推進ニーズの高まりとともに、設備投資需要の落ち込みからも回復傾向にある様子などが伺えた。(2022/3/9)

チップ入手できず開発が滞る:
半導体不足の影響、新興企業にも波及
半導体不足はいまだに続き、解消のメドは立っていない。それどころか、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の収束も見えず、ロシアによるウクライナ侵攻が発生するなど、半導体関連のサプライチェーンが不安定になる要素は増えている。それに伴って、半導体製造の“自国回帰”の動きが進み、半導体への投資は加速している。こうした状況は、ハイテク関連のベンチャー企業にどのような影響を与えているのだろうか。(2022/3/8)

デコボコ人生インタビュー(後編):
「1100万円の損失」「誰も使わなかったシステム」――失敗続きだった社長を支えた“根拠のないポジティブさ”
飲食業や製造業など、世の中には無数の「現場」が存在する。現場の生産性向上を手助けするサービス「カミナシ」を立ち上げた男がいる。事業を軌道に乗せるまでの紆余曲折に迫る。今回は後編。(2022/3/8)

排ガス・燃費データ不正:
日野”緊急会見”から見えた、不正を認識できたはずの「3つのタイミング」
日野自動車は「不正を認定したのは直近の2022年2月末」と答えたが、多くの疑問が残る。より早く不正を把握し、公表できるタイミングはなかったのか。日野自動車が説明する不正の把握に至るまでの経緯をまとめた。(2022/3/4)

工場ニュース:
インドに建設した産業用小型エンジンの新工場で量産開始、年産8万台可能
ヤンマーホールディングスは、インドに建設した産業用小型エンジンの新工場の量産稼働を開始した。15〜37kWクラスを年間8万台生産できる能力を有し、将来的には16万台への生産能力増強も視野に入れている。(2022/3/1)

リテール&ロジスティクス:
茨城県つくば市で延べ4.6万m2の医薬品用物流施設が着工、アルフレッサ
アルフレッサグループは、2019年に発表した「19-21 中期経営計画 さらなる成長への挑戦 〜健康とともに、地域とともに〜」で、医療用医薬品などの卸売事業に関する重点施策として物流の「高度化」「効率化」「標準化」を掲げた。その一環として、子会社のアルフレッサは茨城県つくば市で物流施設「つくば物流センター」の開発に着手した。(2022/3/1)

知財ニュース:
革新的企業トップ100初受賞のキオクシア、「単なる特許の大量取得ではない」
クラリベイト・アナリティクス・ジャパンは2022年2月24日、同社が保有する企業の特許データを基に、革新的な企業/機関を表彰する「Clarivate Top 100 グローバル・イノベーター 2022」の結果を発表した。選定の評価指標の変更などにより、日本企業の受賞社数が増加した。(2022/2/28)

CIO、Amazon「タイムセール祭り」でモバイルバッテリーや充電器を最大39%オフ
CIOが、2月26日9時〜2月28日23時59分に開催されるAmazon「タイムセール祭り」へ参加。モバイルバッテリーやGaN対応急速充電器などを最大39%オフで販売する。(2022/2/25)

「お腹バキバキ」「スタイル良すぎ」 長谷川理恵、アラフィフ迎えた“美腹筋ショット”に絶賛の声
マチルダ感あってかっこいい。(2022/2/24)

製造業メタバース:
メタバースをビジネス用途で、誰でも簡単にワールドを構築できるサービス
凸版印刷はビジネス用途向けメタバースサービス基盤「MiraVerse」を発表した。メタバース内に現実世界の色や質感を忠実に再現する“真正性”を追求するとともに、ビジネス利用に必要となる各種構成要素のデータ管理機能や改ざん対策に加え、アバターの本人認証と安全なコミュニケーションをワンストップで提供する。(2022/2/22)

今こそ知りたい電池のあれこれ(11):
車載用から他の用途へ、リチウムイオン電池のリユースの「論点」
今回は「持続可能な開発」のために今後同様に重要となるであろう、電池の「再利用」(リユース)について解説していきたいと思います。(2022/2/21)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(63):
半導体(4) ―― 実際に経験した不良と対策(III)
前回に引き続き、筆者が実際に半導体を使用する中で経験した思いがけない不良や原因が解明できていない不良について説明していく。(2022/2/28)

日本独自のハイパーオートメーション実現のカギは:
『ドラゴン桜』から学ぶ “日本型ハイパーオートメーション”構築のポイントとは?
業務の自動化を目指す企業に向けてiPaaSの可能性を探ってきた本連載。最終回では具体的なユースケースを交えて、米国と比較した“日本型ハイパーオートメーション”実現のポイントを解説する。(2022/3/2)

イリジウム酸化物が条件を満たす:
東京大学ら、反強磁性型の励起子絶縁体を発見
東京大学は、ブルックヘブン国立研究所などの研究グループと共同で、スピン三重項の励起子が生み出す反強磁性励起子絶縁体について、イリジウム酸化物を用いた実験により、その存在を明らかにした。(2022/2/21)

製造業DX:
PR:なぜあなたの会社はデータをビジネスに生かせないのか、製造業DXを進めるカギとは
デジタルデータの活用によってビジネスの在り方を変えるDXが製造業でも広がりを見せている。しかし、一方であまり成果が得られずに悩む企業が存在する。製造業DXをうまく進めるポイントには何があるのだろうか。これらの悩みの解消に向け、AIソリューションを展開するブレインズテクノロジーでは「なぜあなたの会社はデータをビジネスに生かせないのか」をテーマにセミナーを開催した。本稿ではその内容をお伝えする。(2022/2/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。