ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」」に関する情報が集まったページです。

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(12):
知っているようで知らなかった文章作成術のキホン(その2)
前回解説した「分かりやすい日本語」だけでは、分かりやすい文書は作れません。分かりやすい文書作成とは、「パラグラフで文書を構造化する」ことです。(2015/2/26)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(11):
知っているようで知らなかった文章作成術のキホン(その1)
「分かりやすい日本語を書けますか?」と質問されたら、読者の皆さんは何と答えますか?(2015/1/23)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(10):
口ベタでも大丈夫! プレゼンテーションのイロハ(その2)
「コンテンツ」と「デリバリー」で構成されているプレゼン。今回は、デリバリーの基本について解説する。(2014/12/25)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(9):
口ベタでも大丈夫! プレゼンテーションのイロハ(その1)
プレゼンが苦手な人は「しゃべるのが苦手だからプレゼンも苦手」と思っている人が多い。しかし「口ベタ=プレゼンがヘタ」というわけではない。(2014/11/19)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(8):
押さえておきたい交渉術の勘どころ(その2)
ちょっとメンドクサ〜イ人を相手に交渉しなければならないときは、どうしたらいいの? タイプ別にレイコ先生が丁寧に解説する!(2014/10/24)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(7):
押さえておきたい交渉術の勘どころ(その1)
できれば避けたいものというネガティブなイメージがある「交渉」。だがコミュニケーション技法「交渉術」を身に付けておくことが相手との対立を乗り越えるために重要なのだ。ビジネスにおける交渉術の基礎について解説する。(2014/9/24)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(6):
みんなで考えれば恐くない! アイデアを生み出すブレインストーミング(その2)
アイデアを生み出す手法の1つ「ブレインストーミング」。その際に役立つのが、アイデアを紙に書き出していく発想法「635法」と、タネとなるアイデアを参加メンバー全員で育てる635法の発展型「ブレインライティング」だ。(2014/8/20)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(5):
みんなで考えれば恐くない! アイデアを生み出すブレインストーミング(その1)
アイデアを生み出す手法の1つ「ブレインストーミング」。日本だけでなく全世界的に広く活用されており、アイデア創造の王道といえる。集団でアイデアを考えるこの方法では「4つのルール」と「6つのステップ」をしっかり理解することが重要になる。(2014/7/16)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(4):
目指せ仕切り上手!会議が変わるファシリテーション(その2)
「話が脱線しても、エライ人には指摘しづらい……」。そんなとき、スマートに会議を前に進める良い方法とは?(2014/6/18)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(3):
目指せ仕切り上手! 会議が変わるファシリテーション(その1)
今回は会議を上手に仕切るために必要なファシリテーションのスキルについて学ぶ。「そもそも、なんのために集まっているのかはっきりしない」「発言するのは同じ人ばかり」――そんな悩みに応える。(2014/5/14)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(2):
口ベタな人こそ身に付けたいコーチング【その2】
「部下のモチベーションが下がってきた」「部下から話しかけてくる回数がだんだん減ってきた」「褒めているのに、部下があまり喜んでいない」――思い当たる人はぜひご一読を。(2014/4/11)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(1):
口ベタな人こそ身に付けたいコーチング【その1】
「コミュニケーションスキル? フッ、僕には不必要かな」なんて言えば、「オダマリ!!」とレイコ先生にキツくしかられます。キビシイけど、ちょっとさびしがり屋なレイコ先生と、コミュニケーションについて学んでいきましょう。(2014/3/14)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。