ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ファシリテーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

働き方カードゲーム「ライフ・スイッチ」誕生 別の人生を歩むことで価値観の多様性理解へ
現実世界とは違う人生を歩むことで価値観の多様性を理解します。(2019/10/27)

「課題解決型AI人材」の育成を目指す:
“育成ラッシュなのにAI人材不足”の矛盾を解消へ――経産省、産官学連携の育成プログラムを発表
現場の課題に即したAI人材育成へ、経産省が産官学連携で練り上げた「PBLプログラム」が発足した。多様な分野の学生や社会人を集めて本格的なトレーニングを実施する。そのきっかけになった国外の動向と、国内の専門家が議論した「日本のAIの希望と課題」とは。(2019/10/16)

DMM.make AKIBAを支えるプロフェッショナルたち(2):
「残ったのは集合写真だけ」ではもったいない! 失敗ハッカソンを防ぐDMM.make AKIBA流イベント企画術
さまざまなモノづくりを支援するDMM.make AKIBAの運営に携わる人たちにスポットを当て、世の中にないものを生み出そうとする現場の最前線を追う。第2回は、年間100件以上のイベントに対応する企画チームの取り組みを紹介し、「企業イベントを成功させるための条件」に迫る。(2019/10/7)

PR:AI活用の「あるある」を楽しく議論 FUJITSU AI Communityでモヤモヤを解消
AI(人工知能)黎明期から研究を重ね、人を中心に考えたICTとしてHuman Centric AI 「Zinrai(ジンライ)」を展開する富士通がこの夏、「FUJITSU AI Community」を立ち上げた。コンセプトは、「コミュニティーを通じたノウハウの習得と情報の共有」だ。今回は、その第1クールのレポートをお届けする。(2019/9/2)

LOVOTを生んだGROOVE Xの“中の人”に聞く――イノベーションを起こす組織の法則とは
人の“愛する力”を引き出すために生まれたロボットが88億円を調達、初回予約は即完売――。ロボットの世界にイノベーションを巻き起こしたGROOVE Xは、どんな風土のどんな組織で、どんな働き方をしているのか――。“中の人”に聞いてみた。(2019/9/4)

人材流出の元凶、「働きがいのない」会社を変えるには
「働きがいのある会社」をつくるポイントとは?(2019/8/13)

大前研一大いに吠える!【前編】:
大前研一が尊敬した「ウォルト・ディズニーの構想力」――ワニしかいない湿地帯に「ディズニーワールド」を作った
大前研一が勉強しない日本人について大いに吠える!(2019/8/8)

どうする? 社内の“脱・タコツボ化” 働きがいがある会社の取り組みは
働きがいがある会社は、どのようにして社員の人となりを知る仕掛けをつくっているのか?(2019/8/8)

勉強しない日本人に喝!:
大前研一が「年金2000万円問題」を斬る! 終身雇用「崩壊」時代はこう乗り切れ
大前研一氏は、金融庁が出した「年金だけでは老後資金が2000万円不足する」という報告書を巡る議論について「ウソと誤解ばかりだ」と、喝破する。(2019/7/31)

働きがいがある会社が「企業カルチャーの共有」に熱心な理由
働きがいがある会社がミッション、ビジョンの共有に熱心なのには理由があった。(2019/8/2)

人手不足と工期の遅れを解決!:
両面テープだけで内装パネルの施工が実現、3Mが建築内装分野に本格参入
スリーエム ジャパンは、建築内装仕上げに特化した両面テープ「3M VHB テープ Y-4800-12建築パネル仕上げ用」を発売する。日本で初めて壁ボード用の接着剤と同等のJIS規格をクリアした両面テープで、施工時間の短縮や作業者の負担を軽減し、内装仕上げ市場が抱える人手不足や工期遅延といった課題解決を目指す。(2019/7/24)

「伝わり度」が分かるチェックシート付き:
社長がスナックのマスターに!? 働きがいがある会社の「ミッション」「ビジョン」の伝え方
変化の時代に社員がブレずに同じ方向を目指すのは重要なこと。働きがいがある会社は、その指針となるミッションやビジョンをどうやって社員に伝えているのか。(2019/7/26)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
会議に反省なくして改善なし! 生産性を高める「唯一の方法」
“ダメ会議”を解決する8つの動作を紹介する連載。最終回はその8となる「振り返り」のコツについて解説する。(2019/7/18)

「レジェンド編集者」揃い踏み:
「おとなのジャンプ酒場」開店! 集英社が仕掛ける「居酒屋ビジネス」の勝算
大手出版社の集英社が、「居酒屋」ビジネスを展開している――。7月に新宿・歌舞伎町で「おとなのジャンプ酒場」が開店した。ビジネスとしての勝算はあるのか? 取材で探った。(2019/7/17)

良いトラブル対応と悪いトラブル対応の違いとは:
トラブル対応が“下手”な人がやっていること
トラブルの報告を受けたら、まずどう返すべきか?(2019/7/18)

他社の“猿まね”では、働きがいは向上しない:
働きがいのある会社に共通する、4つの要素
働きがいのある会社に選ばれた企業が行っている取り組みとは?(2019/7/16)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
会議はファシリテーターだけで作るな! 「参加者を巻き込む」対話の極意
“ダメ会議”を解決する8つの動作を紹介する連載。今回はその7となる、参加者から「対話を促し、合意形成する」コツについて解説する。(2019/7/11)

これからのAIの話をしよう(ブレスト編):
“アイデア出しまくるAI”を開発、博報堂が考える「創造力の限界突破」
AIは「創造力」を持っているのか。人間のクリエイティブな領域を支援する“ブレストAI”の開発担当者に聞いた。(2019/7/5)

怒濤の5並列プロジェクトを振り返る:
Workdayのファイナンスにクラウド版Informatica、壮絶な“初物導入の舞台裏”全部見せます
あの、話題のプロジェクトの現場で、実際にどんなことが起こっていたのか――。初物ソリューション導入の「いいことも悪いことも全て」公開するというイベントが開催された。(2019/7/4)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
無言が続く“お通夜会議”を脱却せよ! 主張を引き出す「3つの質問」の使い方
“ダメ会議”を解決する8つの動作を紹介する連載。今回はその6となる、参加者から「主張を引き出す」コツについて解説する。(2019/7/4)

歴史ある企業はなぜ変わったのか:
ANAを変えた、見えない課題を発掘する「魔法のワークショップ」とは
歴史ある大企業にイノベーションを起こす――。この難題をやってのけたのが、ANAでイノベーション推進部の部長を務める野村泰一氏だ。インタビューの後編では、ANAの役員たちも驚いたという課題発掘ワークショップについて聞いた。(2019/6/28)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
会議に「いないと困る」人以外は呼ぶな 生産的な議論をつくる事前準備
“ダメ会議”を解決する8つの動作を紹介する連載。今回はその5「『4つのP』を押さえて会議を準備する」について解説する。(2019/6/27)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
ダメ会議は可視化せよ! 書くことで議論が急速に噛み合う、これだけの理由
“ダメ会議”を解決する8つの動作を紹介する連載。今回はその4「議論を可視化する」について解説する。(2019/6/20)

機能訴求で動かないミレニアル世代は「CSV」で動かす:
みずほ銀行が「不正送金防止」メルマガ施策で申し込み数13倍に 社会課題解決型コンテンツの底力
社会課題解決を訴求するメルマガで、通常の13倍ものコンバージョンを獲得したみずほ銀行。「CSV」施策が成功した要因を探る。(2019/6/24)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
その話題、いつまで話すつもり? 会議をダメにする「時間」の落とし穴
議論に集中できない、参加者が内職や居眠りをしている――。そんな“ダメ会議”を解決 する8つの動作を紹介する連載。今回はその3「会議の開始時に『時間配分』を確認する」について解説する。(2019/6/13)

「終身雇用」「年功序列」終焉の理由に迫る:
なぜ、「日本的人事戦略」は機能しなくなったのか?
年功序列、終身雇用といった“日本的人事”戦略が崩壊し始めている。なぜ今、これまでのやり方が否定されているのか――。その理由を探った。(2019/6/11)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
「まず、お手元の資料を御覧ください」で始まる会議が致命的にダメな理由
議論に集中できない、参加者が内職や居眠りをしている――。そんな“ダメ会議”を解決する8つの動作を紹介する連載。今回はその2「会議の開始時に『会議の終了条件』を確認する」。(2019/6/6)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
「あの会議、何決めたんだっけ?」をなくせ 終了前の30秒でできること
議論に集中できない、参加者が内職や居眠りをしている――。そんな“ダメ会議”からどうすれば脱却できるのか。8つの基本動作のうち、まずは「決まったこと、やるべきことを確認する」を解説する。(2019/5/30)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
なぜこれほど日本の会議はクソなのか? 「脱・ダメ会議」を実現する8つの基本動作
会議に集まったはいいが、“棒読み”な議案に集中できなかったり、参加者が内職や居眠りをしていたりしないだろうか。そんなダメ会議から脱却するために押さえるべき「4つのフェーズ」と「8つの基本動作」を紹介する。(2019/5/23)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
事前の一策は事後の百策に勝る 常に心掛けていれば何か起きても慌てることはない
「よろこびがつなぐ世界へ」という合言葉で、未来に向かうキリングループ。「食と健康の新たなよろこび」を広げ、たくさんのよろこびがつながる世界を実現するための挑戦を続けている。(2019/5/15)

強力なマネジャーの下で働く経験は“逆効果”?:
リーダーが育つプロジェクトに欠かせない10の原則
変化の時代に機能するリーダーは、昭和や平成初期に評価されていたリーダーとは、求められる資質も振る舞いも大きく異なる。常に常識を疑い、走りながら考え、中長期的な視点でものごとを捉える――。そんな変化に柔軟に対応できるリーダーは、どんなプロジェクトを通じて育つのか。(2019/5/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リーダーがいない? じゃあ変革をやりながら育てるしかないでしょ
リーダーの必要性が叫ばれていても、育て方は確立されていない。ではどうすればいいのだろうか。(2019/4/18)

「働き方改革」プロジェクトリーダーを命ず:
【第8回】会議は踊る、されど進まないのはなぜか
働き方改革プロジェクトで本当に改善すべき点は「会議」にあった。当たり前だと考えられていた会議の無駄にメスを入れる。(2019/4/4)

ファシリテーション・パラダイス:
会議を変え、生産性を高める「88の質問」
会議の進行役は、会議で発生するさまざまな局面をうまくハンドルするため、適宜、質問を投げかけていく必要があります。そんなときに役に立つ88の質問を、20の状況に分けて紹介します。(2019/3/16)

JAPAN SHOP 2019:
人の動きや会話を感知して、壁や天井から光や音を発するDNPの「4次元空間演出」
大日本印刷(DNP)は、「JAPAN SHOP 2019」で、室内の状況をセンサーで感知して、壁や天井からその場にふさわしい光や音を発する「次世代ステルス空間」を発表した。開発にあたっては、照明のグラデーション効果といったデザイン面で日建設計が協力をした。(2019/3/7)

JAPAN SHOP 2019:
「次世代ステルス空間」は照明やスピーカーが壁材と一体化、人の自然な行動促す
大日本印刷は、「JAPAN SHOP 2019」内で会見を開き、人の在室状況や会話など、空間内のセンサーで収集した情報に合わせて、壁や天井などの部材自身が部屋の光の色を変えたり、音を発したりするシステム「次世代ステルス空間」を開発したと発表した。(2019/3/6)

こんなにも……!:
「ムダな会議」による企業の損失は年間15億円
長時間労働や労働生産性について議論する際、しばしば指摘されるのが、「会議、打ち合わせの多さ」だ。果たして、日本企業はどのくらいの時間を会議に費やしているのだろうか……?(2019/1/31)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(48):
「理想的なリーダー像」なんてリファクタリングしちゃえ
もし、上司から会議室に呼ばれて、「来月からリーダーをやってくれない?」と言われたら、あなたはどうしますか? 引き受けてもいいと思いますか――?(2018/12/12)

製造マネジメントニュース:
パナソニック樋口氏とサントリー新浪氏が語る、日本企業復活の条件
パナソニックのユーザーイベント「CROSS-VALUE INNOVATION FORUM 2018」のシンポジウムに、同社 コネクティッドソリューションズ社 社長の樋口泰行氏と、サントリーホールディングス 社長の新浪剛史氏、大学院大学至善館 創設者・理事長の野田智義氏が登壇。「日本企業の復活」をテーマとするパネルディスカッションに臨んだ。(2018/11/1)

本城慎之介、軽井沢風越学園創設への道【後編】:
元楽天副社長が作る幼小中“混在校”の武器
2002年に楽天の副社長を退任して以降、幾多の迷いを経て、本城慎之介氏が最終的に辿り着いた理想の学校。いったい、それはどんな学校なのか? その革新性や武器は何なのだろうか?(2018/10/15)

OKAMURA Design Space R企画展:
新居千秋氏が4室の茶室を配し、“糸”と照明色で日本建築のスケールと光を再現
オカムラデザインスペースRで、「建築家と建築以外の領域の表現者との協働」を基本コンセプトに毎年開催されてる企画展が第16回目を迎え、2018年10月17日まで開催されている。今展では、建築家・新居千秋氏(東京都市大学客員教授)を招き、「Somesthetic-身体性-」をテーマに作品を展開した。(2018/10/10)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
ファーストキャリアの選び方 会社という環境を“使い倒して”成長する方法
“本当にやりたい仕事”にたどり着くため、選びに選んだファーストキャリアの職場を最大限に生かし、自己成長を遂げるには、選んだ環境を使い倒すための「2つのマインド」が重要です。(2018/10/9)

FAニュース:
AIで検査はどこまで効率化できるか――IVIつながるものづくりアワード2018
IVIは2017年度に活動した22の業務シナリオWGの中から「つながるものづくりアワード2018」を選定し「AIによる生産ラインの生産性向上と自動化進展〜第一弾:検査工程への取り組み〜」が最優秀賞を受賞した。(2018/10/5)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
ファーストキャリアの選び方 「本当にやりたい仕事」にたどり着くための、会社選びの7つの基準
「本当にやりたい仕事」とは、会社に入った後、仕事でいろいろな経験を積みながら、自分の好みや強み、得意・不得意などを見極めて見つけるもの。その仕事にシフトしていくには「ジョブチェンジ・転職に困らない能力」を身に付ける必要もある。その過程を見越した「会社選びの7つの基準」とは?(2018/10/3)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
ファーストキャリアの選び方 選んだ会社で「本当にやりたいこと」を実現する3つのステージ
仕事や会社を選ぶ際のポイントは、会社に入ったあとに「本当にやりたい仕事」をどうやって見つけ、シフトしていくか。そして、入社後にそれを実現するためには、何をすべきで、どんなふうに仕事と向き合っていくべきなのでしょうか?(2018/9/19)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
ファーストキャリアの選び方 「会社選び」「部署選び」に、失敗した! と思ったら
仕事や会社を選ぶ際に大事なのは、よくいわれる「自分の特性ややりたいことを見極める」ことではなく、「腹をくくる」こと。それにはまず、これまでの「会社選び」の視点を見直してみる必要があります。(2018/9/12)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
「あなたは上司、僕は部下」の線引きが組織をダメにする!?――理想の組織をつくる3つのポイント
「上司だからxxできて当然」「部下だからxxして当然」――そんな組織をダメにする利己主義は、「上司と部下」という関係がもたらす弊害かもしれません。仕事上のパートナー同士、互いの力を最大限に引き出し、気持ちよく働ける組織の要とは?(2018/8/22)

褒めない上司、ダメ会議をITの力でしなやかにたたき直す? SI営業「チタン女子」の働き方改革
なぜ、営業女子は、結婚や出産を機に現場を離れてしまうのか――。そんな課題をITの力で解決しようと立ち上がったのがNSSOLのSI営業「チタン女子」。ブロックチェーンやしゃべるクマを使って、どのように働き方を変えたのか。(2018/8/13)

楽天、高校生と地域の課題解決を目指す「Rakuten IT School NEXT」スタート
楽天が高校生と地域に課題解決を目指す「Rakuten IT School NEXT」を開始した。高校生は8月3日〜5日に開催するワークショップで課題解決のアイデアを考え、楽天社員のサポートを得ながらブラッシュアップし、11月に発表を行う。(2018/8/3)

IoTによって製品品質を向上する(5):
不具合の連鎖を断つ、品質問題発覚時の展開ステップと対応策
IoTの活用が広がりを見せていますが、上手に活用すれば製品品質の向上につなげることも可能です。本連載では、最新の事例を紹介しながら、IoTを使って製品の品質をどう向上させるかについて説明していきます。最終回となる今回は、「IoTのフェーズ」をテーマに解説します。(2018/7/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。