ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ファシリテーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

コミュニケーションの同期が足りないよ:
顔色が見えない時代のチームワークとマネジメント
雑談は、仕組みとしてデザインしていかないとね。(2021/6/14)

IoTセキュリティ:
医療機器のセキュリティを守るために、インシデント訓練から何が見えたのか
医療機器メーカーや医療機関、セキュリティベンダーなどが参加する医療機器サイバーセキュリティ協議会が、医療機器メーカー向けセキュリティインシデント訓練を実施。トレンドマイクロのインシデント対応ボードゲームをベースに医療機器メーカー向けにカスタマイズしたものを用いて、オンラインで行われた。(2021/5/21)

企業の情報リテラシーを“光と影”で啓発? ラックがガイドブックを公開
ラックは、情報リテラシーに必要なインシデント対応と情報活用をバランス良く学べるガイドブックを公開。既に公開済みの「情報リテラシー啓発のための羅針盤」の具体的な活用法を実践的に解説する。(2021/3/12)

リモート会議の間違ったおきて 意見交換や交流阻害で本末転倒
Web会議が浸透を見せる中、Web会議に「基本的にカメラオフ」「話さないときはマイクオフ」「発言は指名制」などルールを定める組織もある。これらのルールはメンバーの合意形成や意欲、能動性を邪魔しかねない。(2021/3/8)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
コロナ禍のいまリモートコミュニケーションスキルを身につければ一生ものに
新型コロナウイルス禍により、多くの企業がリモートワークを導入しているが、コミュニケーションの不自由さから生産性が低下する企業もある。リモートワークで生産性を向上させる効果的なコミュニケーションを学ぶ。(2021/2/9)

採用活動におけるVRの有用性を調査 「会社への興味」が上昇
採用活動におけるVRの有用性に関する調査。結果は?(2021/1/26)

【後編】日本のバックオフィスを変える!:
総務・人事・経理のテレワークの秘訣とは? 「セキュリティが不安」「部下の様子が分からない」の悩みを業務改善のプロが一刀両断!
「バックオフィスこそ、ワーケーションをすべき」──350以上の企業や自治体、官公庁などでの組織・業務改革支援の経験を持つ作家でワークスタイル専門家の沢渡あまねさんと、業務改善コンサルティングやBPOサービスを提供するWe will accounting associatesの代表取締役で税理士の杉浦直樹さんはそう語る。「セキュリティやコンプライアンスの理由でクラウドサービスが使えない」「テレワークで部下が目の前にいないと、仕事をしているのか把握できない」といったバックオフィスの改革を阻む考えの矛盾を指摘しながら、変化する時代の中で「生き残るバックオフィス」であるために必要な業務の取り組み方について、対談する。(2021/2/10)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
自分で考えて動く社員が育つOJTマネジメント
大手企業から成長企業、経営者から新入社員まで、さまざまな業界、階層の人たちに対して「OJTマネジメント」のノウハウを提供し、その結果成果が出る対象を把握する事ができた。(2020/12/24)

感染対策:
なぜ? 会議室に「鏡」 アイデア勝負で3密回避、面白法人カヤックのオフィス
コロナ禍で、ほぼ全ての社員がリモートワークを余儀なくされた面白法人カヤック。しかし、ちょっとした雑談やブレストを大事にしている同社のワークスタイルとは相いれなかった。そこで、密にならないオフィスを作ろうと奮闘している。(2020/12/8)

「作業は機械、サービスは人」:
リーガルテックをフル活用して、“人間にしかできない仕事”に取り組む法務部 太陽誘電の事例
在宅勤務が推奨される中、法務関連の業務をサポートするリーガルテックが注目されている。リーガルテックを積極的に活用し、法務部門のデジタル化に取り組む太陽誘電の佐々木毅尚さん(法務部長)に、システム導入や組織運営の秘訣を聞いた。(2020/11/16)

ソニックガーデンに学ぶ:
「オフィス、もういらないかも?」 と思えるフルリモート企業の成功事例 カギは「ワイワイ・ガヤガヤ感」
新型コロナの影響で一気に広まったリモートワーク。さまざまな課題が浮き彫りになっているが、中でも「ワイワイ・ガヤガヤ感」を醸成し、どこにいても同じコミュニケーションを取れるようにすることは重要だ。では、どうすればいいのか。(2020/10/6)

基調講演は事例が中心:
「CloudNative Days Tokyo 2020」は9月上旬に開催、イベントプラットフォームは独自構築
Kubernetesおよびクラウドネイティブ技術の活用に関するカンファレンス「CloudNative Days Tokyo」。2020年は9月8〜9日にオンラインで開催される。2日間にわたって6つの基調講演に加え、約60のセッションを展開する予定。(2020/8/5)

コロナ禍で問い合わせ5倍 バーチャル空間で会議・イベント……VRのビジネス活用に再注目
ウィズコロナ/アフターコロナの世界では、VRはビジネスでどのように活用されていくのか。今回、法人向けVRコラボレーションサービス「NEUTRANS BIZ(ニュートランスビズ)」を提供するSynamonの武井勇樹氏に話を聞いた。(2020/7/30)

組織を変えるファシリテーション 第1回:
ただの対話スキルではない、「ファシリテーション」の本質とは
コラボレーションワークを促進させるマネジメントスキルの1つ「ファシリテーション」。たんなる「対話スキル」を超えた、マネジメント層にこそ求められる「組織のファシリテーション」力とは何か。(2020/7/13)

「オンライン授業」実践ガイド【第1回】
「オンライン授業」を難しくする3大課題とは? 新型コロナで脚光のIT活用法
新型コロナウイルス感染症の拡大が、ITを活用した「オンライン授業」の必要性を顕在化させた。だがオンライン授業にハードルを感じる教育機関や教員は少なくない。何が課題なのか。(2020/7/27)

Weekly Memo:
アフターコロナの経営に必須 マネジメント視点でみた「在宅勤務」の生かし方とは
新型コロナウイルスの感染対策で、テレワークによる在宅勤務が広がっている。企業としてはこの動きを経営に生かしていきたいところだ。在宅勤務をマネジメントの視点で考察してみたい。(2020/5/25)

PR:自画撮り被害から守る「TONEカメラ」搭載 子どものスマホデビューはトーンモバイルが安心
中学生と高校生を中心に、スマホの「自画撮り被害」に遭うケースが増えていることをご存じだろうか。SNSで知り合った相手にだまされたり脅されたりして、子どもがポルノ画像を送付してしまうというもの。この自画撮り被害を防ぐスマホを提供しているのが、トーンモバイルだ。(2020/4/8)

PR:新規サービス開発の内製化を成功させる秘訣は? パーソルキャリアの事例から見える「KDDI DIGITAL GATE」の価値
(2020/3/26)

これからのIT部門の“あるべき姿”はどうなる?:
PR:DXを前にIT人材不足が深刻化 IT部門に救世主はいるのか
デジタルトランスフォーメーション(DX)の時代、クラウドの時代となった現在、企業のIT部門における人手不足、知見不足が深刻になりつつある。この課題の解決先はどこにあるのか――。ソフトクリエイトのイベント「SC Relationship 2020」では、IT部門の「人材不足」を主要テーマの一つとして、その解決策が語られた。(2020/3/10)

「Developers Summit 2020」レポート:
はてな粕谷氏が実践する「プロダクトを10年運用するチームの作り方」
「どれだけ長い間、ユーザーに価値を提供し続けられるか」という視点はビジネスを成功させるために重要だ。だが、サービスを長期間運用し続けるのは簡単ではない。はてなで「Mackerel」を運用する粕谷大輔氏がたどり着いた答えとは。(2020/3/13)

中堅・中小企業向け、標的型攻撃対策の現実解(終):
自社だけでできる、コスパ最強の「サイバー演習」実施レシピ&鉄則
既存のインシデント対応体制を強化する方法の1つである「サイバー演習」は、組織のセキュリティ強化に欠かせない。今回はどの組織でも簡易的にサイバー演習を実践できる手法を紹介する。(2020/3/16)

キャリアニュース:
ITエンジニアの約6割が「技術的スキルだけでは生き残れない」と回答
VSNが、ITエンジニアを対象とした仕事に関する意識調査の結果を発表。「技術的スキルだけでは生き残れない」と55.9%が考えていた。また、今後高めたい能力として、自身で解決策を提案できる「コンサルティング力」を挙げた人が最も多かった。(2019/12/19)

働き方カードゲーム「ライフ・スイッチ」誕生 別の人生を歩むことで価値観の多様性理解へ
現実世界とは違う人生を歩むことで価値観の多様性を理解します。(2019/10/27)

「課題解決型AI人材」の育成を目指す:
“育成ラッシュなのにAI人材不足”の矛盾を解消へ――経産省、産官学連携の育成プログラムを発表
現場の課題に即したAI人材育成へ、経産省が産官学連携で練り上げた「PBLプログラム」が発足した。多様な分野の学生や社会人を集めて本格的なトレーニングを実施する。そのきっかけになった国外の動向と、国内の専門家が議論した「日本のAIの希望と課題」とは。(2019/10/16)

DMM.make AKIBAを支えるプロフェッショナルたち(2):
「残ったのは集合写真だけ」ではもったいない! 失敗ハッカソンを防ぐDMM.make AKIBA流イベント企画術
さまざまなモノづくりを支援するDMM.make AKIBAの運営に携わる人たちにスポットを当て、世の中にないものを生み出そうとする現場の最前線を追う。第2回は、年間100件以上のイベントに対応する企画チームの取り組みを紹介し、「企業イベントを成功させるための条件」に迫る。(2019/10/7)

PR:AI活用の「あるある」を楽しく議論 FUJITSU AI Communityでモヤモヤを解消
AI(人工知能)黎明期から研究を重ね、人を中心に考えたICTとしてHuman Centric AI 「Zinrai(ジンライ)」を展開する富士通がこの夏、「FUJITSU AI Community」を立ち上げた。コンセプトは、「コミュニティーを通じたノウハウの習得と情報の共有」だ。今回は、その第1クールのレポートをお届けする。(2019/9/2)

LOVOTを生んだGROOVE Xの“中の人”に聞く――イノベーションを起こす組織の法則とは
人の“愛する力”を引き出すために生まれたロボットが88億円を調達、初回予約は即完売――。ロボットの世界にイノベーションを巻き起こしたGROOVE Xは、どんな風土のどんな組織で、どんな働き方をしているのか――。“中の人”に聞いてみた。(2019/9/4)

人材流出の元凶、「働きがいのない」会社を変えるには
「働きがいのある会社」をつくるポイントとは?(2019/8/13)

大前研一大いに吠える!【前編】:
大前研一が尊敬した「ウォルト・ディズニーの構想力」――ワニしかいない湿地帯に「ディズニーワールド」を作った
大前研一が勉強しない日本人について大いに吠える!(2019/8/8)

どうする? 社内の“脱・タコツボ化” 働きがいがある会社の取り組みは
働きがいがある会社は、どのようにして社員の人となりを知る仕掛けをつくっているのか?(2019/8/8)

勉強しない日本人に喝!:
大前研一が「年金2000万円問題」を斬る! 終身雇用「崩壊」時代はこう乗り切れ
大前研一氏は、金融庁が出した「年金だけでは老後資金が2000万円不足する」という報告書を巡る議論について「ウソと誤解ばかりだ」と、喝破する。(2019/7/31)

働きがいがある会社が「企業カルチャーの共有」に熱心な理由
働きがいがある会社がミッション、ビジョンの共有に熱心なのには理由があった。(2019/8/2)

人手不足と工期の遅れを解決!:
両面テープだけで内装パネルの施工が実現、3Mが建築内装分野に本格参入
スリーエム ジャパンは、建築内装仕上げに特化した両面テープ「3M VHB テープ Y-4800-12建築パネル仕上げ用」を発売する。日本で初めて壁ボード用の接着剤と同等のJIS規格をクリアした両面テープで、施工時間の短縮や作業者の負担を軽減し、内装仕上げ市場が抱える人手不足や工期遅延といった課題解決を目指す。(2019/7/24)

「伝わり度」が分かるチェックシート付き:
社長がスナックのマスターに!? 働きがいがある会社の「ミッション」「ビジョン」の伝え方
変化の時代に社員がブレずに同じ方向を目指すのは重要なこと。働きがいがある会社は、その指針となるミッションやビジョンをどうやって社員に伝えているのか。(2019/7/26)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
会議に反省なくして改善なし! 生産性を高める「唯一の方法」
“ダメ会議”を解決する8つの動作を紹介する連載。最終回はその8となる「振り返り」のコツについて解説する。(2019/7/18)

「レジェンド編集者」揃い踏み:
「おとなのジャンプ酒場」開店! 集英社が仕掛ける「居酒屋ビジネス」の勝算
大手出版社の集英社が、「居酒屋」ビジネスを展開している――。7月に新宿・歌舞伎町で「おとなのジャンプ酒場」が開店した。ビジネスとしての勝算はあるのか? 取材で探った。(2019/7/17)

良いトラブル対応と悪いトラブル対応の違いとは:
トラブル対応が“下手”な人がやっていること
トラブルの報告を受けたら、まずどう返すべきか?(2019/7/18)

他社の“猿まね”では、働きがいは向上しない:
働きがいのある会社に共通する、4つの要素
働きがいのある会社に選ばれた企業が行っている取り組みとは?(2019/7/16)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
会議はファシリテーターだけで作るな! 「参加者を巻き込む」対話の極意
“ダメ会議”を解決する8つの動作を紹介する連載。今回はその7となる、参加者から「対話を促し、合意形成する」コツについて解説する。(2019/7/11)

これからのAIの話をしよう(ブレスト編):
“アイデア出しまくるAI”を開発、博報堂が考える「創造力の限界突破」
AIは「創造力」を持っているのか。人間のクリエイティブな領域を支援する“ブレストAI”の開発担当者に聞いた。(2019/7/5)

怒濤の5並列プロジェクトを振り返る:
Workdayのファイナンスにクラウド版Informatica、壮絶な“初物導入の舞台裏”全部見せます
あの、話題のプロジェクトの現場で、実際にどんなことが起こっていたのか――。初物ソリューション導入の「いいことも悪いことも全て」公開するというイベントが開催された。(2019/7/4)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
無言が続く“お通夜会議”を脱却せよ! 主張を引き出す「3つの質問」の使い方
“ダメ会議”を解決する8つの動作を紹介する連載。今回はその6となる、参加者から「主張を引き出す」コツについて解説する。(2019/7/4)

歴史ある企業はなぜ変わったのか:
ANAを変えた、見えない課題を発掘する「魔法のワークショップ」とは
歴史ある大企業にイノベーションを起こす――。この難題をやってのけたのが、ANAでイノベーション推進部の部長を務める野村泰一氏だ。インタビューの後編では、ANAの役員たちも驚いたという課題発掘ワークショップについて聞いた。(2019/6/28)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
会議に「いないと困る」人以外は呼ぶな 生産的な議論をつくる事前準備
“ダメ会議”を解決する8つの動作を紹介する連載。今回はその5「『4つのP』を押さえて会議を準備する」について解説する。(2019/6/27)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
ダメ会議は可視化せよ! 書くことで議論が急速に噛み合う、これだけの理由
“ダメ会議”を解決する8つの動作を紹介する連載。今回はその4「議論を可視化する」について解説する。(2019/6/20)

機能訴求で動かないミレニアル世代は「CSV」で動かす:
みずほ銀行が「不正送金防止」メルマガ施策で申し込み数13倍に 社会課題解決型コンテンツの底力
社会課題解決を訴求するメルマガで、通常の13倍ものコンバージョンを獲得したみずほ銀行。「CSV」施策が成功した要因を探る。(2019/6/24)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
その話題、いつまで話すつもり? 会議をダメにする「時間」の落とし穴
議論に集中できない、参加者が内職や居眠りをしている――。そんな“ダメ会議”を解決 する8つの動作を紹介する連載。今回はその3「会議の開始時に『時間配分』を確認する」について解説する。(2019/6/13)

「終身雇用」「年功序列」終焉の理由に迫る:
なぜ、「日本的人事戦略」は機能しなくなったのか?
年功序列、終身雇用といった“日本的人事”戦略が崩壊し始めている。なぜ今、これまでのやり方が否定されているのか――。その理由を探った。(2019/6/11)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
「まず、お手元の資料を御覧ください」で始まる会議が致命的にダメな理由
議論に集中できない、参加者が内職や居眠りをしている――。そんな“ダメ会議”を解決する8つの動作を紹介する連載。今回はその2「会議の開始時に『会議の終了条件』を確認する」。(2019/6/6)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
「あの会議、何決めたんだっけ?」をなくせ 終了前の30秒でできること
議論に集中できない、参加者が内職や居眠りをしている――。そんな“ダメ会議”からどうすれば脱却できるのか。8つの基本動作のうち、まずは「決まったこと、やるべきことを確認する」を解説する。(2019/5/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。