ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ロボットハンド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ロボットハンド」に関する情報が集まったページです。

協働ロボット:
チリやホコリなどの汚れのリスクがある現場でも活用できる近接覚センサー
Thinkerは、近接覚センサー「TK-01」に防塵(じん)機能を追加した「TK-01G」を開発した。チリやホコリなどの汚れのリスクがある現場でも、ロボットによる多様で柔軟なハンドリングを可能にする。(2024/7/18)

電子ブックレット(FA):
協働ロボットニュースまとめ
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、協働ロボットに関連した記事をまとめた「協働ロボットニュースまとめ」をお送りします。(2024/7/11)

ものづくり ワールド[東京]2024:
視触覚ロボットハンドに曲面ワーク対応の新形状、狭い隙間に入り込む細指版も
FingerVisionは「第36回 ものづくり ワールド[東京]」において、新たに開発した視触覚ロボットハンドを展示した。(2024/7/4)

三菱電機ギネス世界記録への道:
モーター性能でMITの記録打破、ルービックキューブ世界最速ロボ開発秘話(後編)
三菱電機の若手メンバーが開発したロボットが「パズルキューブを最速で解くロボット」としてギネス世界記録に認定された。後編では、開発メンバーの証言を交えて世界記録達成までの歩みに迫っていく。(2024/7/2)

三菱電機ギネス世界記録への道:
メンバーの愛と情熱が源、ルービックキューブ世界最速ロボ開発秘話(前編)
三菱電機の若手メンバーが開発した「パズルキューブを最速で解くロボット」がギネス世界記録に認定された。製作に当たった同社 コンポーネント製造技術センターの若手メンバーに開発の背景などを聞いた。(2024/6/25)

FOOMA JAPAN 2024:
“こんな場所も手が届く”手術ロボットなどで活用を目指す椿本の極小チェーン
椿本チエインは「FOOMA JAPAN 2024」において、世界最小ピッチ(同社調べ)の超小型チェーン「RS6-SS」を使ったデモンストレーションを披露した。(2024/6/7)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
AIで限界突破する“とんでもロボット”たち
今後のさらなる進化に期待です。(2024/6/3)

FAニュース:
三菱電機がパズルキューブを解くロボットで世界最速記録、FA機器と制御技術活用
三菱電機は同社のFA機器とロボットを組み合わせたロボットで、「パズルキューブを最速で解くロボット」のギネス世界記録に挑戦し、世界記録の更新に成功した。(2024/5/24)

アニメみたいな“勇者ロボ”、お台場に見参! 遠隔操作も可、開発の意図は【写真あり】
東京都が4月27日から5月26日までお台場地区で開催している技術展示イベント「Sushi Tech Tokyo 2024」(スシテック)。小池百合子都知事が「未来のテクノロジーが楽しめる」とうたう同イベントでは、大小さまざまなロボットやモビリティーが展示されている。その中でも目を引くのが「勇者ファイバリオン」だ。(2024/5/24)

ロボット開発ニュース:
ゴム人工筋肉に身をゆだね、ゆだねられる!? 無目的空間「Morph inn」が開業
ブリヂストンの社内ベンチャーであるソフトロボティクス ベンチャーズが、東京・表参道のイベントスペース「seeen」において、同社のゴム人工筋肉を用いた柔らかいロボット「Morph」を用いた都市の無目的室「Morph inn」を開業している。(2024/5/17)

産業用ロボット:
ユーシン精機が2パレット仕様の低全高パレタイジングロボットを発表
ユーシン精機は、低全高パレタイジングロボット「PA-50LC」を発表した。低全高化と搬送能力の向上、2パレット仕様により多様な顧客ニーズへの対応と生産性の向上に貢献する。(2024/5/10)

IoTソリューション展:
イノテックがAIロボットハンドのデモを披露、MathWorksとの協業で
イノテックは、「第13回 IoTソリューション展【春】」において、モデルベース開発に基づくAI(人工知能)アルゴリズムを用いた良品不良品を自動仕分けするロボットハンドのデモンストレーションを行った。(2024/4/26)

FAニュース:
Mech-Mindが製造や物流現場向け自動化展示施設、検査測定用途の新製品も
Mech-Mindはショールームやトレーニングセンターの機能を備えた「Mech-Lab」を開設。さらに今後投入を予定している新しい製品や機能を発表した。(2024/3/18)

ロボット開発ニュース:
ゴム人工筋肉に想いを乗せて届け君の心に! ブリヂストンが渋谷で異色の展示
ブリヂストンの社内ベンチャーであるソフトロボティクス ベンチャーズは2024年2月9〜14日の6日間、渋谷駅前にある体験型ストア「b8ta Tokyo Shibuya」において、同社のゴム人工筋肉(ラバーアクチュエータ)の新たな可能性を訴求する展示を行っている。(2024/2/10)

MONOist 2024年展望:
センサーやAIの進化で難作業を自動化、ロボットの活躍の場はまだまだ広がる
製造現場に限らず、ますます深刻化する日本の人手不足。ただ、技術の進化によってこれまで人が行ってきた作業の自動化も可能になってきています。(2024/1/12)

FA 年間ランキング2023:
半導体製造装置関連や生成AI活用、自動化事例、工場閉鎖...2023年の人気記事
2023年に公開したMONOist FAフォーラムの記事をランキング形式(2023年1月1日~12月24日のPC閲覧数)で振り返ります。(2023/12/26)

2023国際ロボット展:
“指先”に赤外線センサーを搭載することでロボットは何ができるのか
Thinkerは「2023国際ロボット展」において、同社の近接覚センサー「TK-01」について紹介するとともに、これを組み合わせて実現したロボットハンド「Think Hand F」を参考出品した。(2023/12/19)

2023国際ロボット展:
ハンドから変えるロボットティーチング、成長スピード求めるOnRobotの一手
OnRobotは「2023国際ロボット展」において、ロボットの自動化プラットフォーム「D:PLOY」によるさまざまなロボットアプリケーションのデモを披露した。本稿ではiREX2023での出展とともに、OnRobot CEOのエンリコ・クログ・アイベルセン氏へのインタビュー内容を紹介する。(2023/12/18)

2023国際ロボット展:
協調する人と機械が柔軟に役割変更、オムロンの次世代コンセプトライン
オムロンは「2023国際ロボット展」において、「i-Automation!」を具体化した2つの次世代生産コンセプトラインを展示した。(2023/12/11)

2023国際ロボット展:
“人の指”でロボットを器用に、NSKがフィンガーモジュールや屋外走行ロボを訴求
NSKは「2023国際ロボット展」において、独自技術を生かした“人の指”状のモジュールである「フィンガーモジュール」や多様な走行環境に対応する屋外走行ロボットなどを紹介した。(2023/12/5)

2023国際ロボット展:
知能ロボットがコンテナ荷降ろしを自動化、混載通い箱のパレタイジングにも対応
Mujinは、「2023国際ロボット展」において、デバンニング作業を自動化する「TruckBot(トラックボット)」を日本初公開した。(2023/12/5)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
国際ロボット展で見た、“視覚”の次に期待したい“触覚”の進化
人手の難作業を代替する意味では特に重要になると見ています。(2023/12/4)

2023国際ロボット展:
ロボットハンドだけじゃない、「umaru」から生まれる新たなソフトロボティクス
ブリヂストンの社内ベンチャーであるソフトロボティクス ベンチャーズは、「2023国際ロボット展」において、「ソフトロボティクス」の新たなコンセプトイメージとなる体験型展示「umaru」を披露した。(2023/12/4)

2023国際ロボット展:
公道走行可能な自律移動ロボット基盤や、力制御可能なモジュール型ロボットを出展
パナソニック ホールディングスは「2023国際ロボット展」において、屋外走行可能な自律移動ロボット基盤や、力制御可能なモジュール型ロボット、多様な把持を可能とするロボットハンドなど、開発中のロボット技術群を参考出展した。(2023/12/1)

2023国際ロボット展:
機能の拡張と絞り込みで協働ロボットを普及へ、ロボット展で新製品を世界初公開
協働ロボット大手のユニバーサルロボットは「2023国際ロボット展」において、世界初公開となる新製品をはじめ、さまざまなアプリケーションを披露する。日本支社 代表の山根剛氏らに出展のコンセプトや今後の展望などを聞いた。(2023/11/27)

協働ロボット:
手先のラストワンインチを埋める、器用さをもたらすロボットハンド
Thinkerは量産を見据えた開発フェーズとして開発中のロボットハンド「Think Hand F」のα版を「2023 国際ロボット展」に出展する。(2023/11/24)

産業用ロボット:
つかんだものを落とさずに回し続けられるロボットハンド制御技術を開発
パナソニック コネクトと中央大学は、フィンガーとベルトを対象物の形状や姿勢に応じて制御するシステムを開発し、つかんだものを落とさずに回し続けられる「ロボットハンド制御技術」について発表した。(2023/11/14)

協働ロボット:
可搬重量の向上で重量物の加工が可能に、マザックの協働ロボットセル最新モデル
ヤマザキマザックは、協働ロボットセル「Ez LOADER」シリーズの最新機種「Ez LOADER 30」を発表した。従来機種よりも可搬重量が向上し、鉄系など重量物の加工ニーズにも対応する。(2023/11/9)

FAニュース:
より小さく細かい対象物を認識、ロボットの目となる高速3Dビジョンセンサー
クラボウは、ケーブルなどの柔軟物の形状を高速で認識できる、高速3Dビジョンセンサー「Kurasense-C100FX」の受注を開始した。「クラセンス」の新機種で、認識精度が向上している。(2023/11/2)

「CEATEC 2023」事前情報:
環境/ウェルネス領域の各種新規技術、村田製作所
村田製作所は、2023年10月17〜20日に開催される「CEATEC 2023」(幕張メッセ)に出展する。ブースでは環境領域とウェルネス領域をメインに、社会課題解決に貢献する新規技術やソリューション、デバイスを紹介する。(2023/10/3)

FAニュース:
独自技術の近接覚センサーを出荷開始、ばら積みピッキングロボハンドの製品化着手
Thinkerは、近接覚センサー「TK-01」の出荷を開始した。また、ばら積みピッキングができる次世代型ロボットハンドの製品化に着手した。TK-01を用い、従来の産業用ロボットでは難しかった作業への適用が期待される。(2023/8/22)

電子ブックレット(FA):
三菱電機の現場ノウハウを生かしたクラウドサービス/日立のシームレスな工場完全自動化
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、FAフォーラムに掲載された、「日本ものづくりワールド 2023」についての関連記事8本をまとめた「日本ものづくりワールド 2023まとめ(FA版)」お送りします。(2023/8/21)

スマート工場最前線:
AMRを作り活用するオムロン、綾部工場で進むThe GEMBA活動
オムロンの綾部工場ではさまざまな自動化の取り組みが進んでいる。(2023/8/14)

日本ものづくりワールド 2023:
「私絶対負けませんから」じゃんけんAIで示すOKIの「作る力」
OKIは、グループ会社であるOKIアイディエス、OKIシンフォテック、OKIネクステックと共同で「日本ものづくりワールド 2023」に出展。「じゃんけんAI」などで技術力を示すことで、推進するEMS/DMS事業をアピールした。(2023/7/7)

メカ設計メルマガ 編集後記:
数字で見る日本ものづくりワールド、「コロナ前に戻った」は本当か!?
気になって「日本ものづくりワールド 2018」までさかのぼって調べてみました。(2023/7/4)

日本ものづくりワールド 2023:
中国製擬人ロボットハンドが人の手のように動く、6つのサーボアクチュエータで再現
中国のInspire Robotsは「日本ものづくりワールド 2023」において、ロボットのエンドエフェクタ向けの擬人ロボットハンドを披露した。(2023/6/27)

独自のMEMS構造で圧倒的な小型化を実現:
PR:指先に乗るほど超小型! ロボットの新たな進化を促す6軸力覚センサー
指先に乗るほど小さな6軸力覚センサーが登場した。多指ロボットハンドの指など、狭小スペースにも力覚センサーを搭載でき、より高精度かつ繊細な作業をロボットにさせることが可能になる。ロボットハンド以外でも、さまざまな用途で6軸力覚センサーの活用が広がる可能性がある。(2023/6/26)

FAニュース:
ロボットハンドに頭脳を与える近接覚センサーがいよいよ量産、2023年7月発売へ
Thinkerは初の製品となる「近接覚センサー TK-01」を2023年7月31日に発売すると発表した。価格は24万2000円(税込み)で5月23日から受注を開始する。2026年度には、10億円を超える売り上げを目指す。(2023/5/17)

物流のスマート化:
オリンパス相模原物流センターにおける自動倉庫導入の舞台裏(前編)
オリンパスの主力国内物流拠点である相模原物流センターは自動倉庫導入により業務効率化を果たした。本稿では、自動倉庫導入の背景や自動倉庫システムと併せて取り入れた工夫、プロジェクトの進め方などについて前後編に分けて紹介する。(2023/5/12)

産業用ロボット:
幅広いワークに対応、省スペース運用が可能な産業用ロボット取り付け型3Dビジョン
Kyoto Roboticsは、産業用ロボット取り付け型3Dビジョン「TVS Lite」シリーズの新製品を発表した。省スペースでの運用ができ、M3ネジなどの小さなワークから鋳物や鍛造品などの大きなワークまで対応する。(2023/4/6)

FAニュース:
梱包箱や電子部品など角型ワークの把持に最適、電動2爪ロボットハンド4モデル発表
ASPINA(シナノケンシ)は、角型ワークの把持に適した電動2爪ロボットハンド4モデルを発表した。梱包箱や電子部品など、角型ワークを安定して運びたいというニーズに応える。(2023/3/30)

組み込み開発ニュース:
トルク定数が従来比2倍の小型モーター、コアード構造で巻線の占積率は70%以上
OKIマイクロ技研が高トルクを特徴とする小型ブラシレスDCモーターの新製品「Thumbelina(サムベリーナ)」を開発。直径12×全長25.5〜27mmと単三電池よりも小型ながら、従来の同サイズ品と比べて2倍のトルク定数となる13×10mN・m/Aを実現した。(2023/3/23)

産業用ロボット:
ブリヂストンのソフトロボティクスに目が宿る、物流ピースピッキング自動化を加速
ブリヂストンは、ロボットの「指」となる部分にゴム人工筋肉を搭載したソフトロボットハンドを展開するソフトロボティクス事業について説明するとともに、知能ロボットシステムを手掛けるアセントロボティクスとの資本業務提携を発表した。(2023/2/2)

FAニュース:
誰でもすぐにロボットエキスパート、欧州ハンドメーカーが自動化展開基盤を投入
スウェーデンのOnRobot(オンロボット)は日本国内で2023年1月から提供を開始した産業用ロボットおよび協働ロボットの自動化展開プラットフォーム「D:PLOY」に関する記者会見を東京都内で開いた。(2023/1/24)

スマート工場最前線:
匠の技による内視鏡生産はどこまでデジタル化できるのか、会津オリンパスの挑戦
医療用内視鏡事業で業界をリードするオリンパスが主力工場である会津オリンパスを報道陣に公開。「匠の技」による高度な多品種少量生産に加えて、近年進めている生産のデジタル化の取り組みを紹介した。(2022/12/28)

Innovative Tech:
「手のひらを虫が這う感覚」を体験できる超薄型「電子皮膚」 無線から電気刺激で触覚生成
香港城市大学などに所属する研究者らは、手のひらへの電気刺激で触覚を着用者に与えるVR向け極薄ハプティクスデバイスを提案した研究報告を発表した。(2022/12/22)

スマートファクトリー:
アイシンが知能ロボットとAGVで工場内物流を自動化、製造品質と安全性を向上
Mujinは、アイシンの工場において次世代部品供給システムを構築し、工場内物流を自動化した。知能ロボット2台とAGV31台が、部品の配膳と保管、空箱の回収などを担う。自動化の結果、アイシンでは製造品質や働きやすさ、構内の安全性が向上した。(2022/12/15)

国際物流総合展2022:
ゴム人工筋肉のしなやかさに宿る生命感、ブリヂストンのソフトロボティクスが始動
ブリヂストンは、「国際物流総合展2022」において、ゴム製の人工筋肉(ラバーアクチュエーター)を用いたソフトロボットハンドの新たなデモンストレーションを披露した。(2022/9/22)

国際物流総合展2022:
“ロボットSI”だけじゃない日立、物流向けにロボットのプロダクト力をアピール
日立製作所は、「国際物流総合展2022」において、同社のロボット関連ソリューションを活用したケースピッキングとピースピッキングのデモンストレーションを披露した。(2022/9/14)

組み込み採用事例:
飲料陳列棚の補充業務をするAIロボット、大手コンビニへ導入開始
Telexistenceは、AIロボット「TX SCARA」の国内量産を開始した。2022年8月下旬から、ファミリーマートの主要都市内300店舗に順次導入し、人間の代わりに冷蔵庫内の飲料補充業務をする。(2022/9/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。