ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「佐咲紗花」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「佐咲紗花」に関する情報が集まったページです。

「ウルトラマンタイガ」、放送開始前にYouTubeで第0話を配信、小野大輔ナレーションの最新プロモ映像も
主題歌は寺島拓篤が歌う「Buddy, steady, go!!」、ジャケ写でウルトラマンになりきる。(2019/6/21)

「大洗あんこう祭」ガルパンメインキャストが勢ぞろい! 最終章のネタバレぎりぎり5大ヒントとは
海楽フェスタ2018にてガルパンコンサート聖地開催も決定。(2017/11/20)

「これで…女の子アニメコンテンツを堂々と見に行けるぞ…!」 声優・白石稔に第2子女児誕生
パパ頑張って!(2016/11/1)

100万の壁、撃破しました! 「ガールズ&パンツァー劇場版」累計動員数が大台に乗る
ひゃっくまんにん! ひゃっくまんにん!(2016/3/17)

佐咲紗花、歌います! アニメ「ばくおん!!」CMとOP&ED動画が公開
メインキャラ4人によるED「ぶぉん!ぶぉん!らいど・おん!」もいいぞ。(2016/3/15)

「あんこう踊り、やります」順天堂大・稲田選手、“公約”実行を宣言
近日公開予定とのこと。(2016/1/4)

海賊版は許さない――日本のアニメ・マンガを守るMAG PROJECTが始動
8月1日からアニメ・マンガの海賊版削除を実行するほか、正規版リンク集サイト「Manga-Anime-here」の公開、啓発動画の配信も実施している。(2014/7/30)

「あんこう音頭」も24bitに:
e-onkyo music、ランティスのハイレゾ配信第6弾「ガールズ&パンツァー」の配信をスタート
e-onkyo musicがランティスのハイレゾ配信第6弾をスタートした。2013年のトリを飾るのは、アニメ「ガールズ&パンツァー」のオリジナルサウンドトラックだ。(2013/12/27)

大洗町のあんこう祭に「ガールズ&パンツァー」あんこうチームが一挙集結
燃やして焦がしてゆーらゆら。(2013/11/5)

佐咲紗花、自身初となる東京での2daysワンマンライブ開催! 「1st Anniversary Live 〜1年分の握手を交わそう♪ 感謝祭〜」
第3回アニソングランプリの優勝者である佐咲紗花にとって初めての東京でのワンマンライブの模様をお送りする。(2011/2/22)

ランティスによる新しいロックイベントが開催! 「ROCK'N LAN CARNIVAL〜1st RAN〜」
ランティスが新たに立ち上げるライブイベント、「ROCK'N LAN CARNIVAL〜1st RAN〜」が開催され、影山ヒロノブ、妖精帝國、結城アイラ、佐咲紗花らが駆けつけた。(2010/8/27)

May'n、ELISA、飛蘭、高橋洋子らが色とりどりのアニメソングを熱唱!!――「ANIMAX MUSIX-SPRING 2010-」
3回目のANIMAX MUSIXとなる「ANIMAX MUSIX-SPRING 2010-」が5月15日・16日に開催され、May'n、ELISA、飛蘭、SCANDAL、Mizca、佐咲紗花、喜多修平、AKINO from bless4、高橋洋子らが駆けつけた。(2010/8/10)

「らっきー☆れーさー」初のイベント開催――子供の日は秋葉原PCゲームフェスタへ
(2010/4/27)

Do As Infinity、abingdon boys school――メジャーアーティストが一夜限りで集結! ANIMAX MUSIX FALL 2009
アニメ専門チャンネルのアニマックスは、11月1日にANIMAX MUSIX FALL 2009を11月1日、新木場 STUDIO COASTで開催した。当日はabingdon boys school、Do As Infinity、HIGH and MIGHTY COLOR、ヘイ・マンデー、喜多修平さん、佐咲紗花さんといった豪華アーティストが集結し、一夜限りの熱いステージングで観客たちを魅了した。(2009/12/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。