ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「沢尻エリカ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「沢尻エリカ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

芸能人の逮捕・起訴相次ぐ〜違法薬物は「他者危害」
自己責任では終わらない。(2019/12/13)

「立ち直ることをお約束します」 沢尻エリカ被告、謝罪文で更生を誓う
「つながりを一切断つことを固く決意」。(2019/12/7)

「ウチがどんな立場か分かるでしょ?」 Mattが薬物疑惑をキッパリ否定、“友の罪”で苦しんだ父への思いも
「どれだけ例の彼のあの問題で、迷惑がかかったか」。(2019/11/22)

もう生き物として強い……! 新婚・加藤紗里、ウエディングフォトで“全てを手に入れし者”のオーラを放つ
怖いものなし。(2019/11/21)

ダレノガレ明美、所属事務所に全タレントの薬物検査を願い出る 「素晴らしい行動」「勇気のある宣言」と反響
昨今の薬物関連事件を受けて。(2019/11/20)

沢尻エリカ容疑者、麻薬取締法違反の疑いで逮捕 公開されたばかりの新CM含む動画が削除
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の出演も決定していました。(2019/11/16)

沢尻エリカ&泉里香がキス顔 「Indeed」新CMの双子ダンスに「すげぇ可愛い」
眼福すぎる……!【※追記】(2019/11/15)

「いざ、触りなさいって言われると恥ずかしくて」 小栗旬、沢尻エリカとの“ラブシーン”にド緊張 撮影初日から「役者失格だなと」
タジタジの小栗さん。(2019/9/14)

「踊った! 歩いた! 笑った!」 沢尻エリカ、雨のフジロックを満喫する姿が超楽しそう
実はフジロッカーな沢尻さん。(2019/8/1)

泉里香、沢尻エリカ&二階堂ふみとの居酒屋“女子会”ショットに歓喜の声 リアル“海賊の一味”との絡みにも期待高まる
この居酒屋に行きたい。(2019/6/22)

「豪華なメンバー」「羨ましい」 観月ありさ、沢尻エリカ、杉原杏璃ら“夜桜”バッグに満開の笑顔
桜には目がいかない。(2019/3/30)

全力で推したい! 沢尻エリカ、映画「猫は抱くもの」ED曲でポニーテールにミニスカのアイドルになる
センターにしてあげたい。(2018/5/15)

「まるでおれが主役のよう」 “水曜どうでしょう”藤村D、出演映画の北海道限定ポスターに登場してしまう
藤村さんは、サビ猫の擬人化役で出演。(2018/4/25)

花より美女! 観月ありさ、沢尻エリカ、芹那らの“大人なお花見”が夜桜よりも華麗に咲き誇る
メンバーのパンチ力よ。(2018/3/27)

今2018年だよな……? 矢田亜希子と沢尻エリカの2ショットが時空をゆがめてしまう
時間停止の能力者かな?(2018/2/2)

映画「不能犯」舞台あいさつで松坂桃李らの“腹黒度”があらわに 真野恵里菜の回答に会場どよめく
好きな食べ物で“腹黒度”が分かる心理テストが実施されました。(2018/2/2)

ショートヘアの沢尻エリカにゴクり…… 「ほろよい」の新CMが一瞬で15秒を溶かしにくる
沢尻さんの新しい魅力を発見。(2017/3/7)

「教員失格どころか人間失格である」vs「卒業レベルに達していない」 旭川高専で40年以上続く過激な駆け引きが話題に
戦が始まる。(2016/10/24)

沢尻エリカ、生脚を自然かつ大胆に披露 浴衣でうっとりカメラ目線も投げかけ視聴者を完全悩殺
参りましたァ!(2016/7/15)

スピン経済の歩き方:
「ワキ汗」ビジネスがこの1〜2年で拡大している秘密
ここ数年、制汗剤市場が拡大している。その中でも「ワキ汗」のカテゴリーが一気に拡大しそうな気配である。「そんなのオレには関係ないよ」「興味ないなあ」と思われた男性も多いかもしれないが、筆者の窪田氏は「対岸の火事ではない」と指摘する。その理由は……。(2016/7/12)

スピン経済の歩き方:
「石原さとみの眉が細くなったら日本は危ない」は本当か
女優・石原さとみさんの眉がどんどん細くなっている。彼女のファンからは「そんなのどーでもいいことでしょ」といった声が飛んできそうだが、筆者の窪田さんは「日本経済にとって深刻な事態」という。なぜなら……。(2016/5/31)

「大奥」スペシャルドラマで復活! 沢尻エリカさんが“悪女”と“聖女”の1人2役に挑戦!
女の妬みが燃え上がる。(2015/12/4)

MVNOに聞く:
バリュープログラム+3つの“し放題”で差別化を――「NifMo」の戦略を聞く
ニフティがMVNOとして提供している「NifMo」は、当初からセット端末を販売し、ショッピングに応じて通信料に還元する「バリュープログラム」を提供。そして「3つのし放題」を打ち出すなど、独自色が目立つ。そんなNifMoの戦略を担当者に聞いた。(2015/5/8)

沢尻さん出演の新CM完成:
NifMo、対応端末に「ARROWS M01」追加――“話し放題”サービスも予告
ニフティは「NifMo」の対応端末に富士通製「ARROWS M01」を追加した。3月に発売する。また6月から通話定額プランを開始することも予告した。大手キャリアの約半額にするという。(2015/2/23)

トップ3は故障・水没・破損――NifMoの「10〜50代女性のスマホトラブル関する調査」から
ニフティのスマートフォンサービス「NifMo」が行った「10〜50代女性のスマホトラブル関する調査」の結果が発表。発生ランキング上位は故障・破損・水没で、経験者の半数近くが2014年中に2回以上遭遇している。(2015/1/22)

岡崎京子のコミック集、原画展で先行発売 単行本未収録作品も
世田谷文学館で開催される「岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ」にて。(2015/1/19)

NifMo、10〜50代女性のスマホショッピングに関する調査を実施――利用経験者は約3人に1人
ニフティの新スマートフォンサービス「NifMo」が、全国10代〜50代の女性を対象としたスマートフォンを使用したショッピングに関するアンケート調査を実施した。約3人に1人が利用を経験しており、そのうち半数が月に1回以上活用している。(2015/1/8)

腹ぺこ理容師さんが“世界一おかしなヘアスタイル”にしてくれる「SNICKERS Hungry Barber」期間限定オープン
お腹が減りすぎた理容師さんが、ついついヘアスタイルをおかしなものにしてしまうそうな。(2014/12/1)

ニフティならではのおトクと安心 「NifMo」が“格安スマホ”じゃない理由
ニフティが開始した「NifMo」は、従来の格安SIMや格安スマホとはちょっと違うというMVNOサービス。買い物でおトクなる仕組みや、老舗ISPならではの充実したサポートを備えている。(2014/11/26)

あったら便利なアプリ特集:
誕生日や結婚式などのお祝いから、日々の思い出まで――オススメ画像・動画編集アプリ10選
最近のスマホは簡単に写真や動画を撮れるが、その編集作業は少し面倒。だが、アプリを使えば編集が“かわいく”簡単にできる。お気に入りのものを友達とシェアしよう。(2014/2/27)

日本アカデミー賞優秀賞発表! アニメ部門は「ヱヴァQ」「おおかみこども」など
作品賞には「のぼうの城」「桐島、部活やめるってよ」などが選ばれた。(2013/1/23)

モテ機 Vol.36:
ブームが一段落した今も「ノマド男子」はモテるのか? 女子の現実的な本音が炸裂!
何かと話題になる働き方「ノマド」。オフィスではなくカフェなどを渡り歩き、ひとつの場所にとどまらない自由な働き方に憧れる人も多いが、ぶっちゃけノマド男子ってモテるの?(2013/1/21)

映画ウラ事情:
「ヘルタースケルター」で完全燃焼!? 沢尻エリカの今後を関係者が大胆予想
7月14日公開の『ヘルタースケルター』がいろんな意味で話題だ。なかでも注目を集めているのが、やはり沢尻エリカだろう。(2012/7/18)

7月1日〜7月15日:
今売れている電子書籍は? ベストセラーランキング
大手電子書籍ストア「BookLive!」のランキングデータから今売れ筋の電子書籍作品を紹介します。今回は「少女マンガ」「雑学・エンタメ」「ミステリー」などのジャンルで売れ筋作品も紹介。(2012/7/17)

とぴトピ!:
わんとぴちゃん、モテ子を目指す(ONETOPIピックアップ1/7〜1/13分)
わんとぴちゃんと愉快な仲間が、今週ONETOPI(わんとぴ)でつぶやかれたえりすぐりのトピックをピックアップし、紹介してまいります。今年もよろしくお願いします。(2012/1/13)

ネット検索で危険なセレブの日本版、マカフィーが報告
マカフィーは、検索で悪質サイトに遭遇してしまう可能性の高い著名な日本人のランキングを発表した。(2009/10/26)

エヴァ実写化計画始動 綾波レイ役は誰?
エイプリルフールネタではなかった! エヴァンゲリオン実写化計画が始動。注目のキャスティングは……。(2009/4/2)

メル友になりたいタレント、トップは上地雄輔とベッキー
ネットエイジアが「タレントのケータイイメージランキング」と題した調査の結果を発表。ケータイが最も似合う男性タレントはトップが妻夫木聡で、2位は瑛太。女性タレントは仲間由紀恵がトップで2位に上戸彩がランクインするなど、キャリアのテレビCMに登場するタレントが目立つ。(2008/5/16)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
なぜ私は、にしおかすみこが好きなのだろうか?
なぜか「にしおかあ〜っ、すみこだよお〜」にひかれてしまった。SM女王の衣装をまとう“Sキャラ”、もう一方でひたむきにマラソンを走る“Mキャラ”、SとMを持ち合わせている魅力に加え、彼女はもう1つのキャラを持っていたのだ。(2008/4/24)

Google検索ランキング、「初音ミク」が著名人3位に
Googleの2007年国内キーワード検索ランキングで、エンタメ作品2位に「ひぐらしのなく頃に」、3位には「らき☆すた」が、著名人3位に「初音ミク」が入った。(2007/12/19)

Yahoo!検索年間ランキング、1位「mixi」・2位「YouTube」
Yahoo!JAPANの07年検索ランキングは、1位が昨年と変わらず「mixi」。2位には「2ちゃんねる」を抑えて「YouTube」が入った。「脳内メーカー」「ニコニコ動画」も上位にランクイン。(2007/11/30)

auの「W53S」にキー操作まわりの不具合、ソフト更新で対応
auのソニー・エリクソン・モバイル製端末「W53S」に不具合があることが分かった。コンテンツ利用時にキー操作ができなくなることがあるもので、KDDIはソフト更新で対応する。(2007/10/19)

ケータイが最も似合うタレントは──ケータイイメージランキング
ネットエイジアが、タレントのケータイイメージランキングを発表。ケータイが似合うタレントや、メル友になりたいタレント、ケータイを使いこなしていそうなタレントは誰か。(2007/10/18)

オルタナブログ通信:
利用者は受けては振り回される運命?――報道メディア、SNS、タクシー業界、それぞれの姿勢
何をどう報じるべきか――報道メディアが迷走している。そして、GREE、mixiなどといったネットコミュニティーも、ユーザビリティに悩んでいる。いったい、正解はどこにあるのだろうか? オルタナティブ・ブロガーは、ITの時事ネタを独自視点から発信する。(2007/10/12)

100以上のStyle-Upパネルを用意する「W53S」、新規価格は約1万円
auのソニー・エリクソン製端末「W53S」が発売された。都内量販店での新規価格は1万290円。W53Sは進化版ジョグダイヤルの「+JOG」を搭載し、100種類以上のStyle-Upパネルをオプションで用意している。(2007/10/5)

着せ替えパネルと進化版ジョグの「W53S」、10月4日から販売開始
KDDIは、ソニー・エリクソン製のWIN端末「W53S」を10月4日から順次発売する。着せ替え可能な背面パネル「Style-Upパネル」に対応し、ジョグダイヤルが進化した「+JOG」を搭載した。(2007/10/3)

「予想GUY」のこれまでとこれから
ソフトバンクのCMでおなじみの「予想GUY」。東京ゲームショウ2007のソフトバンクブースに登場するなど、テレビだけでなくイベントなどにも出演している。ところで、気になる“あの家族”はどうなってしまうのだろうか。(2007/9/27)

女教師、女子高生、ピエロからガングロ、丸ボウズまで──W53Sで「エリカ“100”変化」
100種類以上の着せ替えパネル「Style-Upパネル」と、復活した新ジョグダイヤル「+JOG」を採用するソニー・エリクソン製au端末「W53S」が近日発売。東京ミッドタウンなどでプロモーションキャンペーンが行われ、CMキャラクターの沢尻エリカさんも会場に駆けつけた。(2007/9/25)

2007年上半期 携帯販売ランキング:
2007年上半期、最も売れたケータイは? au編
ワンセグ、スリム&スクエア、携帯初心者向け、デザイン端末、そして女性向けなど、多種多様の端末を投入したau。その中で、2007年上半期に最も売れた端末は何か。2007年1月から6月の総合ランキングを紹介する。(2007/8/16)

沢尻エリカさん、ウォークマンケータイ「W52S」CMでカンフーを披露
沢尻エリカさんがソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズのウォークマンケータイ「W52S」のCMに出演する。発表会にはCMと同じチャイナドレスで登場し、カンフーの“キメ”ポーズを披露した。(2007/6/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。