ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「成分解析」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「成分解析」に関する情報が集まったページです。

医療機器ニュース:
呼気中の成分から肺がんを早期発見する検知器を開発
産業技術総合研究所無機機能材料研究部門の申ウソク研究グループ長らは、フィガロ技研と共同で、健康管理のための呼気ガス検知器を開発した。2017年の実用化を目指す。(2015/11/13)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

実装技術 シグナルインテグリティ:
高速シリアルの多レーン化がもたらすシグナルインテグリティの新たな課題
電子設計の世界では、マルチレーン高速バスの採用が一般化し、設計の複雑化と高速化が進行中だ。それによって、シグナルインテグリティに関わる新たな問題が生じている。そこで米国のEDN誌は、シグナルインテグリティの専門家を取材し、彼らの見解を仮想的なパネルディスカッションとして誌上に再構成した。なお、シグナルインテグリティには数多くの要因があるが、本稿ではクロストークとEMIに焦点を絞っている。(2013/2/27)

ねとらぼ:
iPhoneは「はてな」、恋愛は「アメブロ」 ブロガーの特性いろいろ
ポータルごとにブロガーの特性が違う――きざしの調査によると、「はてなダイアリー」には情報家電関連の記事を書くブロガーが、「アメブロ」には恋愛関連が多かった。(2009/6/26)

頭の中が丸分かり? 「脳内メーカー」が人気
名前を入力するだけで、あなたの「脳内図」を作成してくれる「脳内メーカー」が人気だ。(2007/6/28)

「また見つかった」「何が?」──そんな2006年だったかな
2006年は正月気分をさますニュース速報の一閃で幕が開いた。夢半ばで挫折した人がいる一方、ネットで懐かしい人や歌や番組に再会できたのは「あなた」のおかげ。私たちはどこかを目指して歩き始めた。(2006/12/27)

YouTubeとmixiの1年――今年最も読まれた記事は
2006年はYouTubeとmixiの年だった――ITmedia Newsの年間アクセス上位記事は、そんな印象を裏付ける結果だった。(2006/12/27)

News Weekly Access Top10(2006年4月2日−4月8日)
Web版も出た「成分解析」
ブログやmixiで大人気のWindowsアプリ「成分解析」にWeb版が登場し、人気が再燃している。アプリ版作者とは別人が作ったようだ。(2006/4/10)

LifeStyle Weekly Access Top10:
次世代DVD競争は「カテキン」と「ビタミン」の効能争い?
今週は東芝から発表されたHD DVDプレーヤー「HD-XA1」に話題が集中。先行を許した格好になる、ライバルのBlu-ray Discがどう出るのか気になるところだが、この競争、実は「カテキン」と「ビタミン」の競争だった?(2006/4/7)

アレの半分は何でできてる?――「成分解析」が人気
あの頭痛薬は半分が「やさしさ」でできている。それじゃぁ残り半分は……? そんな発想から生まれたフリーソフト「成分解析」が、ネット上で話題を集めている。あなたの名前も意外な成分でできてるかも!?(2006/4/3)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。