ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「仙魔道」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「仙魔道」に関する情報が集まったページです。

「仙魔道」サービス再開断念
(2009/8/3)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ゴールデンウィーク特集
大型連休イベントばっかり。(2009/5/1)

「仙魔道」SEN-MA REVOLUTION第4弾コラボテーマソング実装決定
(2009/4/23)

「仙魔道」オープンβテスト開始――記念キャンペーン&イベント開催
(2009/4/15)

「仙魔道」ゲームクライアント先行ダウンロード開始&オープンβテストアップデート情報公開
(2009/4/10)

「仙魔道」に日本オリジナルBGM実装決定
(2009/4/8)

ITmedia +D Gamesって書くと得をする? 「仙魔道」キャンペーン実施
(2009/4/3)

「仙魔道」ってどんなゲーム?
(2009/3/30)

2人のヒロインとリアルチャット――「仙魔道」
(2009/3/26)

TAIPEI Game Show2009番外編──ガマニアCEO Albert LIU氏インタビュー(後編)
前編に引き続き、Gamania Digital EntertainmentのCEO、Albert LIU氏へのインタビューをお届けします。新作タイトルについても紹介。(2009/3/19)

TAIPEI Game Show2009(番外編):
今後何を目指すのか──ガマニアCEO Albert LIU氏インタビュー(前編)
前後編の2回にわたり、2009年のTAIPEI GAME SHOWの様子をお伝えしたわけだが、今回ゲームショウとは別に台湾の大手ゲームパブリッシャGamania Digital EntertainmentのCEOインタビュー、および新作タイトルの話を聞いてきた。(2009/3/18)

オンラインゲーム最新イベント情報:
K号作戦決行?
いよいよ明日に迫ったホワイトデー。「K子のホワイトデー作戦」なるものが開催される。K子……? とても人ごととは思えない。(2009/3/13)

ITmedia +D Games枠で100名募集:
「仙魔道」クローズドβテスト募集開始
ガマニアデジタルエンターテインメントがこの春サービスを予定している運営する真・カスタマイズRPG「仙魔道」のクローズドβテストの募集を開始した。そこで、ITmedia +D Gamesでもテスターを募集する。(2009/3/6)

仙族と魔族の争いを描いた真・カスタマイズRPG「仙魔道」サービス決定
今春、ガマニアデジタルエンターテインメントから新作オンラインMMORPG「仙魔道」が登場する。(2009/1/9)

“来るべき時が来た”――躍進のこれからにしたいガマニア
東京ゲームショウに4年ぶりの出展を果たしたガマニアデジタルエンターテインメントの偉い人、アルバート氏と浅井氏にインタビュー。今年末からタイトルを大量投入するワケは極めて単純だった。(2006/10/6)

東京ゲームショウ2006:
2つのMMORPG新タイトルとカジュアルゲームを展示――ガマニアブース
ガマニアデジタルエンターテインメントのブースでは、既に正式サービスが始まっている「飛天online」。9月15日よりプレオープンβテスト中の「ホーリービースト online」など、同社お馴染みのタイトルと並んで、新規タイトルの試遊機が展示されていた。(2006/9/23)

ガマニア、「東京ゲームショウ2006」で初公開タイトルを含む7作品を出展
(2006/9/15)

「自社開発に力を入れていく」――ガマニア、オンラインゲーム新作タイトルを発表
3月17日、東京・青山で「ガマニア新作プレスカンファレンス 2006」が行われ、MMORPG「飛天online」を始めとする新タイトル5作品が発表された。(2006/3/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。