ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「せんとくん」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「せんとくん」に関する情報が集まったページです。

“せんとくん”イラスト入りのUSB充電器「コンせんとくん」
SACは、奈良県マスコットキャラクター「せんとくん」のイラストをあしらったUSB充電器を発売する。(2018/11/5)

せんとくん、8月からイラストライセンスが無償化 承認を受ければ無償で商用利用可能に
これまでの有償限定デザインも無償で使用可能に。(2018/6/14)

あばれる君がセミロングヘアーの美女に? 予想外のかわいさに絶賛の声
だ、誰だか分からん!(2015/11/2)

寝そべるとリニア新幹線にトランスフォーム ゆるキャラ「リニー君」が斬新すぎるとTwitterを爆走中
奈良市非公認ゆるキャラ・リニー君。誕生経緯もゆるゆるでした。(2015/8/26)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

企業や商品のPRキャラクター、ブランド力1位は「お父さん犬」
RJCリサーチは「第2回PRキャラクターブランド調査」の結果を発表、トップは前年に続いてソフトバンクの「お父さん犬」だった。地域をPRするキャラクターでは、東京スカイツリー関連キャラクターの躍進が目立った。(2012/6/5)

ねとらぼ:
ウザかわいい! 長万部のキャラ「まんべくん」がつぶやきすぎな件
北海道・長万部町のゆるキャラ「まんべくん」が、Twitterでブイブイ言わせている。「李選手のボレーシュートまんべくんならもっと美しく決めてた」など、ゆるキャラらしからぬ偉そうなつぶやきが個性的だ。(2011/1/31)

静岡のお茶の間で大人気、名物キャラクター「パンパカパンツ」
今、マーケティング的視点で全国を見渡すと、静岡県が面白いのである。それは、なぜか……? 知る人ぞ知る「パンパカパンツ」発祥の地であるからである。今、マーケティングを語る人間が、この静岡で起こっている現象を知らなければ、顔を洗って出直してこいである。(2010/3/29)

「BIGLOBEプロフィール」にご当地キャラ集合 「せんとくん」など
「BIGLOBEプロフィール」で、奈良の「せんとくん」や、東京タワーの「のっぽん」などご当地キャラのプロフィールを集めた「ご当地キャラ名鑑」がスタート。(2009/10/15)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
パンダキャラ、ゆるキャラが人気の理由
企業や地方自治体が展開する、パンダキャラやゆるキャラに癒やされる日本人。しかし、なぜ私たちはそうしたほほえましいキャラクターに癒やされるのだろうか? その理由を考えてみた。(2009/6/25)

自分の流儀
人はさまざまな理由で色を塗りたくなるものです。(2009/4/28)

ねとらぼ:
ねとらぼが1周年だった 年間アクセストップ100
おかげさまでねとらぼが先週、1周年を迎えていました。アクセスの多かった記事を中心に、この1年を振り返ります。記事の最後に年間アクセストップ100の一覧表あり。(2009/4/24)

日々是遊戯:
なんだかんだで愛されてる「せんとくん」、今度はゲームで大暴れ
発表以来なにかと物議をかもしつつも、最近では普通に人気者になりつつある「せんとくん」。そんなせんとくんが、とうとうゲームになった模様です。(2009/4/21)

今年はなんだか地味でした 08年ITmediaNews記事ランキング
ITmedia Newsのアクセスランキングトップ100とともに、なんとも地味だったこの1年を振り返ります。(2008/12/26)

ねとらぼ:
あんなところに萌えキャラ こんなところにひろゆき氏――「ねとらぼ」総決算
ITちゃんアイコンでおなじみの「ねとらぼ」コーナーから今年の人気記事ベスト50を紹介するポ!(2008/12/26)

今年の流行語大賞は何になる? ノミネート60語が発表に
世相をうまく反映し、強いインパクトを残した言葉に贈られる「流行語大賞」。ノミネートされた60候補が発表になったが、12月の発表を待たずに前評判が高いのは「サブプライム」と福田首相の“あの言葉”のよう。(2008/11/11)

ねとらぼ:
せんとくんが「ゆっくりしていってね!」 奈良県のサイトで
奈良県の公式サイトに、「せんとくん」が「ゆっくりしていってね!」と言っているページがある。元ネタはもしや……奈良県に真相を聞いてみた。(2008/10/30)

それゆけ!カナモリさん:
ホワイト家の「お父さん」&せんとくんに学ぶ“マーケティングのキモ”とは?
消費者がある商品を知って購入に至るまでの経緯を「AIDMA」と呼ぶ。Aだけではダメだということが、白戸家の“おとうさん”を見るとよく分かる。そして“差別化”の大切さを教えてくれるのが、平城遷都1300年祭のマスコット「せんとくん」。なぜ「まんとくん」はせんとくんに勝てないのだろうか?(2008/6/25)

「せんとくん」「まんとくん」も、2次創作されている
「せんとくん」の対抗馬が「まんとくん」に決まった先週。ネット上には、せんとくんやまんとくんの絵がたくさん公開されている。(2008/6/9)

「せんとくん」対抗キャラは「まんとくん」
「せんとくん」に対抗する新キャラが「まんとくん」に決定。マントをはおってさっそうと登場する、という。(2008/6/2)

「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」はオリコンベスト10入りの夢を果たせるか
先週発売された「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」のシングルは洋楽シングルのオリコントップ10入りを狙っている。実現すればボンジョビの「Have A Nice Day」以来2年8カ月ぶりとなるが……(2008/5/26)

ねとらぼ:
「せんとくん」対抗キャラ、ネットで投票受け付け中
「せんとくん」に対抗するキャラ候補30点の中から最もふさわしいキャラを決めるためのWeb投票が始まった。(2008/5/19)

“急上昇”した検索ワード、グーグルが世界初公開
直近20分以内に検索数が増えた検索キーワードを一覧表示するiGoogle用ガジェット「Google 急上昇ワード」が公開になった。「今、何が話題になっているかが分かるガジェットだ」とグーグル。(2008/4/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。