ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AQUOSケータイ SH906iTV」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AQUOSケータイ SH906iTV」に関する情報が集まったページです。

PR:第3回 ワイドメニュー、“ながら見”ワンセグ、横フルブラウザ──「AQUOSケータイ SH906iTV」の横UI
美しく鮮やかな映像と臨場感あふれる音声に加えて、AQUOSケータイ SH906iTVには「サイクロイドスタイル」という大きな魅力がある。今回はこの横画面を生かしたSH906iTVならではの操作性に迫る。(2008/7/14)

ドコモの「SH906iTV」「SH906i」「SH705i」に不具合――ソフト更新で対応
ドコモのシャープ製端末「SH906iTV」「SH906i」「SH705i」に不具合があることが分かった。ドコモは7月8日から、オンライン経由で改修済みソフトの配信を開始した。(2008/7/8)

PR:第2回 「AQUOSケータイ SH906iTV」に世界初搭載──バーチャル5.1chドルビーモバイル
AQUOSケータイ SH906iTVは、携帯電話としては世界で初めて「バーチャル5.1chドルビーモバイル」を搭載した。最高の映像を映す液晶と最高の音を再生する音響技術──。SH906iTVは音にも妥協がない。(2008/7/7)

PR:第1回 3.3インチディスプレイがもたらす迫力──“モバイルシアター”「AQUOSケータイ SH906iTV」
AQUOSケータイ最大級の3.3インチディスプレイを搭載した「AQUOSケータイ SH906iTV」は、画像や映像を美しく表示できるのはもちろん、そのディスプレイの大きさを生かす、見やすさや使いやすさに配慮した機能も備えている。(2008/6/30)

「AQUOSケータイ SH906iTV」発売──ベーシック4万円半ば、バリュー分割2345円/月から
3.3インチの大型ディスプレイを搭載する「AQUOSケータイ SH906iTV」が発売。価格はバリューコースの新規契約で頭金3150円、24回分割で2345円/月から。(2008/6/20)

「AQUOSケータイ SH906iTV」、6月20日発売
ドコモはシャープ製「AQUOSケータイ SH906iTV」を6月20日に発売する。サイクロイドスタイルと3.3インチの大型液晶、ワンセグ映像のフレーム補間技術や擬似5.1chのドルビーサラウンド機能などを搭載する。(2008/6/17)

「824P」「SH906iTV」など、今回も夏モデル3機種がJATE通過
ソフトバンクモバイル向け新機種と思われる「824P」、先日発表されたドコモ向けの「SH906iTV」「L706ie」などがJATEを通過した。(2008/6/2)

タッチパネルやバーチャル5.1chドルビーモバイルなどが体験できる──シャープの906デビューイベント
シャープが、発表されたばかりの最新ケータイ「SH906i」と「AQUOSケータイ SH906iTV」を手にとって触れることができるイベントを開催した。(2008/6/1)

写真と動画で解説する「AQUOSケータイ SH906iTV」(ソフトウェア編)
3.3インチの大型ディスプレイとフレーム補間技術、バーチャル 5.1ch対応ドルビーモバイルにより高画質・高音質へのこだわりを追求した「AQUOSケータイ SH906iTV」。ハイエンドのエンタテインメント機能、横向きスタイル用メニューや新操作デバイスとともに、使い勝手や“あんしん”機能も強化されている。(2008/6/1)

「SH906i」「AQUOSケータイ SH906iTV」のデビューイベント、5月31日と6月1日に開催
シャープは5月31日と6月1日、渋谷のスペイン坂広場で「SH906i」と「AQUOSケータイ SH906iTV」のデビューイベントを開催する。タッチパネルや光TOUCH CRUISER、バーチャル5.1chドルビーモバイルなどが体験できる。(2008/5/28)

写真で解説する「AQUOSケータイ SH906iTV」
ドコモの3代目AQUOSケータイ「SH906iTV」は、3.3インチの大型ディスプレイとバーチャル 5.1ch対応ドルビーモバイルにより高画質にシアター感覚で映像コンテンツを楽しめるハイエンド端末に仕上げた。やや落ち着いたカラーとデザイン、使いやすさを工夫した機能も盛り込み“違いの分かるオトナ”なユーザーにも訴求する。(2008/5/28)

3代目はバーチャル5.1ch対応ドルビーモバイル搭載──「AQUOSケータイ SH906iTV」
見やすく美しい画面と高音質なサウンドでワンセグや音楽が楽しめるサイクロイドスタイルのAQUOSケータイがさらに進化。バーチャル5.1ch対応のドルビーモバイルや映像の補完技術、トリプルくっきりトーク&スロートークなどの新機能を搭載する。(2008/5/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。