ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SLAM(Simultaneous Localization And Mapping)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SLAM(Simultaneous Localization And Mapping)」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

CIM:
精度5cmのSLAM技術を用いたTerra Droneのハンディ型3Dスキャナー 平面図作成やICT測量に活用
Terra Droneは、精度5センチのSLAM技術を用いたハンディ型3Dスキャナー「Terra SLAM RTK」を発売した。既存の測量手法を組み合わせることで、測量平面図の作成やICT起工/出来形の測量に活用できる。(2024/5/27)

Archi Future 2023:
情報学の視点から建築を再構成する「建築情報学」の新しい地平 次世代設計者を育成するアカデミズム最前線
建築情報学とは、情報技術の発達と浸透による根源的な影響を踏まえ、「建築」という概念を情報学的視点から再構成することを目指す新たな建築領域の学問。コロナ禍の2021年度に学会を設立し、次世代の設計者を育成する「そだてる」、学術論文の査読と公表などの「ふかめる」、学会内外との交流を図る「つなげる」の3本柱で展開している。(2024/3/19)

人工知能ニュース:
ルネサスがエッジAIで処理性能130TOPSを達成、高い電力効率でファンレス動作も
ルネサス エレクトロニクスは「ISSCC 2024」において、新たなAIアクセラレータやCPUなど各種IPとの協調動作によりリアルタイム処理を実現するヘテロジニアスアーキテクチャ技術を開発したと発表した。AI処理性能で130TOPSを実現し、電力効率でも世界トップレベルとなる23.9TOPS/Wを達成したという。(2024/2/22)

AGVによる製薬工場の搬送自動化:
PR:夜間の自動搬送で負担激減 “三人四脚”で製薬工場にAGVを導入
品質管理基準が一段と厳しい製薬工場へのAGV導入はこれまで難しいとされてきた。その中で夜間の自動搬送を実現し、作業効率を向上させたのがダイトだ。三菱電機システムサービス、三菱電機ビルソリューションズと共同で挑んだ先進的な事例の内容と製薬工場ならではの導入ポイントを紹介する。(2024/2/19)

ドローン:
Skydioの新型ドローン「X10」はNVIDIAの最新チップ搭載でエッジAI性能が10倍に
Skydioが新型ドローン「Skydio X10」を披露。NVIDIAの最新の組み込みAIチップ「Jetson Orin SoC」を搭載することでエッジAIの処理性能を10倍以上に高めて障害物検知機能を強化した他、オプション追加で機能拡張する構成によりベースとなる標準機体の価格上昇を抑えた。(2023/12/14)

ROSの進化とデジタルツインの可能性(前編):
進化を止めないROSは「ROS 2」への移行を加速、デジタルツイン対応も進む
ロボットプラットフォームとして知られる「ROS」の需要が高まり続けている。本稿では前後編に分けて、ROSの進化とデジタルツインの可能性について考察する。前編では、ROSの最新動向とデジタルツインへの対応状況について紹介する。(2023/12/13)

ドローン:
屋内ドローン自律飛行を可能にする「BIM×Drone」専用機体を開発、アクティオら3社
アクティオは、竹中工務店やセンシンロボティクスとともに開発してきた、ドローンの屋内自律飛行システム「BIM×Drone」の専用機体を使用した技術検証サービスをスタートさせた。(2023/11/21)

障害物を避けながら進むだけ:
安い、早い、簡単! 地図がいらない自律走行ロボット
ロームは「CEATEC 2023」(2023年10月17日〜20日、幕張メッセ)にて、地図を使わずに目的地に向かう自律走行ロボット技術「NoMaDbot」を展示した。従来の自律走行ロボットと比較して低コストかつ短期間での導入が可能だという。(2023/10/27)

スマートコンストラクション:
西松建設の山岳トンネル工事で、計測用装置の自動運転を実現
西松建設とアラヤは、センサーやカメラ画像を基に、自己位置推定とマップを同時に作成するSLAM技術を活用して、山岳トンネル工事で計測用装置「Tunnel RemOS-Meas.」の自動運転を実現した。(2023/10/11)

国際物流総合展2023:
無人物流を目指して開発中の自動フォークリフト、AIで車体に表情も?
三菱重工と三菱ロジスネクストは、「国際物流総合展2023 第3回 INNOVATION EXPO」において、三菱重工の自律化/知能化ソリューションを単体製品として搭載することを目指して開発中の新型AGF「AGF-X」と「DECCO」のデモンストレーションを行った。(2023/9/19)

協働ロボット:
自ら移動と充電を行う双腕型協働ロボット、SMC/THK/HDSが合同展示会で連携デモ
SMC、THK、ハーモニック・ドライブ・システムズは「第2回 3社合同メカトロニクスショー」を開催し、3社連携デモンストレーションとして移動型人協働双腕ロボットを披露した。(2023/9/6)

“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト(20):
土木工学の新たな扉を開ける“デジタルツイン” 最新研究にみる「ミラーワールド」の可能性【土木×AI第20回】
連載第20回は、“デジタルツイン”にフォーカスして、土木工学の分野でどのような活用が検討されているのか、最新事例を交えながら解説していきます。(2023/8/31)

MF-TOKYO 2023:
板金加工のアマダが自律型搬送ロボット開発、機械と連携し工場内の全工程自動化
アマダは鍛圧機械の国際展示会「MF-TOKYO 2023 第7回プレス・板金・フォーミング展」において、自社開発の自律型搬送ロボット「AMTES 500」を参考出展した。発売は2024年を予定している。(2023/7/14)

日本ものづくりワールド 2023:
既存モジュール製品を活用した移載ロボ、サインポストで簡単経路設定の搬送ロボも
THKは「日本ものづくりワールド 2023」で同社製アクチュエーターを組み合わせて構成したコンテナ移載ロボットや自動搬送ロボットなど、物流の自動化をテーマにしたデモンストレーションを披露した。(2023/7/5)

日本ものづくりワールド 2023:
「製造業で使えるSLAM」を提供、データ処理の重さを軽減したスタートアップの技術
Kudanは「日本ものづくりワールド 2023」に出展し、SLAM技術を活用した製造業向けのソリューションを提案した。SLAMを軸に、AMRに搭載する自律走行ソリューションや、設備や資産を屋内外でシームレスに位置検知できるソリューションなどを展示した。(2023/6/28)

英国医療機関の5G事例【後編】
精神医療機関が「5G」と「IoT」で進める“画期的な施策”とは
英国の精神医療機関は「プライベート5G」を導入し、実証実験を通じて病院の運営効率化に役立つシステムを共同開発した。病院職員の業務改善につながる5Gの活用法はどのようなものか。(2023/6/8)

英国医療機関の5G事例【中編】
無線LANではなく「5G」を使う医療機関は病院をどう変えるのか
英国の精神医療機関が傘下病院にプライベート5Gを導入し、「スマート医薬品保管庫」や「e-observation」などの用途で実証実験を実施している。これらのシステムは医療の質をどう変えるのか。(2023/6/2)

「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」が興収100億円突破 洋画アニメ作品史上最速
100億の兄弟……!(2023/5/29)

英国医療機関の5G事例【前編】
「プライベート5G」活用に踏み込んだ精神医療機関 その狙いとは?
英国の精神医療機関サウスロンドン&モーズリーNHS基金トラストが、傘下病院に「プライベート5G」を導入し、デジタルヘルス用途の実証実験をしている。その具体的な用途とは。(2023/5/26)

壁際も掃かずに吸い込むロボット掃除機、ダイソンから 「ホコリを舞い上げない」
ダイソンは23日、「Dyson 360 Vis Navロボット掃除機」を発表した。壁を検知すると本体の側面から小さな「エッジノズル」が出てくる。(2023/5/23)

ドローン:
Skydio、大林組の建設現場でドローンによる自動巡回/記録の検証実施
米国ドローンメーカーSkydioは、建設現場の自動巡回、進捗記録を実現する「Skydio Dock and Remote Ops.」が、大林組の建設現場で実証実験が実施されたことを発表した。(2023/3/20)

人工知能ニュース:
物流施設向け自律移動ロボット、床面マーキングなしで自動搬送可能に
LeapMindのディープラーニングモデルが、オカムラの自律移動ロボット「ORV(Okamura Robot Vehicle)」に採用された。ORVはかご車を自動認識してつかみ上げ、目的地まで搬送する。かご車の改造や床面のマーキングがなくとも搬送できる。(2023/2/9)

AMRによる搬送自動化:
PR:サントリー 京都工場で進む搬送の自動化、缶ラインの作業効率を30%改善
労働力不足が深刻化する中、製造現場ではスマート化による自動化領域の拡大に大きな関心が集まっている。その中で、搬送工程の自動化を進め、作業効率を30%向上させたのがサントリー 京都ビール工場で2022年に新しく稼働した缶の製造ラインだ。同ラインでの搬送自動化の取り組み内容について紹介する。(2023/3/31)

ロボット開発ニュース:
PFN子会社が家庭用ロボットを開発、家具の自律移動で住空間はより直感的に
Preferred Networks(PFN)の子会社で自律移動ロボットを手掛けるPreferred Roboticsは、人の指示通りに動く家具「スマートファニチャー」を目指して開発した家庭用自律移動ロボット「カチャカ」を発表した。(2023/2/2)

産業動向:
ARグラスの開発とVisual SLAMの技術を有するCellidへ東急建設が出資、オープンイノベーションで建設DXを加速
東急建設は、AR関連技術を製造・販売するCellidに出資した。背景には、Cellidの持つARグラスのハードウェア技術とVisual SLAMのソフトウェア技術に、東急建設のBIM/CIMといった建設デジタル技術を融合させることで、建設DXを加速させ、新たなソリューションを共同開発することも見据えている。(2022/12/29)

ドローン:
“AI自律飛行”で建設特化のSkydio製ドローンは何が革新的なのか?センシンロボティクスとの実証から探る
AIによる自律飛行で、建設ドローンの可能性を広げているSkydio――。Skydioのドローンは、従来のマニュアル操作の機体と異なり、人の技量に頼らず、非GPS環境下で自律飛行して3Dモデルを作成できるため、ドローン業務の工程全体が効率化される。(2022/10/14)

第4回 建設・測量生産性向上展:
東大 永谷氏が語る建機自動化で「できていること・期待されること」、標準プラットフォームの重要性
ここ10年ほど、日本の建設業では就業者数が伸びていない。就業者の年齢構成も高齢化が進んでいる。また、生産性も全産業に比べて低いという実態がある。建設DXのなかでも、建設機械の自動化は、このような状況を変えるためには必要とされている。建機の自動化によって生産性が目に見える形で上がれば、建設業の魅力も高まり、若い就業者が増加するという好循環が期待できる。(2022/9/27)

ラピュタロボティクスがデモ:
人と協働してピッキングの効率化を図るロボット
ラピュタロボティクスは「第15回 国際物流総合展」(2022年9月13〜16日、東京ビッグサイト)で、倉庫のピッキング作業を効率化するピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR」のデモと、新製品の「ラピュタPA-AMR XL」を披露した。(2022/9/14)

スマート工場最前線:
エレベーターでAMRが移動、自動化で1日当たり47kmの搬送を削減したOKI鶴岡工場
自動化が進む工場内作業において、いまだに人手で行われることが多く“取り残された領域”となっているのが搬送作業である。この工程間搬送の自動化を推進しているのが、高性能のプリント配線板の設計/製造を行っているOKIサーキットテクノロジー(以下、OTC)の鶴岡事業所である。同事業所での取り組みを紹介する。(2022/9/8)

Japan Drone2022:
球体ドローン「ELIOS 3」と「リアルタイム映像伝送/統合管理ソリューション」に込めたブルーイノベーションの戦略、熊田社長に聞く
Japan Drone2022の会期中、ブルーイノベーションによる球体ドローン「ELIOS」の新機体発表と、セーフィーと共創する新サービス「リアルタイム映像伝送/統合管理ソリューション」のデモからは、人的リソースにフォーカスしたサービスでインフラを整備し、社会課題解決を目指す次の一手がうかがえた。(2022/8/25)

建設現場を“可視化”する「センサー技術」の進化と建設テックへの道のり(4):
【最終回】画像認識技術の応用が建設現場を進化させる!
本連載では、日立ソリューションズの建設ICTエバンジェリストが、建設業界でのセンサー技術の可能性について、各回で技術テーマを設定して、建設テック(ConTech)実現までの道のりを分かりやすく解説していきます。最終回の第4回は、画像データを活用した画像認識技術とセンサー技術について、建設業界での活用例も交えて紹介します。(2022/4/30)

AI・データサイエンスで遊ぼう:
自作できる小型ロボット「犬」に物体追跡AIを搭載してみよう
身近な現実問題にAIやデータサイエンスの適用を試してみる新連載。今回は「ミニぷぱ」というラズパイベースの小型ロボット犬を製作し、OAK-D-LITEカメラを搭載することで物体検知して自動的に目で追うようにしてみる。(2022/4/27)

建設現場を“可視化”する「センサー技術」の進化と建設テックへの道のり(3):
【第3回】RTK-GNSSが苦手な「屋内」の建設現場で有効な2種類の測位技術
本連載では、日立ソリューションズの建設ICTエバンジェリストが、建設業界でのセンサー技術の可能性について、各回で技術テーマを設定して、建設テック(ConTech)実現までの道のりを分かりやすく解説していきます。第3回は、RTK-GNSSが苦手とする「屋内」の建設現場で有効な測位技術について用途も交えて紹介します。(2022/3/7)

3Dスキャナーニュース:
歩きながら周囲の3Dデータを取得できるハンディレーザースキャナー
ライカジオシステムズは、歩きながら周囲の3Dデータを取得できるハンディレーザースキャナー「Leica BLK2GO」を発表した。軽量かつコンパクトなデザインで、初心者から上級者まで、効率的に3次元点群と画像を収集できる。(2022/2/16)

製造業IoT:
5Gが真価を発揮する2022年、スタートアップ4社が東京でイノベーションを街中実装
サムライインキュベートが、東京都の「5G技術活用型開発等促進事業」に基づいて5Gによるイノベーションの街中実装や事業化を推進するアクセラレータープログラム「GO BEYOND DIMENSIONS TOKYO」の第1期採択スタートアップ企業4社を発表。2022年4〜7月にかけて大手企業や大学などの街中実装パートナーとの実証を進める。(2022/2/4)

スマート工場最前線:
FA難民を救え! サイバーとフィジカルだけじゃないヤマ発のスマート工場【後編】
二輪車大手のヤマハ発動機は、実際にモノづくりを行う現場の人々にとって実利の得られる形で工場をスマート化する取り組みを進めている。前編に続き後編では、同社がスマート工場に向けて開発を進めている4つのキーテクノロジー「自働搬送」「自働検査」「自働作業」「状態監視+トレサビ」について紹介する。(2022/1/25)

“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト(8):
土木分野でのドローンの有用性と、利点をより引き出す“自律飛行技術”【土木×AI第8回】
連載第8回は、ドローンを土木分野で適用することの利点と、無人飛行であることの有用性をより引き出せる「自律飛行技術」について解説します。(2021/12/28)

ロボット開発ニュース:
PFNが自律移動ロボット子会社のPFRoboticsを設立、アマノから20億円を調達
Preferred Networks(PFN)は、自律移動ロボットの研究、開発、製造、販売を行う子会社「株式会社Preferred Robotics」(以下、PFRobotics)を会社分割で設立した。PFRoboticsは、第三者割当増資によりアマノから20億円の資金を調達する予定で、今後はPFRoboticsとアマノで次世代型業務用清掃ロボットの開発を進める方針だ。(2021/11/29)

組み込み開発 インタビュー:
ロボット分野に注力するパナソニック子会社、AGVや自動ピッキングの開発を容易に
パナソニックの組み込みソフトウェア設計子会社であるパナソニック アドバンストテクノロジー(PAD)がロボット分野向けの事業展開に注力している。2021年9月にはオンライン開催の展示会「ロボデックス」に単独で出展し、自律移動ロボット向けコントローラーパッケージや、機能安全に対応する無線非常停止パッケージなどを披露した。(2021/11/8)

ロボット開発ニュース:
NVIDIAが「Isaac ROS」を発表、ROSロボットへのAI認識機能の実装を容易に
NVIDIAは、オープンソースソフトウェアのロボット開発プラットフォーム「ROS」の開発者向けに、同社のロボット開発プラットフォーム「NVIDIA Isaac」と連携することでAI(人工知能)による認識機能を容易に実装できるようにする「NVIDIA Isaac ROS」を発表した。(2021/10/25)

スマート工場最前線:
AGV+協働ロボットでツール搬送を自動化、デジタル人作業支援も行うDMG森精機
DMG森精機は2021年9月30日、伊賀事業所 メディアデーを開催し、同社伊賀事業所での先進の生産技術活用について説明した。本稿では、移動型ロボットを活用したツール管理の取り組みと、システムによる人の作業支援についての取り組みを紹介する。(2021/10/12)

BIM:
BIMを用いたドローン用屋内外自律飛行システム、竹中工務店らが実験で有効性を確認
竹中工務店は、カナモトとアクティオとともに、センシンロボティクス製プラットフォーム「SENSYN CORE」とBIMを活用し、ドローンの「屋内外自律飛行システム」を構築して、実証実験で有効性を確認した。今後は、屋内外自律飛行システムの試験運用を重ね、BIMの活用範囲を拡大し、利便性向上を図れる機能の開発を進める。加えて、開発中の建設ロボットプラットフォームを使い、ドローンとロボットの連携も推進する。(2021/9/22)

ロボットイベントレポート:
コロナ禍がサービスロボットの追い風に!?「関西ロボットワールド2021」レポート
サービスロボットや産業用ロボットの開発・導入を促進する専門技術展「関西ロボットワールド2021」がインテックス大阪で開催された。コロナ禍により出展社数も来場者数も従来に比べて少なかったものの、複数のブースで「コロナ禍が、サービスロボットの追い風になっている側面もある」という声があった。(2021/9/21)

モノづくり最前線レポート:
自動運転技術の実用化に何が必要なのか、絵に描いた餅で終わらせないために
Skyのオンラインイベント「Sky Technology Fair Virtual 2021」のスペシャルライブ企画に金沢大学 高度モビリティ研究所 教授の菅沼直樹氏が登壇。「自動運転技術の確立に向けて〜自動運転に必要な技術と金沢大学の取り組みについて〜」をテーマに講演を行った。(2021/9/3)

i-Construction:
GPSの位置情報が届かない坑内で無人建機を自動運転する技術を開発、大成建設
大成建設は、SLAMを活用した位置情報取得技術「T-iDraw Map」を開発し、国交省国土技術政策総合研究所に設置された実大トンネル実験施設と国内の道路トンネル建設現場で、T-iDraw Mapを用いて建設機械の自動運転に関する実証を行った。実証の結果、GPSなどの位置情報を取得することが難しいトンネル坑内でも、無人建設機械の自動運転が実現した。(2021/7/21)

物流のスマート化:
ZMPが3種の走行方式を複合化した「Hybrid SLAM」対応AGVを量産化
ZMPは2021年7月15日、複合的な走行方式機能「Hybrid SLAM」に対応した物流支援ロボット「CarriRo」の量産版モデル受注を開始したことを発表した。(2021/7/20)

いまさら聞けないスマートファクトリー(9):
“柔軟に変化する生産ライン”のカギであるAGV、その価値と課題
成果が出ないスマートファクトリーの課題を掘り下げ、より多くの製造業が成果を得られるようにするために、考え方を整理し分かりやすく紹介する本連載。前回から製造現場でつまずくポイントとその対策についてお伝えしていますが、第9回では、マスカスタマイゼーション実現のカギとみられる無人搬送車(AGV、AMR)について取り上げます。(2021/6/17)

BIM/CIM:
BIM/CIM双方向連動自動巡回ロボットシステム「i-Con Walker」を開発
イクシスは、BIM/CIM上で自動巡回ロボットの行動計画を設計し、かつ自動巡回ロボットが現場環境から取得した情報をBIM/CIMに反映する「BIM/CIM双方向連動自動巡回ロボットシステム」を開発した。(2021/6/7)

無人搬送車:
ASPINAが自律走行搬送ロボットに参入、小回りの利く100kg可搬モデルを試験販売
ASPINA(シナノケンシ)は2021年6月2日、製造現場向けに搬送省人化をサポートする自律走行搬送ロボット(AMR)に参入することを発表した。(2021/6/3)

ラズパイで製造業のお手軽IoT活用(8):
ラズパイでAGVを制御する(その1)
小型ボードコンピュータ「Raspberry Pi(ラズパイ)」を使って、低コストかつ現場レベルでIoT(モノのインターネット)を活用する手法について解説する本連載。第8回では、工場などで用いられるAGVの制御にラズパイを活用する目的について解説する。(2021/5/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。