ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「夏至」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「夏至」に関する情報が集まったページです。

春分と秋分は祝日なのに、夏至と冬至は祝日にならない理由
夏と冬がかわいそう……。(2019/4/14)

クリスマスイブの22時ごろは心筋梗塞が起きやすい!? 英医学誌のクリスマス論文特集が興味深い
ほかにも、「クリスマス休暇中の体重増加を防ぐには?」「生物医学文献で絵文字を使用すべきか?」など、ユニークな切り口の論文が多数掲載されています。(2018/12/13)

小学生がこれを解く!? 有名中学の入試問題「地球の円周を求めなさい」
日本の未来は明るいと思う。(2018/7/7)

司書メイドの同人誌レビューノート:
消防士の日常を描いたほんわか四コマ “中の人”目線の同人誌に思わず萌える
厳しい訓練をくすっとくる笑いに。(2018/6/24)

情報化施工:
年間を通じた時刻別熱負荷を高精度に予測、大林組が開発
大林組は、ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)の達成や環境共生建築の実現に必要な省エネルギー手法に関して、導入効果をより正確に予測する熱負荷シミュレーションシステムを開発した。(2017/6/7)

中国の「犬肉祭」に規制 動物保護団体など国内外から批判受け犬肉販売が禁止に
規制は一時的なものですが、動物保護団体は永久禁止を目指し活動を続けるとのこと。(2017/5/19)

リアル「水曜どうでしょう」かな? 7泊8日で北海道の海岸線を1周するバスの旅がハードすぎる予感
総走行距離は2519キロ。(2017/4/4)

研究開発のダークサイド(9):
近代科学の創始者たちに、研究不正の疑いあり(天動説の「再発見と崩壊の始まり」編)
プトレマイオスの「数学集成(アルマゲスト)」を「再発見」することに大きく貢献したレギオモンタヌスは、「再発見」以降に同書を最初に批判した学者でもあった。「数学集成(アルマゲスト)」の欠点に気付いたレギオモンタヌスは、新しい天文学理論の構築に取り掛かる。しかし、レギオモンタヌスが早逝したことにより、その試みは、ついえる。後を引き継いだのが、地動説への一大転換を果たすことになるコペルニクスであった。(2017/3/28)

研究開発のダークサイド(7):
近代科学の創始者たちに、研究不正の疑いあり(天動説編)
研究不正の疑惑は、近代科学だけでなく、さらに時代をさかのぼった古代にも存在する。「数学集成(アルマゲスト)」をまとめ上げた、古代ローマ帝国の天文学者クラウディウス・プトレマイオスには、データを捏造したのではないかという疑惑がある。その“ダークサイド”を解説しよう。(2017/3/15)

ひと晩寝かせたカレーで食中毒!? 加熱しても死なないウェルシュ菌とは
「2日目カレー」は危険という話。(2016/6/22)

今夜の満月は「ストロベリームーン」 ロマンチックな赤く染まった満月が見られます
イチゴ色の月。(2016/6/20)

2015年の「入梅」は6月11日 「梅雨入り」との違いは?
暦の上では今年の「入梅」は6月11日だそう。「梅雨入り」との違いはあるのでしょうか。(2015/6/11)

東京上空で星を眺める 六本木ヒルズ展望台に「星空カフェ」オープン
ロマンティック。(2014/5/17)

「走れメロス」は走っていなかった!? 中学生が「メロスの全力を検証」した結果が見事に徒歩
検証した村田少年「メロスはまったく全力で走っていないことが分かった」。(2014/2/6)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/10/28)

プラネタリウムのよう 部屋に星空できるランプ「Starry Light Lamps」
なんてロマンチック。(2013/7/14)

PR:旅行ではもっと役立つ! NAVITIMEとカーナビタイムを使い倒す1泊2日
日常の移動をサポートする「NAVITIME」や「カーナビタイム for Smartphone」は、実は旅行に活用するとものすごく役に立つ。“トータルナビ”が売りのナビタイムジャパンのサービスを、旅行で使うとどうなるか。ジャーナリストの神尾寿氏のアドバイスも挟みながら、実際に検証してもらった。(2013/7/1)

突然のアカウントBANを防ぐ その便利さの裏にある危険「Google+」の設定を確認すべし
Google+のインスタントアップロード機能を有効にしていると、勝手に写真がアップロードされる。(2013/6/25)

誠 Weekly Access Top10(2011年9月10日〜9月16日):
なぜ「秋の日はつるべ落とし」なのか
台風が通り過ぎ、昼と夜の時間が等しくなる秋分の日を迎える。ところで、日中時間は日々同じような幅で変動すると思ってはいないだろうか。実は春・秋は夏・冬に比べて日中時間の変動幅が3倍ほど大きくなっているのである。(2011/9/22)

とぴトピ!:
わんとぴちゃんAnonymousに心奪われるの巻(6/18〜6/24)
わんとぴちゃんと愉快な仲間が、今週OneTopi(わんとぴ)でつぶやかれたえりすぐりのトピックをピックアップし、紹介してまいります。ただいまキュレーター募集中。(2011/6/24)

Googleロゴが夏至バージョンに 村上隆さんが手がける
夏至を記念したGoogleロゴが、村上隆さんの“カイカイキキ”仕様に。めっちゃかわいい!(2011/6/21)

6月22日は「マカロンデー」、限定商品に注目!
ピエール・エルメ・パリとルレ・デセール日本メンバーが中心となり、6月22日を「マカロンデー」と制定し、限定商品などを販売する。(2011/6/21)

夏至と七夕の2日間、首都高5大橋がライトダウン
(2010/6/21)

オンラインゲームイベント情報:
夏至を迎える「契り」の季節です
6月といえばジューンブライド。ということで、カップルオンラインゲーマーに向けたイベントが続々開催中です。(2010/6/8)

「夢ではない」実現可能性が増す宇宙太陽光発電──宙博の講演と展示から【前編】
宙博2009において、将来のエネルギー問題解決の選択肢の1つとして講演や展示が行われていたのが、衛星軌道に巨大な太陽光発電システムを打ち上げるという「宇宙太陽光発電(SSPS)」だ。そのコンセプトや現状について前後編で紹介する。(2009/12/15)

勝手に連載!「海で使うIT」:
Atom搭載TOUGHBOOKで濃霧の伊豆諸島から生還せよ
防じん防水ノートPCで電脳航海を極めようという超私的なこの企画。しかし、今回はいつにも増して「危険な航海」となったようだ。(2008/7/8)

富士通グループ、低炭素社会の実現に向け七夕の日にライトダウン
富士通グループは7月7日の20時から22時にかけてライトダウンを行う。(2008/7/5)

みんなで作る地球のあした、企業発“巻き込みエコ”最前線:
第3回 「楽しさ一番、気付けばエコ」――参加型エコ成功の秘訣
「100万人のキャンドルナイト」をご存知だろうか。年に2回、みんなが夜の数時間だけ電気を消し、ろうそくの明かりで過ごすエコイベントだ。国内から海外まで、個人法人を問わず毎年推定600万人以上が参加する同イベントに見る、参加型エコ成功の鍵とは?(2008/6/6)

Apple Store San Franciscoの6月29日:
行列に並んで「iPhone」を買ってきました
米国時間の6月29日、ついにAppleとAT&Tから「iPhone」が発売された。全米が熱狂したiPhone発売までの様子を、Apple Store San Franciscoからリポートする。(2007/6/30)

Leopard延期は深刻な問題じゃない
「iPhoneのためにLeopardのリリースを延期する」というAppleの決定に、Macユーザーはあまり失望していないようだ。彼らはLeopardを楽しみにしているが、Tigerで十分間に合っている。(2007/4/24)

DVDレビュー:
れこめんどDVD「心霊写真奇譚」
そこはとなく「エロ怖」な和製ホラーは、アイドルお宝映像の鉱脈か、はたまた独特の「イヤな間」の演出はハリウッド進出への近道か? シャシンにまつわる5つのオムニバスホラー。(2006/8/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。