ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「武内駿輔」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「武内駿輔」に関する情報が集まったページです。

声優紅白歌合戦、出場者に大塚明夫、井上喜久子、小松未可子、岩男潤子ら、「最強すぎる」「おさかなペンギンに期待」などの声
第1弾出演者13人が決定。(2019/1/22)

武内駿輔「左手薬指の指輪は魔除け」発言、「ファン=魔物」派を召喚してしまう
「心に決めた女の子=マフィア梶田」説。(2018/4/2)

「デス様じゃねーか」「オーキド博士いるぞ!」 「ポプテピピック」最終回さまざまな意見が寄せられる
人類に早すぎた3カ月間。(2018/3/25)

「ポプテピピック」放送スタートでネット騒然 「人類には早すぎる」「伝説」
すごいクソアニメ(褒め言葉)でした。(2018/1/7)

アニメ「Fate/Apocrypha」は7月から ジーク役に花江夏樹、総勢17人のキャストが発表
第2弾のPVも公開。(2017/3/26)

人気声優陣が生ラーメン作りをナビゲートだと? 武内駿輔のバリトンボイスにキュンキュンしながら試してみた
冷え切った心と体に染み渡りました。(2016/12/16)

スマホ向け乙女ゲー「イケメン戦国」のアニメ化が決定 杉田智和、鳥海浩輔、武内駿輔など11人の声優が出演
時をかける恋……!(照)(2016/11/5)

マネージャーになってラーメンアイドルを育てるだと!? マルちゃんの「ボイスレシピ」がなんだか聞き覚えのある展開に進化
声優は小野大輔さん、花江夏樹さん、柿原徹也さんら6人。(2016/11/1)

杉田智和、アイマス声優の集合写真からNo.1ヒロインを決定 「右上(武内P)が一番かわいい」
気持ちはスゴく分かる。(2016/10/17)

「せめて、名刺だけでも……」 リアル名刺も持ってくれるデレマス・武内Pのデフォルメフィギュアが予約開始!
「笑顔です」な表情パーツも付属!(2016/9/3)

禁断の連載スタート:
“とある事故”がきっかけ 腐女子・女オタクさんの目覚めを聞く
女性オタクを集めた座談会を開催。第1回目は、腐女子さんと女オタクさんに「オタクの目覚め」を聞きました。(2016/6/20)

宣伝担当が語る:
劇場アニメ「キンプリ」は何がすごいのか? “異例の大ヒット”を生んだ「応援上映」の正体
話題の劇場版アニメ「キンプリ」を興行収入5億円の大ヒット作品に成長させたプロモーターを直撃。(2016/5/1)

Netflix、P.A.WORKS 15周年記念アニメ「クロムクロ」を配信
Netflixは、今期放送の新作アニメ「クロムクロ」を4月11日から配信すると発表した。テレビ放送の数日後に視聴できるようになる。(2016/4/7)

第10回声優アワード、ダンまちコンビが主演賞に 神谷浩史さんは殿堂入りへ
助演男優賞、パーソナリティ賞を受賞した鈴村健一さんは「松来未祐さんが背中押してくれたお陰」とコメント。(2016/3/13)

P.A.WORKS制作のテレビアニメ「クロムクロ」新キャラ&PVが公開 放送は4月に決定
サムライ×メカアクションが熱い。(2016/2/9)

渋すぎる声で話題の高校生声優・武内駿輔が芥川賞作品を朗読したら
“武内P”としても知られる声優の武内駿輔さんにいろいろ聞いてみました。(2015/11/15)

あれから何があったんだよ! ナマコを美少年にプレゼントする乙女ゲー「なまこれ」まさかの続編リリース決定
そして安定の武内さん(イケボ)。(2015/7/31)

ナマコが夏の乙女をアツくする イケメンにナマコをプレゼントし続ける異色の恋愛ゲー「なまこれ」がついにリリース
ボイス担当の武内駿輔さん直筆サイン色紙プレゼントキャンペーンも実施!(2015/7/13)

アニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」1stシーズン全話 ニコ生で一挙放送!
プロデューサーさんっ! 一挙放送ですよ、一挙放送!(2015/7/6)

獲れたてのナマコをプレゼントして親密度を上げよう! イケメンとナマコが出会った異色すぎる乙女ゲー「なまこれ」誕生
声優は“武内P”でおなじみ武内駿輔さん。(2015/6/25)

武内Pのスタンプもください! 「アイドルマスター シンデレラガールズ」のLINEスタンプが登場
346プロのアイドルたちがLINEスタンプになりました。(2015/2/12)

あのキャラに花束を:
もうこいつがヒロインでいいよ! 話題沸騰「アイドルマスターシンデレラガールズ」武内Pが人気な理由
仏頂面三白眼の無口なプロデューサーが、男女ファンの心をわし掴み中。(2015/1/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。