ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「テイルズウィーバー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「テイルズウィーバー」に関する情報が集まったページです。

8月20日夜、ネクソン全タイトルでイベント開催
ネクソンがサービスするすべてのタイトルが8月20日にさまざまなイベントを実施する。(2011/8/19)

「ゲームに興味はない」(byミッツ・マングローブ):
デーブ・スペクターさんを起用!――「セブンソウルズ」バニープロデューサー就任式
MMORPG「セブンソウルズ」公式サイトで開催中の企画「たぶんそうです せぶんそうるず」のプロデューサーにデーブ・スペクターさんが就任。その就任式にゲームに興味がないミッツさんが登場し……。(2011/6/17)

参加申し込みは5月20日まで――「テイルズウィーバー」オフライン感謝祭を6月4日に開催
ネクソンは、オンラインRPG「テイルズウィーバー」に関するオフラインイベント「『テイルズウィーバー』オフライン感謝祭2011」を6月4日に開催する。(2011/5/12)

ネクソン、ゲームサービス&サポートサービス再開へ
各タイトルでは停止期間中の補償についても発表されている。(2011/3/23)

ネクソン、「千葉ロッテマリーンズ」日本シリーズ優勝を祝して記念イベント実施
ネクソンがサービスする全9タイトルで経験値アップ等の感謝イベント開始。(2010/11/8)

オンラインゲーム最新イベント情報:
お正月のお知らせ
年末年始、オンラインゲームで遊んでいますか? せっかくですから、ゲームでもお正月気分を味わいましょう。2010年もよろしくお願いいたします。(2009/12/30)

オンラインゲーム最新イベント情報:
夏の文字踊る
昨今のオンラインゲームのキーワードは“夏”です。(2009/7/16)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ゴールデンウィーク特集
大型連休イベントばっかり。(2009/5/1)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ひと花咲かせる
今年はなかなか桜が満開になりませんね。(2009/3/31)

オンラインゲーム最新イベント情報:
今回は特別な任務を与える
愛のこもったプレゼントを取り返すことができるか。(2009/3/10)

オンラインゲーム最新イベント情報:
みんながお姫さま
期間中ひな壇が登場。イベントにちなんだスクリーンショットも募集します。(2009/2/25)

チャプター4の最新情報を公開、「テイルズウィーバー」5周年記念オフラインイベント
今年でサービス開始から5年目を迎えるMMORPG「テイルズウィーバー」。日本独自マップから期待の新キャラクター画像まで、最新情報が会場で公開された。(2009/2/23)

オンラインゲーム最新イベント情報:
13日の金曜日といえば?
ホッケーマスクをかぶったあの人が、バレンタインなんて蹴散らしてくれます。(2009/2/12)

プレゼンターに加藤夏希さん――「WebMoney Award 2008」開催
「WebMoney Award 2008」授賞式が都内で開催。Best Games賞としてノミネートされた20作品の中から、ネクソンジャパンの「メイプルストーリー」がグランプリを受賞した。(2008/12/17)

オンラインゲーム最新イベント情報:
乱世にデビューしませんか?
期間限定で新規ユーザーをバックアップします。(2008/10/28)

オンラインゲーム最新イベント情報:
記念撮影も特別仕様に
期間限定で特別レースや特典の配布が行われます。(2008/10/21)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ユーザー参加型のデザインフェス
デザインもランキングもユーザー主導です。(2008/9/17)

オンラインゲーム最新イベント情報:
あなたの恋を手伝います
この夏、最後にいい思い出ができるか……。(2008/8/27)

「TENVI」インタビュー:
あの「メイプルストーリー」の開発者が贈る、ちょっと新しい横スクロールオンラインRPG「TENVI」。日本展開はどうなる?
ネクソンジャパンが8月21日からオープンβテストをスタートする、横スクロールオンラインRPG「TENVI(テンビ)」。韓国ではすでにオープンβテストが開始されている本作のゲーム詳細と日本での展開について、開発陣の方々に話を聞いてきた。(2008/8/7)

「テイルズウィーバー」に桜舞う和風マップ追加――新キャラクター「ランジエ」登場
ネクソンジャパンは7月30日、「テイルズウィーバー」をアップデートし、日本をモチーフにした「忍桜の里」を追加、新キャラクターを登場させる。また、ロッテとのタイアップも。(2008/7/29)

「テイルズウィーバーガム」発売につきイベント実施
ネクソンジャパンが運営する「テイルズウィーバー」において、ロッテとタイアップしたテイルズウィーバーガムが発売される。それに伴い、発売記念イベントが実施される。(2008/7/28)

「WebMoney Award 2007」グランプリは「ファンタジーアース ゼロ」
今年で3回目となった「WebMoney Award 2007」授賞式が都内の会場で開催された。「Best Games賞」としてノミネートされた10作品の中から、「ファンタジーアース ゼロ」がグランプリを受賞した。(2007/12/13)

「エピソード2チャプター2」の詳細から今後のアップデート予定まで盛りだくさん――「テイルズウィーバー ユーザーカンファレンス 2007」
ネクソンジャパンが運営するMMORPG「テイルズウィーバー」のユーザーカンファレンスが、250名のみの完全招待制で開催された。そこではVer.4.29のアップデート内容などが紹介されただけではなく……。(2007/11/12)

「大乱闘スマッシュブラザースX」へのアクセスが2カ月連続で1位
f-ism Access Researchによると、コンシューマーゲームタイトルでは「大乱闘スマッシュブラザースX」へのアクセスが2カ月連続で1位に。2位は「ポケモン不思議のダンジョン 闇の探検隊・時の探検隊」。(2007/9/4)

「テイルズウィーバー」2月28日に実装予定のエピソード2――新キャラクター「ヨシュア」ほか追加要素公開
ネクソンジャパンは、2月28日に予定している「テイルズウィーバー」エピソード2のアップデートに伴い、追加要素など詳細を公開した。新キャラクター「ヨシュア」など、気になる中身とは?(2007/2/27)

日本での「エピソード2」実装は2月28日から――「テイルズウィーバー」開発者インタビュー
日本でのエピソード2実装が2月28日と判明した「テイルズウィーバー」。日本のオンラインゲームの代名詞とならんと、新たな物語が幕開こうとしている。韓国から緊急来日した開発者に話を聞いてみた。(2007/2/16)

「テイルズウィーバー」インタビュー:
「テイルズウィーバー」はいかにして100万IDを獲得したのか
ネクソンジャパンが運営しているMMORPG「テイルズウィーバー」は、サービス化してから2年を経た今年11月に登録者数を100万人に達したと報じた。なぜ本作は日本でこれほどまでに受け入れられたのか?(2006/12/21)

NEXONは5つの新作を発表――事業戦略発表会でスタジオ設立など説明
「G★ 2006」で一番元気だったNEXONが、開発スタジオ制を導入している。それに伴いさまざまな施策がとられている。新作発表を含み、NEXONは確実に次なる段階へと飛躍しようとしている。(2006/11/14)

「テイルズウィーバー」ユーザーカンファレンス2006で発表された今後の展開と展望
ネクソンジャパンは一般ユーザー200人を招き、実装予定のエピソード1チャプター13パート2や、エピソード2の新キャラクターなどを公開した。イベントでは代表者によるクイズ大会も行われた。(2006/8/28)

ネクソンジャパン代表取締役社長 デビッド・リー インタビュー:
2006年度に新たなタイトルを投入するネクソンジャパンの戦略
昨年、「マビノギ」や「アイピ」のサービス化にあたり、なにかと元気のよかったネクソンジャパンは、今年もなにやら仕込んでいるらしい。そんなわけで直接ネクソンジャパンの社長に聞いてみた。(2006/2/16)

MMORPG「テイルズウィーバー」で町の名前を募集
ネクソンジャパンは、同社が運営するMMORPG「テイルズウィーバー」に新しく登場する町の名前を、一般公募で決定すると発表した。(2005/1/18)

テイルズウィーバーでモンスター大量発生イベント
MMORPG「テイルズウィーバー」は、2月2日まで「第2回モンスター大量発生キャンペーン」を開催する。(2005/1/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。