ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

「ToHeart」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ToHeart」に関する情報が集まったページです。

マストドンつまみ食い日記:
Leafのアクアプラス、技術検証インスタンスを運営中
Leafブランドを抱えるゲームメーカーが1アカウントだけのインスタンスを運営している。(2018/2/25)

インターネットを守る翼竜:
「To Heart2」とタマ姉という一時代を築いたヒロインの想い出
タマ姉大好き!(2017/6/18)

インターネットを守る翼竜:
「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」には絶対選ばれないであろうスーファミの美少女ゲーム10選
※当初の予定は「ミニスーパーファミコンに収録して欲しい作品10選」でした(担)。(2017/6/4)

伝説のギャルゲー「To Heart」発売から今日で20周年 時の流れに多くのファンから感動と悲鳴が
あの当時18歳だった人は38歳に……うわあああ。(2017/5/23)

朗読で大切なのは「やりすぎないこと」――声優・笠原あきらさん
「朗読」にスポットをあて、本を朗読している人にお話を聞くインタビュー企画。今回は、『思い出のマーニー』オーディオブック版のナレーションを担当した笠原あきらさんにお話を伺いました。(2014/9/16)

DeNAがコミケ初出展 「アイドルマスター シンデレラガールズ」など限定グッズ配布
「美少女Mobage」ブースへようこそ!(2013/12/10)

週間ゲームソフト販売ランキング:
下半期は上向きますように!
上半期が不調に終わった2011年のゲーム市場。今日は七夕。短冊へのお願いごとは「ゲーム市場が盛りあがりますように」です。(2011/7/7)

「ToHeart2 ダンジョントラベラーズ」の追加特典&PVをお届け
(2011/3/25)

FFXIからゲスト使い魔登場――「ロード オブ ヴァーミリオンII」が3月3日に大型バージョンアップ
スクウェア・エニックスは、アミューズメント施設向けゲーム機器「ロード オブ ヴァーミリオンII」の最新バージョン「ロード オブ ヴァーミリオンII 深淵ヨリ招かれしモノ」を、3月3日(水)より稼働開始する。(2010/1/29)

笑いあり、ライブあり、お約束ありの「アクアプラス新作OVA上映会なのれす☆」イベントリポート
アクアプラスの人気ゲーム「ToHeart2」と「うたわれるもの」のOVA第1巻が完成し、その記念イベントが4月11日、東京・秋葉原のゲーマーズで開催された。(2009/4/21)

「嫌儲民」「メルト」「グランピィじいさん」――08年はてなキーワード新語トップ200
「嫌儲民」「メルト」「グランピィじいさん」――はてなキーワードで2008年に作られ、アクセスを集めた言葉トップ200をランキングで紹介する。(2008/12/26)

今日は何の日? 萌え曜日!:
「うたわれるもの」から「WHITE ALBUM」まで――歌あり生アフレコありの「アクアプラスフェスタ2008」のリポートをお届け
アクアプラスが主催するファンサービスイベント「アクアプラスフェスタ2008」が、東京厚生年金会館にて開催されました。2007年から始まったこのイベントでは、サービス精神旺盛な出演者たちによる“お祭り騒ぎ”が楽しめます。(2008/12/16)

日々是遊戯:
憧れ(?)の“痛車オーナー”気分が味わえる「1/24 痛車シリーズ」
ある意味、オタクにとっては究極の趣味のひとつと言える「痛車」。財布と世間体への大ダメージは必至とあって、一般人にはなかなか手が出しにくい分野だが、この「痛車」のプラモデルが今、人気なのだとか。(2008/3/19)

「萌えで世界を平和に」 オタク新雑誌「メカビ」
講談社からオタクによるオタクのための雑誌「メカビ」が創刊される。麻生外相に“ローゼンメイデン問題”を直撃したインタビューがある一方、ギャルゲーレビューも盛り込む。何でもありに見える同誌だが、「萌え」の思想で貫かれているという。(2006/6/2)

「音泉」の東京ゲームショウ2005ステージイベントは「キミキス」と「ToHeart2」
(2005/9/7)

東京ゲームショウ2005のコスパ限定商品はこれ
(2005/9/5)

またあの子達に会える
「トゥーハート」DVD発売
TV放送された「ToHeart Remember my memories」が全7巻で発売決定!(2005/1/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。