ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「戸次重幸」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「戸次重幸」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「もう…最高じゃないですか…」 「おっさんずラブ」吉田鋼太郎&田中圭、世界線を超えて恋愛成就したラブラブ2ショット
【ネタバレあり】ようやく愛の終着地に着陸したようです。(2019/12/22)

「おっさんずラブ」田中圭、千葉雄大に“恋人風”バッグハグ 撮影合間のイチャイチャにファン「鼻血が出た」
公式さんに感謝しかない。(2019/12/15)

「粋な計らい」「一生どうでしょうですね」 大泉洋、「なつぞら」出演した“曜日”にファンざわつく
どーも、奥さん。知ってるでしょう? 大泉洋でございます。(2019/9/25)

「待ってました!」「シェフだったらどうしよう」 大泉洋の「なつぞら」出演が決定、TEAM NACS 5人目の登場に喜びの声
ついに!(2019/9/18)

役名は「大清水洋」! 「なつぞら」にTEAM NACS森崎博之が誰かを思い起こさせる名前で登場
制作チームの愛を感じる。(2019/8/7)

「今33歳ってのが嘘ですよね???」 市川由衣、“巻き髪&つけま”のキャバ嬢になりきり10歳若返ってしまう
いつまでも20代にしか見えない。(2019/4/12)

大泉洋、TBSドラマ「ノーサイド」(仮)で池井戸潤とスクラム 低迷ラグビー部を救うサラリーマンに
「TEAM NACS」の中では、大泉さんだけ池井戸作品への出演がありませんでした。(2019/2/18)

HTB50周年ドラマにTEAM NACSが出演決定! 大泉洋「どうでしょうの小ネタも入ってます(笑)」
藩士もにっこり。(2018/11/5)

「なんて顔ですか!」「ハンサムが台無し(笑)」 安田顕、顔面崩壊の“くしゃみ顔”にツッコミ続出
しかも5枚の連続写真でお届け。(2018/5/3)

三部けい「僕だけがいない街」が実写ドラマ化 古川雄輝主演、原作の舞台・苫小牧でクランクイン
監督は「SHINOBI」「L-エル-」などの下山天さん。(2017/3/13)

「TEAM NACS」出演、北海道ローカル番組「ハナタレナックス」が3年連続の全国版放送 今回は知床が舞台
森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真ら「TEAM NACS(チーム・ナックス)」の5人が泥酔したり謝罪したり痴話ゲンカしたりします。(2017/1/6)

市川由衣、第1子となる男児を出産 「感動で涙が止まりませんでした」
おめでとうございます。(2016/9/26)

映画「一週間フレンズ。」主要キャスト発表 上杉柊平さんや高橋春織さんなど
川口春奈さんと山崎賢人さんが初共演にしてダブル主演。(2016/5/31)

戸次重幸主演、「孤独のグルメ」スタッフで新ドラマ「昼のセント酒」4月スタート
平日昼から銭湯&酒三昧の道楽ドラマ。(2016/3/2)

チケット即日完売だった大泉洋ら「TEAM NACS」の公演「悪童」 千秋楽の劇場ライブビューイングが決定
チケット争奪戦だった演劇ユニット「TEAM NACS」3年ぶりの公演が、全国の映画館で観られるぞ!(2015/6/18)

西島秀俊が結婚発表した結果 Twitterトレンドになぜか佐々木蔵之介が入る現象が発生
もしやこれは、40代独身俳優クラスタの仕業ですな?(2014/11/19)

イケメンなのに“残念な男”:
「TEAM NACS」戸次重幸、初の書き下ろし小説『ONE』発売記念イベント
「TEAM NACS」のメンバーの1人、戸次重幸さんによる初の書き下ろし小説『ONE』が発売されたのを記念し、池袋リブロで「サイン本お渡し会」が開催。それに先立ち行われた会見中、大泉洋さんからのサプライズメッセージも披露された。(2014/1/31)

“こども店長”が使うケータイは?:
ドラマで使われるケータイたち2010年冬──ソフトバンクモバイル+その他編
毎晩20時から深夜0時ごろまでに放映されるドラマで使われているケータイを、Webサイトの情報と実際のオンエアをもとにチェックする恒例企画「ドラマで使われるケータイたち」。ドコモとauケータイを紹介した前回に引き続き、今回はソフトバンクモバイルがスポンサーするドラマと、キャリアがスポンサーに付いていないドラマに登場するモデルもチェックした。(2010/3/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。