ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「紫外線」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

全国的に厳しい暑さ 九州から東北では体温超えか
きょうは、沖縄と九州から東北南部では夏空。東北北部は梅雨空が続き、北海道は不安定な天気。九州から東北の広範囲で猛暑日予想。危険な暑さに警戒を。(2020/8/5)

3Dプリンタ買っちゃいました:
光造形3Dプリンタで作る、世界で一つだけのフィギュア リアルな人体モデルを作る最短の方法
思い通りの人体モデリングができない? それでも大丈夫。(2020/8/3)

製造業IoT:
NTT東日本がローカル5Gオープンラボをリニューアル、サブ6GHzの対応も着々
NTT東日本は、ローカル5Gの検証環境「ローカル5Gオープンラボ」をリニューアルするとともに報道陣に公開した。5G基地局のマルチベンダー化や6GHz帯以下の周波数帯(サブ6GHz)への対応の他、農業用途での屋外検証を可能にするビニールハウスや畑などの整備も進めており、共同実証パートナーをさらに幅広く募る考えだ。(2020/7/31)

部品の接着・封止工程で品質向上:
ウシオ電機、小型のエキシマ照射装置を発売
ウシオ電機は、小型のエキシマ照射装置「HPV-ST」シリーズを開発した。2020年8月より販売を始める。(2020/7/31)

苦戦を強いられた半導体の巨人:
Intel「10nmノード」の過去、現在、未来
Intelは現在、10nmプロセスの進化に向けて開発を進めているが、このプロセスノードは長年Intelを苦しめてきた。10nmにおけるIntelの闘いを振り返る。(2020/7/31)

3Dプリンタ買っちゃいました:
3万円しない光造形3Dプリンタ、セットアップして印刷してみた
テレワークを明るくしてくれるかもしれない3Dプリンタ連載の第2回はようやくセットアップ。(2020/7/30)

新連載「3Dプリンタ買っちゃいました」:
3万円を切る光造形3Dプリンタでテレワークを乗り切る
2万7999円の3Dプリンタ。しかもかつては手が出なかった光造形方式。テレワークを機に立体造形生活を始めてみました。(2020/7/29)

米中摩擦でチャンスをつかむ?:
「TSMCに追い付くには10年」、SMICの今
SMICは、14nmチップの生産を開始し、FinFETを製造できる半導体メーカー/ファウンドリーの“仲間入り”を果たした。同社は間もなく、事業への投資を継続するため、70億米ドル超を得られる株式公開を行う予定である。だが、トランプ政権によって、SMICは最新の製造機器の一部を利用できなくなっている。そうした状況の中、同社はSoC(System on Chip)のトップメーカーが求めるような最先端のプロセス技術を長期的に提供し続けられるのだろうか?(2020/7/28)

なんば日本橋店:
くら寿司、新型コロナ対応型の新店舗オープン 特徴は?
回転ずしチェーン大手のくら寿司は27日、新型コロナウイルス対策を強化した新店舗「くら寿司なんば日本橋店」をオープンした。(2020/7/27)

湯之上隆のナノフォーカス(28):
半導体産業はコロナに負けない! 製造装置市場の動向を読み解く
コロナ禍にあっても半導体産業は強いようだ。特に半導体の微細化は止まるどころか、むしろ加速しているようにすら見える。今回は、製造装置市場の動向を、過去も含めて読み解いてみたい。(2020/7/27)

プロジェクト:
野村不動産が殺菌装置や床放射空調システム搭載のオフィスビルを開業
野村不動産は、従業員10人未満の会社を対象としたオフィスビルブランド「H1O」の開発を進めている。2022年度までに、東京都心5区(渋谷区・新宿区・中央区・千代田区・港区)を中心とし、15拠点を開設する予定だ。(2020/7/27)

韓国発の進化系日焼け止めが人気です! Qoo10コスメランキング(7月13日〜19日)
7月13日〜19日のベスト3は?(2020/7/22)

世界を「数字」で回してみよう(64)番外編:
あの医師がエンジニアに寄せた“コロナにまつわる13の考察”
あの“轢断のシバタ”先生が再び(いや、三たび?)登場。現役医師の、新型コロナウイルスに対する“本気の考察”に、私(江端)は打ち震えました。今回、シバタ先生が秘密裡に送ってくださった膨大なメール(Wordで30ページ相当)に書かれていた、13の考察をご紹介します。(2020/7/23)

2020年は160億〜170億ドルに:
TSMCが設備投資額を増加、見通し改善に期待
TSMCは、2020年の設備投資予測について、前回の予測から約10億米ドル増やし、160億〜170億米ドルに達する見込みだと発表した。その背景には、今後5G(第5世代移動通信)スマートフォンやHPC(High-Performance Computing)製品の需要が高まり、2020年以降の数年間は売上高が増加するとみられ、見通しが改善されたということがある。(2020/7/21)

すべてメイドイン福島の冷感マスクが再販 1枚1000円
メイドイン福島社(福島県福島市)は布製冷感マスクの再販を始めた。1万枚をオンラインで販売する。福島で企画、縫製した国産の布マスクとなる。大人用マスクと子供用マスクがあり、それぞれ1000円(税込み)。(2020/7/21)

ひんやり・さらっと「洗って使えるフィットマスク」 イオングループのリフォームスタジオから新色
シンプルなマスクの品不足は解消されつつあるが、梅雨、また温度の上がる夏を控えて、接触冷感やUVカットなどの機能を備えた高機能品が増加している。(2020/7/17)

和田憲一郎の電動化新時代!(38):
ポストコロナの自動車産業に必要な3つの視点
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、全世界で感染者が1300万人を超え、死者も57万人に上っている(2020年7月15日時点)。ニュースでは自動車の販売がいつ元に戻るのかとの論調が目立つが、ポストコロナは単に元の状態に戻すことだけで良いのだろうか。長期視点で見たとき、もう少し違った視点で捉え、今から対応策を練り直す必要があるように思えてならない。今回はこれについて筆者の考えを述べてみたい。(2020/7/17)

コロナ時代はロボットの出番だ 消毒作業、駅案内…… 用途拡大中
新型コロナウイルスの感染拡大で、医療施設や公共施設などでのロボットの活用が加速している。労働力不足の解消や感染リスク低減のため、既存のロボットの改良や活用が広がっている。(2020/7/15)

マルチビームマ電子スク描画装置利用:
EUVリソ向けフォトマスク製造プロセスを開発
大日本印刷(DNP)は、マルチ電子ビームマスク描画装置を利用し、5nm対応EUV(極端紫外線)リソグラフィ向けのフォトマスク製造プロセスを開発した。(2020/7/14)

梅雨×マスクの日々、肌ケアとべたつき対策はどうすればいい? 梅雨を乗り切るための美容TIPS【肌&ボディケア編】
ただでさえ大変な梅雨、マスクがあってさらに大変!(2020/7/9)

湯之上隆のナノフォーカス(27):
1nmが見えてきたスケーリング 「VLSI 2020」リポート
初のオンライン開催となった「VLSIシンポジウム 2020」から、スケーリング、EUV、3D ICの3つについて最新動向を紹介する。(2020/7/7)

梅雨の時期の髪のうねりや爆発、どうすればいい? 梅雨を乗り切るための美容TIPS【ヘア編】
ヘアスタイルの悩みが爆発する梅雨。(2020/7/2)

“マスク焼け”防ぐ方法も:
暑くて蒸れる「夏マスク」の悩み、対処法は? 資生堂がWebサイトで情報発信
資生堂は、夏のマスク着用に伴うトラブルや対処法について、同社Webサイトで情報発信を始めた。暑さや蒸れ、日焼けなどのトラブルの原因や対処法を解説している。(2020/7/2)

Huaweiは最先端チップを製造できるのか:
米中貿易摩擦、半導体製造装置が“最後の主戦場”に
米国は、Huaweiとその関連企業に対する輸出規制を強化した。特に最先端チップの製造には米国製の装置が欠かせない中、Huaweiをはじめとする中国企業にとって、今後どのように半導体の製造ラインを構築していくかが大きな課題となる。(2020/6/30)

産業用ロボット:
新型コロナの消毒作業を自動化、オムロンが“足”を提供へ
オムロンは2020年6月26日、紫外線(UVC)光照射器を搭載した除菌ロボットを開発する世界各地のパートナー企業に、オムロンのモバイルロボットを提供し、各種感染症拡大防止への取り組みを広げていくことを発表した。(2020/6/29)

除菌しながらワイヤレス充電ができる「GYBB UVC除菌充電器」発売、6490円
Glotureは、除菌しながらQiワイヤレス充電ができる「GYBB UVC除菌充電器」を同社倉庫へ入荷。価格は6490円(税別)で、注文後1〜2営業日程度で発送する。(2020/6/22)

サービスロボット:
コロナ禍で見直される遠隔操作ロボットの価値、普及は進むのか?
WHILLは2020年6月17日、with/afterコロナ時代のロボティクスをテーマとしたセミナーを開催した。東京大学 名誉教授の佐藤知正氏、及びMiraRoboticsのパートナー兼ストラテジストの羽田卓生氏はコロナ禍を契機に遠隔操作ロボットが普及する可能性を指摘する。(2020/6/19)

材料技術:
AGCの「世界最速」の調光ガラス、新型ハリアーのパノラマルーフで採用
AGCは2020年6月18日、調光ガラス「WONDERLITE Dx」が量産車に初めて採用されたと発表した。(2020/6/19)

スマホを置くだけで除菌+充電 「UV-C 殺菌機能付きスマホ充電器」6月下旬発売
ヨコモリ電池屋コーポレーションは、6月下旬に「UV-C 殺菌機能付きスマホ充電器」を発売。紫外線での除菌機能を備え、端末を置けばそのままスマホを充電可能なワイヤレス充電に対応する。(2020/6/16)

ユニクロ「エアリズムマスク」は3枚990円、19日に発売 
機能性インナー「エアリズム」の素材を使った布マスクをユニクロが発表。3枚990円で19日から販売する。(2020/6/15)

ユニクロ、「エアリズム マスク」6月19日発売  「防御性能」「つけ心地」などにこだわったハイブリッドマスク
オールシーズン用。【追記】(2020/6/15)

画材は太陽!? 木板や石をキャンバスに太陽光で描くサンライト・アートが斬新
レンズひとつで壮大なアートが!(2020/6/14)

車両デザイン:
ガラスルーフや進化したADASが標準装備、ダイハツの新型「タフト」
ダイハツ工業は2020年6月10日、軽自動車の新モデル「タフト」を発売したと発表した。軽自動車「タント」や小型SUV「ロッキー」に続く、新世代のクルマづくり「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」の第3弾となる。1974〜1984年に同名のモデルが販売されていたが、新型タフトは後継モデルではない。(2020/6/11)

【ビジネス解読】米中摩擦が再燃 コロナ禍が招く半導体供給網の変化
 ハイテク製品の性能を左右する中核部品、半導体の世界売上高で中国企業が初めてトップ10入りしたことが分かった。通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)傘下の海思半導体(ハイシリコン)だ。5月半ばにトランプ米政権が打ち出したファーウェイへの禁輸措置強化は、中国の“紅い半導体”の脅威の封じ込めへ産業競争政策を新たな段階にステップアップしたもので、日本の関連産業も対応を迫られそうだ。(2020/6/4)

濡らして振ると冷たさが持続 水着メーカーが冷感マスクを開発
さりげない色づかいの3色・2サイズ展開、紫外線対策も。(2020/6/4)

PR:そのカーフィルム、大丈夫? 「プチアレンジ」のつもりが違法改造になる事例に要注意!
愛車をカスタムする前に、不正改造になる事例をしっかり知っておきましょう。(2020/6/1)

ビジネスと気象の相関分析でDXを支援――ウェザーニューズ、気象データ提供サービス「WxTech」を開始
ウェザーニューズは、ビジネス分析・予測に活用可能な気象データをAPIで提供するサービス「WxTech」を開始。1キロメッシュの天気予報データや過去の天気データ、紫外線や花粉などの生活指数データなどを提供する。ビジネスデータと気象データの相関分析を無料で試せるサービスも提供している。(2020/5/29)

粒子ごとに固有の発光スペクトル:
筑波大学ら、偽造不可の光認証デバイスを開発
筑波大学らの研究グループは2020年5月、実質的に偽造や複製ができない光認証デバイスを開発した。書き込み可能な光メモリなどへの応用も期待される。(2020/5/29)

駄菓子の「クッピーラムネ」がハンドクリームに レトロかわいいパッケージになつかしの香り
なつかしい〜! と声が出そう。(2020/5/25)

「これからの40年」がテーマ:
「VLSIシンポジウム2020」は初のオンライン開催に
2020年6月15〜18日(以下、特に記載がない限り全てハワイ時間)に開催される半導体デバイス/回路技術に関する国際会議「VLSIシンポジウム 2020」。本来は米国・ハワイで開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、初のオンライン開催となる。VLSIシンポジウム委員会は2020年5月20日、記者説明会をオンラインで開催し、概要を説明した。(2020/5/22)

「自分をさらけ出すのすてき」「親近感湧く」 仲里依紗、体重&筋肉量を告白にファン好感
すがすがしく語っています。(2020/5/18)

競合ファウンドリーの追随許さず:
TSMCの2021年見通しは好調、AMDのシェア拡大で
米国の投資会社であるWedbush Securitiesでシニアバイスプレジデントを務めるMatt Bryson氏は、「TSMCは2021年に、堅調な回復を遂げていくと予測される。その背景には、AMDなどのファブレスメーカーが現在、Intelから市場シェアを奪い取っているということがある」と述べる。(2020/5/12)

宝石みたいにキラキラのカラーチャート! キャンドゥの「ディスプレイビーズ」でネイル収納をもっと便利に
作り方も簡単&リーズナブルです。(2020/5/11)

新建材:
ひび割れや剥落を抑制する無機系短繊維補強コンクリートを実用化
戸田建設と公益財団法人鉄道総合技術研究所(以下、鉄道総研)が共同開発した玄武岩由来の無機系短繊維補強コンクリートが、鉄道構造物の一部に初適用された。従来の鋼繊維補強コンクリートと同等の曲げ靱性を維持しながら、さびの発生や紫外線による劣化などの課題を克服した点に特長がある。(2020/5/1)

Boston Dynamics、新型コロナのトリアージでのロボット「SPOT」採用事例を紹介
ロボットメーカーのDoston Dynamicsの四足歩行ロボット「Spot」が、新型コロナと闘う医療現場をサポートしている。トリアージの列に並ぶ患者と医師のビデオチャットをサポートしており、今後は体温測定などにも利用する計画だ。(2020/4/24)

新型コロナで「お金に触りたくない」?
新型コロナウイルスの感染経路として、人々が気にし始めているのは硬貨や紙幣などの「お金」だ。日本でも、ジワジワとお金と衛生に関する考え方が変わってきているようだ。現金を触ることの抵抗感が強くなり、半分近くの人が、支払い方法そのものを変えている。(2020/4/22)

FAニュース:
平均出力8W、波長266nmの深紫外ピコ秒パルスレーザー発振器を開発
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、スペクトロニクスと共同開発した深紫外ピコ秒パルスレーザー発振器「LDH-X0810」を発表した。近赤外レーザー発生技術と高効率波長変換技術の開発により出力が向上。波長266nmで出力8Wを達成した。(2020/4/20)

フリーアナウンサー・赤江珠緒、新型コロナ陽性を報告 夫とそろっての発症に「お子さんまだ小さくて大変だなぁ」と心配の声
2歳の娘さんは陰性でした。【訂正】(2020/4/18)

Q2以降の予測は見合わせ:
ASMLが20年Q1の業績発表、売上高減少も受注は堅調
ASMLは2020年4月15日、同年第1四半期(1〜3月期)の業績を発表した。それによると、同四半期の売上高は24億4100万ユーロで、前四半期の40億3600万ユーロから約40%の減少となった。(2020/4/17)

次世代の6.xnm光源にも適用可能:
高分子電解質のシャボン玉を用い、EUVを発生
東京工業大学の研究グループは、高分子電解質のシャボン玉を用いて、EUV(極端紫外線)を発生させることに成功した。開発した手法は、次世代の6.xnm光源や炭素イオンビーム用のターゲットにも適用することが可能だという。(2020/4/16)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。