ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「バリューエンジン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バリューエンジン」に関する情報が集まったページです。

バリューエンジンとオーリック、携帯サイト事業の支援サービスで提携
バリューエンジンとオーリック・システムズは、携帯サイトでビジネス展開する企業への支援サービスで業務提携したことを発表した。(2010/3/26)

Google Appsを高セキュリティのBlackBerryで利用可能に――バリューエンジンが法人向けサービス
バリューエンジンが、高セキュリティ環境下でGoogle AppsをBlackBerryと同期して利用可能にする法人サービスを提供。クラウド上で稼働するBlackBerry Enterprise Serverを提供することで、小規模からの導入にも対応した。(2010/3/4)

iPhone企業導入のポイントを解説――バリューエンジンがセミナー開催
バリューエンジンが、iPhoneの導入を検討する企業向けのセミナーを開催。セキュリティやデバイス管理機能について解説するほか、Windows Mobile端末やBlackBerryとの機能の違い、各種機能の設定方法などを説明する。(2009/8/27)

リリースダイジェスト(4月30日)
エイジアがメールマーケティング セミナー開催、バリューエンジンが携帯コンテンツ開発者向け端末貸出サービスを拡充、一目惚れした時間と場所を記録する「ヒトメボβ版」のGPS送信回数が1万突破、など。(2009/4/30)

リリースダイジェスト(3月31日)
EZニュースフラッシュ増刊号に新機能、バリューエンジン、PC/モバイルユーザビリティーセミナー開催、ウィジェット型広告「xStream」に、モバイル端末へのクチコミ機能、など。(2009/3/31)

高精細に表示:
バリューエンジン、BlackBerry用ドキュメントビューワを発売
バリューエンジンは、BlackBerry端末上での閲覧性を高めたドキュメントビューワ「RepiGo Server 3.0」を発売した。(2009/2/24)

バリューエンジン、モバイルコンテンツ検証セミナーを開催
(2009/1/27)

バリューエンジン、「モバイルユーザビリティーセミナー」を開催
(2008/11/12)

エンタープライズスマートフォン:
BlackBerryによる社内システムの作り方
スマートフォンで業務システムを利用するには、社内に接続を受け入れるための仕組みを用意しなければならない。新しいスマートフォンシステムの導入、構築で考慮すべきポイントを探ってみよう。(2008/10/17)

バリューエンジン、BlackBerryの導入/運用支援サービスを強化
スマートフォンBlackBerryの企業向けシステム構築サービスに、サーバ冗長化設定やSMB向け導入支援などのメニューを追加する。(2008/10/16)

ケータイの仕様情報を一覧で――「ケータイハードウェアプロファイルデータ」
(2008/7/16)

バリューエンジン、携帯ハードウェアの仕様情報を発売
(2008/6/26)

バリューエンジン、スマートフォンの実機検証サービスを開始
(2008/6/19)

iPhoneにも対応予定:
バリューエンジン、スマートフォンの動作検証サービスを開始
国内で発売されているWindows MobileやSymbian、BlackBerryの各スマートフォンを検証できるほか、7月発売予定のiPhoneも配備するという。(2008/6/19)

バリューエンジン、BlackBerryシステム対応の冗長化製品スイートを発売
サーバなどを冗長化する英Neverfailの「Continuous Availability Suite」を発売。BlackBerryにも対応する。(2008/5/1)

674機種70項目超のケータイスペックを無料で――バリューエンジンとインプレスR&Dが公開
(2008/4/4)

バリューエンジン、休日のみ対応の検証端末貸し出しサービス
(2007/12/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。