ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「セミナー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「2025年の崖」の真意と、“正しい危機感”の抱き方:
PR:経産省「DXリポート」の読み解き方
2019年7月17日に「Dell technologies Cloud Executive Summit 2019」が開催された。本セミナーでは、デジタルトランスフォーメーション(DX)をテーマに、テクノロジーを活用してビジネス変革を行うための指針として、基調講演および特別講演ではエンドユーザーによる取り組み事例の紹介、そして協賛のクラウドサービスプロバイダー各社より、ITアウトソーシングサービスによる人材活用の最適化、アジャイル開発支援サービス、またマルチクラウドソリューションについて具体的なソリューションを案内した。メインとなるパネルディスカッションでは、アイティメディア編集長の内野氏をモデレーターに、経済産業省 商務情報政 策局 和泉氏と、Dell Technologies システムズエンジニアリング統括本部長の飯塚が意見を交わした。(2019/11/1)

IoTセキュリティ:
開発中の家電も「マルウェアのおとり」に、パナソニックのIoTセキュリティ対策
パナソニックは2019年10月25日、東京都内で記者向けに技術セミナーを開催し、IoT(モノのインターネット)製品に対するサイバー攻撃の現状や、製品セキュリティにおける同社の取り組みを説明した。(2019/10/28)

CAD/GIS:
「図面のカラー印刷はもはや常識!?」、A1を“2秒”で印刷するHPの高速プリンタがもたらす働き方改革
日本HPは、建設・製造分野のCAD/GIS向けに、モノクロ/カラーの図面を1台で高速印刷できる大判プリンタ「HP PageWide XLシリーズ」を訴求している。図面印刷にカラープリントがなぜ必要なのか?図面革命と銘打ったシークレットセミナーから、HP PageWide XL プリンタが現場の働き方改革をも実現する理由を探った。(2019/10/25)

電子ブックレット:
BIM×クラウドで実現するCADオペ確保と真の働き方改革!
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」に編集しました。会員の皆さまに無料でダウンロードしていただけます。今回紹介するのは、建築・設計分野を対象にしたアドビ システムズ主催の「建設・建築業向け働き方デザインセミナー」のレポートです。(2019/10/23)

ハンズオンセミナー潜入レポートでその実力に迫る
HCI市場で注目のハイパーバイザー、Nutanix AHVとは?
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は企業インフラの有力な選択肢だ。ハードウェアがコモディティ化する現在、注目すべきはソフトウェアだ。今注目のハイパーバイザーとは何か。ハンズオンセミナーからその特徴を探る。(2019/10/23)

PR:これからの時代に求められるデータ分析基盤「ラムダアーキテクチャ」を「Microsoft Azure」で実現するには?
ビッグデータ分析が注目されて久しいが、現代のビジネス界ではITの進歩に伴い、取得できるデータの量や種類が増大している。そのため企業側も、データ分析基盤のアーキテクチャを見直し、膨大なデータの処理に対応しなければならない。日本マイクロソフトはこのほど開催したセミナーで、これからの時代に適したデータ分析基盤の仕組みとして「ラムダアーキテクチャ」を挙げ、自社のクラウドサービス「Microsoft Azure」を使って構築する方法をレクチャーした。(2019/10/28)

電子ブックレット:
業務改善に効く!「建築TECHカンファレンスVol.1」レポート
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」に編集しました。会員の皆さまに無料でダウンロードしていただけます。今回紹介するのは、建設業向け最新ソリューションを多数披露したプレゼンテーションセミナー「建築TECHカンファレンスVol.1」のまとめです。(2019/10/9)

モビリティサービス:
コネクテッドサービスの有料加入者は5%、約40%は「今後も利用しない」
デロイトトーマツグループは「転換期を迎えた自動車産業の注目すべき3つの論点」をテーマとし、メディアセミナーを開催。本稿では同セミナーの中から、「CASE」についての消費者意識調査の内容を3回に分けて掲載する。第3回は「コネクテッド」と「モビリティサービス」についての消費者意識の変化について紹介する。(2019/10/7)

自動運転技術:
「自動運転車は既存自動車メーカー製でなくてもよい」と3割以上が回答
デロイトトーマツグループは「転換期を迎えた自動車産業の注目すべき3つの論点」をテーマとし、メディアセミナーを開催。本稿では同セミナーの中から、「CASE」についての消費者意識調査の内容を3回に分けて掲載する。第2回は「自動運転(A)」についての消費者意識の変化について紹介する。(2019/10/4)

電気自動車:
日本でEVが普及しないのは「高い」(と思われている)から
デロイトトーマツグループは「転換期を迎えた自動車産業の注目すべき3つの論点」をテーマとし、メディアセミナーを開催。本稿では同セミナーの中から、「CASE」についての消費者意識調査の内容を3回に分けて掲載する。第1回は「電動化(E)」についての消費者意識の変化について紹介する。(2019/10/3)

Dell Technologies「製造業デジタル変革セミナー」:
PR:デジタル変革に役立つ講演を披露――製造業のDXはどう実現すべきか
IoTやAIのテクノロジー最新動向や、最新IoT関連ソリューションを紹介する「Dell Technologies 製造業デジタル変革セミナー 〜5G・IoT・AIにより加速するデジタル変革と適用業務の探求〜」が2019年7月と8月に開催。デジタル変革を加速させる取り組みの講演が披露され、DXで悩みを抱える製造業各社が熱心に耳を傾けた。(2019/9/30)

モノづくり最前線レポート:
量子コンピュータとAI、先進技術における日本の最新動向と位置付け
日本最大級の産学官連携イベント「イノベーション・ジャパン2019」(2019年8月29〜30日、東京ビッグサイト青海展示棟)において、科学技術振興機構(JST)事業セミナーで、JST研究開発戦略センター(CRDS)がAI技術および量子コンピュータ技術の最新動向について紹介した。(2019/9/27)

なぜ、セキュリティを意識したサイトでも「認証に不安が残る」のか
セキュアスカイ・テクノロジーが、Webサービスの認証を取り巻く「攻撃」と、それに付け入れられる隙となる「脆弱性」の実態を紹介するセミナーを開催。積極的に脆弱性診断を受けるほどセキュリティに気を配っているサイトでも、不備が多々見つかったという。(2019/9/27)

DT10活用セミナー 成功体験を共有する「Heartland Day 2019」:
PR:東芝テックとクラリオンの事例から探る、ソフトウェアの動きを“見える化”する動的テストツールの活用法
ハートランド・データの動的テストツール「DT10」のユーザーが、自らの改善例を紹介する事例紹介セミナーが今年(2019年)も開催された。本年から「Heartland Day 2019」と改称されたが、全てのDTユーザーに成功体験を共有する目的に変わりはない。当日は東芝テックやクラリオンのスペシャルセッションに聴講者の熱い視線が注がれた。(2019/9/27)

CAEニュース:
ダッソー、ビジネス課題の解決におけるシミュレーション技術の有効性を訴求
ダッソー・システムズは、同社のシミュレーションブランド「SIMULIA」に関する記者向けセミナーを開催。SIMULIAブランドの現状と役割、そして市場トレンドにおけるSIMULIAの活用ポイントについて説明した。(2019/9/25)

文教向けPCベンダーが集結:
PR:次世代の教育現場とは? 「柴山プラン」「未来の教室ビジョン」が目指すもの
2019年8月21日、「日本の教育はICT活用でどう変わっていくのか 〜目指すべき次世代の教育現場を考える〜」と題したセミナーが名古屋コンベンションホールで開催された。本稿は当日の模様をレポートする。(2019/9/17)

日独が先行するローカル5Gの活用:
日本の5G展開で注目すべきはIIoT、ノキア
ノキアソリューションズ&ネットワークス(NSN)は2019年9月12日、東京都内でプレスセミナーを開催。米国、韓国の第5世代移動通信(5G)商用サービスの状況や、5Gを日本で展開する際のトレンドなどを説明した。(2019/9/13)

Formnext Forum Tokyo レポート:
DMG森精機が示す金属3Dプリンティング“3つの使い道”
「Formnext Forum Tokyo AM業界セミナー/交流会」において、DMG森精機 開発カンパニー レーザ光学部 部長の近藤昌樹氏が登壇。「AM導入によるモノづくり改革」をテーマに講演を行った。(2019/9/12)

リクナビ問題の本質を山本一郎氏・高木浩光氏らが斬る 内定辞退予測を始めた背景に「得意先からの頼み」「個人情報理解の甘さ」
情報法制研究所(JILIS)が、リクナビ問題が起きた要因などを議論するセミナーを開催。山本一郎氏、高木浩光氏ら有識者が登壇し、各自の専門分野に基づいた意見を述べた。今回の問題を招いた背景には、顧客企業からの要望と、個人情報に対する理解の甘さがあったという。(2019/9/10)

産業制御システムのセキュリティ:
狙われる産業制御システム、ハッキングコンテストで攻撃者の知見を学ぶ
PwC Japanグループは2019年9月5日、「ICS(産業用制御システム)セキュリティ領域における攻撃者視点とその対策」をテーマにメディア向けセミナーを開催。ICS領域で増えつつある脅威シナリオやその対応策について解説がなされた。(2019/9/6)

社会実装で新たな技術課題が:
AIは品質・信頼性確保が急務、「日本が先行している」
2019年8月29〜30日に開催された「イノベーションジャパン2019」(東京ビッグサイト)で、JST(科学技術振興機構)は、AI(人工知能)の最新動向を紹介するセミナーを行った。JSTは、「機械学習が社会に実装され始めているのが第3次AIブームの大きな特長だ」と述べる。(2019/9/2)

自動車セキュリティ:
PR:「つながるクルマ」はなぜ危ないのか、セキュリティを確保するために必要なもの
自動車のコネクテッド化が進む中で、重要性が増しているのがセキュリティである。「つながるクルマ」を守るためには、製品開発段階でどういう取り組みが必要になるのか。MONOist主催のセミナー「『つながるクルマ』が変えるモビリティの未来〜MONOist Future Mobility Forum〜」におけるエフセキュアの講演内容をお伝えする。(2019/8/29)

「今知りたい! システムを守る認証の実態」セミナー:
【7pay、Omni7問題】企業、利用者、メディア、エンジニアは何を教訓にすべきか
2019年7月、NPO日本ネットワークセキュリティ協会が「今知りたい! システムを守る認証の実態」セミナーを開催。「認証」と「セキュリティ」をキーワードに3人の登壇者が、現在、事業者そして利用者ができることを語る会となった。(2019/8/28)

MONOist IoT Forum 名古屋2019(後編):
IoTで手術をスマート化、工場の技術を転用したデンソーの挑戦
MONOist、EE Times Japan、EDN Japan、スマートジャパンの産業向け4メディアは2019年7月10日、名古屋市内でセミナー「MONOist IoT Forum 名古屋」を開催した。本稿後編では、IoTによる新たな価値創出を実現したデンソー 社会ソリューション事業推進部 メディカル事業室 室長による特別講演「OPeLiNK 〜IoTでおこす治療室イノベーション〜」の内容と、その他の講演内容をお伝えする。(2019/8/26)

製造マネジメントニュース:
技術者も知っておきたい財務、会計のことば「のれん」
PwC Japanグループは2019年8月8日、「M&Aにおける会計・財務報告の重要性:のれんの減損リスクを適切に理解するための会計上のポイントなど」をテーマに、メディアセミナーを開催。製造業で勢いづくM&Aを読み解くうえで理解しておきたい「のれん」について解説がなされた。(2019/8/14)

BIM:
個人設計事務所がBIMを武器に生き残っていく術、GLOOBEセミナー
福井コンピュータアーキテクトは、「はじめてのBIM入門セミナー」を開催した。東京会場では、畝啓建築事務所がこれまでに手掛けたBIM案件を披露しつつ、BIMが小規模な設計領域でも有効なことを説いた。(2019/8/8)

MONOist IoT Forum 名古屋2019(前編):
「大事なのはIoTではない」自動化と熟練の技による“夢工場”目指すオークマ
MONOist、EE Times Japan、EDN Japan、スマートジャパンの産業向け4メディアは2019年7月10日、名古屋市内でセミナー「MONOist IoT Forum 名古屋」を開催した。本稿の前編では、オークマ 専務取締役 領木正人氏による基調講演「IoTが拓く“スマートファクトリー”の展望」の内容をお伝えする。(2019/8/7)

産業動向:
「ICT活用にはどんな心構えをすべきか」日建連の講演など、ヒューマンタッチ総研セミナー
ヒューマンタッチ総研は、「建設業界のためのICTを活用した生産性向上セミナー」を開催した。セミナーでは、独自の市場調査レポートや現場で必要とされる通信ネットワーク、外国人材活用のノウハウなどをテーマにした各種講演が行われた。(2019/8/1)

日本のゲーム産業はクラウドで活性化できるか?
アリババクラウド・ジャパンサービスが、日本のゲーム企業の活性化をテーマにセミナーを開催した。その詳細レポートをお届けする。(2019/7/31)

Apple Storeで教職員向けセミナー開催
Apple Storeにて、教師向けサマーセッション「新しい学びの可能性を見つけよう」が開催される。(2019/7/30)

@ITセキュリティセミナー:
徳丸浩氏が誤解を指摘――Webサービス運営者が知らないと損害を生む「パスワード保護の在り方」
サイバーセキュリティの世界で取り上げるべきトピックは多々あるが、「基本的な守りを固める」ことも重要だ。2019年6月26日に行われた「@ITセキュリティセミナーロードショー」の中から、その際に役立つセッションの模様をレポートする。(2019/7/24)

デジタル活用で製造業のマーケティングと営業が変わる:
PR:製造業のデジタルマーケティング、リード獲得から育成まで無駄のない打ち手とは
B2B企業のデジタルマーケティング支援で実績豊富なエキスパートが、「Web」「メール」「オンラインセミナー」などを活用した実践的なノウハウを語った。(2019/7/22)

@ITセキュリティセミナー:
サイバー攻撃は産業政策の一環? 日本企業が狙われる理由
@ITは2019年6月26日、東京で「@ITセキュリティセミナーロードショー」を開催した。長年、ダークウェブや日本の企業を狙った脅威の分析に当たってきたサイントの代表取締役を務める岩井博樹氏の基調講演から、「攻撃者の狙いと手口を知る」重要性をお伝えする。(2019/7/23)

MONOist IoT Forum 福岡2019(後編):
デジタル変革で何ができるか、医療現場の革新を目指すオリンパスのビジョンと苦労
MONOist、EE Times Japan、EDN Japan、スマートジャパン、TechFactoryの、アイティメディアにおける産業向け5メディアは福岡市内でセミナー「MONOist IoT Forum 福岡」を開催。後編では特別講演のオリンパス カスタマーソリューション開発 グローバル ヴァイスプレジデントである相澤光俊氏による「顧客価値向上を実現するオリンパスのICT-AIプラットフォーム」、経済産業省 製造産業局 ものづくり政策審議室 課長補佐である住田光世氏による「2019年版ものづくり白書の概要」などについてお伝えする。(2019/7/16)

予期せぬ恩恵:
老後「2000万円」は“禁句”の金融業界、複雑な表情
金融庁金融審議会の「老後に2千万円が必要」とする報告書をめぐる一連の騒動で、金融業界に戸惑いが広がっている。老後の資産を増やすためのセミナーや金融商品への関心が急に高まっており、業界関係者は素直に喜べない複雑な表情を浮かべている。(2019/7/8)

BIM×クラウドで実現するテレワークと人材確保:
建設業界の“働き方をデザインしよう!”Adobeが考えるAIを活用した真の働き方改革
アドビ システムズは、“クラウド”と“AI”を武器にした各種製品群で、建設業界の働き方改革をバックアップしている。同社が主催したセミナーでは、乃村工藝社のBIM推進の取り組みや地方に埋もれた人材を発掘するBIMオペレータのテレワーク事業などが紹介された。(2019/7/3)

MONOist IoT Forum 福岡2019(前編):
日本発の元祖スマート工場が歩む道と、標準化が進む第4次産業革命向け通信規格の動向
MONOist、EE Times Japan、EDN Japan、スマートジャパン、TechFactoryの、アイティメディアにおける産業向け5メディアは2019年6月18日、福岡市内でセミナー「MONOist IoT Forum 福岡」を開催した。本稿前編では三菱電機 FAシステム事業本部 FAソリューションシステム部 主席技監 森田温氏の基調講演と、日本OPC協議会 マーケティング部会 部会長である岡実氏によるランチセッションの内容をお伝えする。(2019/6/27)

サービスロボット:
屋内の地図は天井にアリ? LiDARを5つ搭載するパナソニックの自律搬送ロボの安全性
パナソニックは2019年6月21日、技術セミナーを開催し、病院などで活躍する自律搬送ロボット「HOSPI」の技術力について紹介した。(2019/6/25)

「dynabook Day 2019」7月9日開催 最新デバイスやソリューションが結集
Dynabookが7月9日、東京都新宿区でプライベートイベントを開催する。同社が「dynabook」ブランドで展開している最新デバイスやソリューションが展示される他、講師を迎えてセミナーも開催する。(2019/6/11)

MONOist品質管理セミナー:
最新技術を品質保証に生かすには、これからのモノづくりの在り方
MONOistは新時代の品質保証をテーマとしたセミナー「製造業×品質、転換期を迎えるモノづくりの在り方」を開催。同セミナーでは次々と発覚する検査不正や品質問題に立ち向かうべく、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)といった新時代のテクノロジーを従来の品質改善活動にどのように組み込むべきか、講演を通じて紹介した。(2019/6/11)

マクドナルドの「踊るだけ」宣伝動画、商品訴求はなし それでもTikTokでバズった理由とは
TikTokを運営するByteDanceがインターネット・マーケティングフォーラム2019でセミナーを開催した。(2019/6/10)

製造マネジメントニュース:
日系製造業の買収が失敗する理由――デューデリ不足でシナジー見誤り
PwC Japanグループは2019年6月7日、「製造業のM&Aに欠落しがちな視点〜生産改革と見えない資産を評価することの重要性」をテーマにメディアセミナーを開催。日系製造業のM&Aトレンドを解説するとともに、製造業M&Aの成否を左右する「オペレーショナルデューデリジェンス」の重要性を訴えた。(2019/6/10)

JISSO PROTEC 2019:
iPhoneで分かるチップ部品小型化トレンド、0201部品の採用は2019年から
パナソニックは、「JISSO PROTEC 2019(第21回実装プロセステクノロジー展)」に合わせて技術セミナーを開催し、微小部品実装の技術動向について説明した。(2019/6/6)

機運高まる:
ビジネス感覚はアートで磨け 国立美術館のセミナー、すぐ満員
ビジネスパーソンには論理や理性だけでなく、感性と美意識、そして世界に通用する教養が必要だ。近年、アートを通じて得た新たな視点や経験を、経営やビジネスに生かそうとする機運が高まっている。(2019/6/6)

防止法の意味:
上司はつらいよ パワハラ防止法の施行が与える管理職への影響
いわゆるパワハラ防止法が可決、成立しました。ハラスメント研修では、官公庁や大手から中小企業までさまざまな職場、それも管理職向けのセミナーを行っている立場から考えます。(2019/6/3)

MONOist IoT Forum 大阪2019(後編):
自動車部品製造業が「見える化」システムを開発しITベンダーになるまで
MONOist、EE Times Japan、EDN Japan、スマートジャパン、TechFactoryの、アイティメディアにおける産業向け5メディアは2019年1月22日、大阪市内でセミナー「MONOist IoT Forum in 大阪」を開催した。後編ではi Smart Technologies CEOの木村哲也氏の講演「1時間で始まるスマートファクトリー」とその他のセッションの内容をお伝えする。(2019/5/30)

2019年7月には新施設を建設か:
デルとEMCジャパン版“宮崎キャンプ”に潜入 新製品の予定や最新動向を聞いてきた
デルおよびEMCジャパンは2019年5月、ユーザー向けイベント「Dell EMC テクニカルセミナー 宮崎キャンプ」を開催した。メディアにはあまり公開されないというその様子をのぞいてきた(2019/5/30)

SD-WANの今が分かった:
PR:クラウドファースト時代にネックになる通信経路、SD-WANが課題解決
専用線とデータセンターを前提とした企業のWANが姿を変えようとしている。きっかけはクラウドサービス(SaaS)の浸透と、モバイル端末などを利用したインターネットアクセスだ。ネットワーク構成を幾度となく素早く変更しなければならない場面が多発している。このような課題に役立つのがSD-WANだ。Dell EMCが主催し、2019年4月19日に開催したセミナーでは、Dell EMCの他、SD-WANソリューションに定評があるVMwareやVersa Networks、トレンドマイクロが登壇し、SD-WANの最新動向や各社のソリューションについて語った。(2019/5/28)

VR:
パナVR、システムキッチンから未来を体験できる空間を紹介
パナソニックは2019年5月23日、技術セミナー「VRシミュレーション技術の取り組み」を開催。これまでのVR技術開発の変遷に加え、2019年4月に開業したマンションセンター「HARUMI FLAG パビリオン」に導入しているVR設備の特徴などを紹介した。(2019/5/27)

ハノーバーメッセ2019:
PR:産業用IoTの中心地で見たもの、ハノーバーメッセ2019に見る製造業の生きる道
インダストリー4.0の進捗確認の場とされているハノーバーメッセは毎年、産業用IoTの新たなトレンドが生まれる場所として注目を集めている。その中で2019年はどのような傾向が生まれたのだろうか。日本マイクロソフトが開催したハノーバーメッセのレビューセミナー「産業用IoTの現在地:今、製造業は何をすべきか」の内容をお伝えする。(2019/5/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。