ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「バーチャルコンソールアーケード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バーチャルコンソールアーケード」に関する情報が集まったページです。

まさにぷよぷよ界の「電王戦」? ぷよぷよ人類トッププレイヤーと最強AIの対決がアツい
最強AI開発者「2015年中に人類を終わらせる」。(2015/3/4)

セガ、「ぷよぷよ通」「ワンダーボーイ モンスターランド」をWiiバーチャルコンソールで配信開始
いまだにゲーセンで稼働を続けるセガのロングセラータイトル「ぷよぷよ通」と「ワンダーボーイ モンスターランド」が、Wiiバーチャルコンソール向けに配信。「ぷよぷよ通」は6月7日に、「ワンダーボーイ モンスターランド」は6月中に配信をスタートする。(2011/6/3)

2月4日は「ぷよの日」――今年で誕生から20年を迎えました
記念すべき今年の2月4日、240名に当たる「ぷよの日」プレゼントキャンペーンをはじめ、ニコニコ静画にて「ぷよぷよ」20周年イラストコンテスト、今春バーチャルコンソールアーケードにて「ぷよぷよ」を配信決定。(2011/2/4)

なぜ、人はゲームにハマルのか?:
第6回:ハラハラドキドキ感を演出するゲームサウンドの魅力
「なぜ、人はゲームにハマルのか?」をまじめに考察する不定期企画の6回目は、ゲームにおけるサウンドの重要性について紐解きます。(2011/1/18)

初のコンシューマ移植! 「ブラックドラゴン」配信日が決定
(2010/12/3)

カプコン、Wii向けに「魔界村」「ブラックドラゴン」「1942」配信決定
カプコンの名作アーケードゲーム3作品がWiiバーチャルコンソールアーケードで甦る。とくに、「ブラックドラゴン」は家庭用ゲーム機向けとしては初の移植作品となる。(2010/10/8)

VCアーケードで「ソンソン」と「エグゼドエグゼス」の配信決定
(2010/8/27)

なぜ、人はゲームにハマルのか?:
第4回ピンチの後にはチャンスあり! プレイヤーへの爽快感を高める「逆転の法則」
スポーツでもゲームでも、味方と敵とで好守が逆転するシステムは実はコンテンツを面白くする普遍的な要素なのかも?(2010/6/11)

日々是遊戯:
自宅をゲームセンターに変える、夢の「アーケードPC」
アーケード筐体にPCを組み込んだ「アーケードPC」を自作、起動している様子を納めた動画が「ニコニコ動画」で人気を集めている模様です。(2009/6/8)

バーチャルコンソールアーケードに「ニューマンアスレチックス」登場
バンダイナムコゲームスは、超人達による奇想天外スポーツゲームを4月28日、Wiiのバーチャルコンソールアーケードで発売する。(2009/4/27)

バーチャルコンソールアーケードに「妖怪道中記」追加
バンダイナムコゲームスは4月28日、バーチャルコンソールアーケードに「妖怪道中記」を配信する。(2009/4/27)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その30):
GDCに行って来た! キーワードはトライアル&エラー?
記念すべき第30回目を迎える「最近どうよ?」。ずいぶんサボってたくねくねハニィが、3月23日〜27日に北米サンフランシスコで開催されたGame Developer Conferenceのリポートをするよん。このテイスト、ちょっと久々だから新鮮だったりしない?(2009/4/7)

日々是遊戯:
待望のWii「4.0J」リリース! 気になる“SDカードからの直接起動”の使い勝手は?
3月27日にリリースされた新ファームウェア「バージョン4.0J」で、ついに待望の「SDカードからの直接起動」が実装されたWii。果たして、その使い勝手は?(2009/4/2)

セガ、バーチャルコンソールアーケードで「スペースハリアー」配信開始
(2009/3/26)

バーチャルコンソールアーケードに「スターフォース」登場
(2009/3/26)

バンダイナムコゲームスからはゼビウスなど30タイトルを順次投入――「バーチャルコンソールアーケード」
(2009/3/26)

「ギャプラス」も初代FFもWiiで バーチャルコンソールに懐かしのゲーム
「バーチャルコンソール」に、なつかしのアーケードゲームや、初代FFが加わる。(2009/3/26)

DS向け新作ゼルダを発表――GDC 2009で任天堂・岩田聡氏が語ったこと
現地時間の3月25日、サンフランシスコで開催中のGDC 2009の基調講演に任天堂の岩田聡社長が登壇。DS用新作ゼルダやバーチャルコンソール アーケード、Wiiのアップデートにより直接SDカードからゲームを起動できるようになったことなどが発表された。(2009/3/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。