ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「若本規夫」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「若本規夫」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

地べたを這いドロ水すすって戻ってきた JRAコラボ「ポプテピ記念」で完全新作アニメ公開
そして声優陣は例の4人。(2018/6/14)

ンッツゥブゥレンナァイ! 「仮面ライダービルド」、新ライダーの変身ベルトが完全に“若本ボイス”でファン熱狂
もう何回リピートしたことか。(2017/12/24)

東山奈央、若本規夫、緑川光ら豪華声優が集結 異世界の質屋が舞台のWebアニメ「たまぽんず」が1月27日から
全6話で隔週配信予定です。(2017/1/17)

「ゴキブリのようにここに集まってきた理由はなんだ」 若本規夫さんが読み上げるプーチン大統領の名言がおそロシア
さすがはプーチン大統領。(2016/10/6)

若本ボイスがイケボ全否定される動画「スーパー桃太郎」がいろいろおかしい
小野大輔(イケボ)、緑川光(イケボ)、若本規夫(イケボじゃない)。(2016/10/4)

若本規夫「やったるニャア!」 “おっさん社長”ネコが大暴走する映画「メン・イン・キャット」予告映像が公開
ナレーションではしゃぎまくり。(2016/9/30)

ねとらぼレビュー:
中村悠一×杉田智和がダラダラとゲームで遊ぶだけの番組「東京エンカウント」がなぜこんなに面白いのか
薄い本が出せるくらい濃い絡みを堪能!(2015/11/20)

声優専門チャンネル「ST-X」が「スカパー!オンデマンド」で10月に開局 月額1080円で見放題
アニメ専門チャンネル「AT-X」が、スカパー!オンデマンドで声優チャンネル「ST-X」を10月1日に開局する。月額1080円(税込)で声優バラエティ番組が見放題になる。(2015/8/31)

映画「コマンドー」のベネットが日本のファンにまさかの祝福メッセージ 「お前らへの挨拶ならタダでも喜んでやるぜ」
日本に来いよベネット!(2015/5/1)

“ガム彼”たちが記憶喪失!? しかも若本ボイスの新キャラ!? ロッテ公式の乙女向けコンテンツ「ガム彼!」がバレンタイン後に超展開
細かいこたぁいいんだよ!!(2015/2/15)

萌えカルチャーイベント「萌えカル文化祭」開催 「全日本若本規夫選手権」も
アニメや同人誌、フィギュアなど“萌えカルチャー”を集めたイベント「萌えカル文化祭2012」が東京・蒲田で開かれる。若本規夫さん本人が審査員の「全日本若本規夫選手権」もあるぞ。(2012/4/6)

MMORPG「TERA」、7月1日よりクローズドβテストを実施
4年にわたり開発が進められているMMORPG「TERA The Exiled Realm of Arborea」がついにクローズドβテストを7月に実施する。また、重要キャラクターの声優や、6月に行われる先行体験会「TERA DAY」の応募方法なども発表された。(2011/5/16)

“創造する”シューティングゲームとは一体?――フィギュアで戦うTPS「トイ・ウォーズ」詳細情報公開
クローズドβテストへの募集も開始された新作オンラインTPS「トイ・ウォーズ」について、システムや世界観など多くの情報が発表された。(2011/1/12)

夏にPSPで新作登場! 劇場版の公開日も決定した「戦国BASARA」5周年祭レポ
(2011/1/4)

「字幕版」と「吹き替え版」の両方が発売に――PS3/Xbox 360版「コール オブ デューティ ブラックオプス」発売日決定
オリジナル英語ボイス収録の「字幕版」は11月18日に、日本人声優による「吹き替え版」は12月16日に発売される。(2010/9/1)

魔王信長、冥府より蘇る――「戦国BASARA3」
(2010/7/23)

モバイルルータをセットした「CEREVO CAM ルータセット」
ネットワーク対応デジカメ「Cerevo Cam」に、携帯電話やデータ通信端末を接続できるモバイル無線LANルータを組み合わせたセット商品が販売開始。(2010/3/26)

「うらぁぁぁッ!」「撮るぁーッ!」――若本規夫ボイスでしゃべる「CEREVO CAM」を見てきた
「うらぁぁぁッ!」「撮るぁーッ!」――シャッター音の代わりに若本規夫さんや戸松遥さんの声でしゃべる「CEREVO CAM」を見てきた。(2010/3/26)

「スプリンターセル コンヴィクション」最新トレイラー公開――声優&体験版配信決定
(2010/3/9)

Cerevo、しゃべる「CEREVO CAM」限定版の発売日を決定
Cerevoは、同社製Webカメラ「CEREVO CAM」の限定仕様モデル「CEREVOT(セレボット)バージョン」の発売日と価格を決定した。(2010/2/12)

ねとらぼ:
しゃべる「CEREVO CAM」開発中 メカな兄にツンデレ妹、擬人化キャラ公開
撮影した写真を自動でWebにアップする「CEREVO CAM」限定モデルとして、シャッター音の代わりに擬人化キャラが“しゃべる”モデルを開発中。声優が妙に豪華だ。(2010/1/21)

貪欲になれます――「スカシカシパンマンDS」アフレコに中川翔子さん、若本規夫さん登場
インターチャネルから2009年3月5日に発売予定のニンテンドーDS「スカシカシパンマンDS しょこたんこと中川翔子プロデュース」のアフレコに貪欲(どんよく)にお邪魔してみました。(2008/12/12)

目指すは世界制覇――「ゲットアンプド2」製作記者発表会
10月21日、秋葉原UDXシアターにおいて11月6日より正式サービスが開始されるサイバーステップの「ゲットアンプド2」の記者発表会が行われた。声優として参加している田中理恵さんや金田朋子さん、そして間島淳司氏も駆けつけた。(2008/10/21)

キャラクターボイスを導入――「ファンタジーアース ゼロ」秋の大型アップデート
(2008/10/16)

東京ゲームショウ2008 カプコンブース:
いよいよアニメに出陣します――「戦国BASARA バトルヒーローズ」スペシャルステージ
カプコンブースでは、「戦国BASARA バトルヒーローズ」のゲームの新たな要素のほか、「戦国BASARA」のテレビアニメ化について明らかにされた。(2008/10/9)

やり込み度はどれくらいアップした? 「魔界戦記ディスガイア3」PV第2弾を公開
(2007/11/30)

「TakeDown」クローズドβテスターの募集開始――ITmedia +D Games枠でも募集
ハンビットユビキタスエンターテインメントは都内の会場で発表会を開催。オンラインFPS「TakeDown」のサービスを開始すると発表した。本日よりクローズドβテスターの募集も開始した。(2007/9/18)

「戦国BASARA2」ドラマCD3部作最終盤収録後インタビュー
10月24日は発売される「戦国BASARA 〜漆黒!本能寺の変〜ドラマCD」の収録が行われた。今回、キャスト5人にお話をうかがった。(2007/7/23)

大切な言葉を聞き逃さないために――「耳で右脳を鍛えるDS聴脳力」
マイルストーンは、2007年7月26日よりニンテンドーDS用ソフトとして、新日本速読研究会川村明宏博士監修の速脳速聴ゲーム「耳で右脳を鍛えるDS聴脳力」を発売する。ちょうのうりょく……? ってなんですか?(2007/6/19)

姉川の戦いにのぞむ政宗、長政、そして信長――「戦国BASARA2 〜蒼穹!姉川の戦い〜ドラマCD」
カプコンの「戦国BASARA2」ドラマCDシリーズ最新作となる「戦国BASARA2 〜蒼穹!姉川の戦い〜ドラマCD」が1月24日に発売される。この収録後に合同インタビューが行われたので、その模様をお届けしよう。(2006/12/1)

「超獣機神ダンクーガ」をリメイク――「獣装機攻 ダンクーガ ノヴァ」がTVアニメで放送に
(2006/11/8)

「トップをねらえ!&トップをねらえ2!合体劇場版!!」10月1日より公開。初日には舞台あいさつも
(2006/9/29)

もう一度PCで娘を育てる――「プリンセスメーカー4」完全移植で発売
サイバーフロントから、PS2版を完全移植した「プリンセスメーカー4」が7月28日に発売される。イベントシーンなども追加されており、価格は8190円。(2006/6/15)

よりスタイリッシュになってアイツらが帰ってきた――新たな英雄たちも続々と参戦する「戦国BASARA2」
戦国時代を生きる武将となり、おのれの体ひとつで幾千の敵を相手どり、戦乱の世を駆け抜けるスタイリッシュ英雄(HERO)アクション最新作「戦国BASARA2」。第1報となる今回は、登場する英雄たちを中心に、それぞれの固有技などを紹介していく。(2006/4/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。