ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Wake Up, Girls!」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Wake Up, Girls!」に関する情報が集まったページです。

「めちゃくそ綺麗」 舞台「機動戦士ガンダム00」キービジュアルが公開、再現度の高さにファンの期待爆上げ
追加キャスト12人も明らかに。(2018/9/20)

WUGが2019年3月での解散発表 ネットでは悲痛な叫びがあがる
声優活動は継続。(2018/6/15)

「プリティーシリーズ」に新展開 アニメ「キラッとプリ☆チャン」が2018年4月に放送開始、新たな筐体も
「プリティーオールフレンズプロジェクト」に続く新プロジェクト第2弾。(2018/1/24)

「Wake Up, Girls!」田中美海も出席! 「東京アニメセンター in DNPプラザ」が10月28日にリニューアルオープン
田中美海「世界に向けて『日本のアニメはすんごいんだぞ!』ともっともっと知ってもらえるように、私からも発信できるよう頑張りたいです」(2017/10/27)

ヤマカンこと山本寛監督がテレ東とWUG製作委員会に「通告」 テレ東は「製作委員会で協議中」とコメント
ヤマカン作詞楽曲の明日はどっちだ。(2017/10/16)

山本寛監督、オリジナルアニメ「薄暮」のクラウドファンディングで目標額1500万に到達!
「blossom」、「Wake Up, Girls!」に続く東北三部作の最終作。(2017/4/25)

アニソン専門の定額配信サービス「アニュータ」開始 5万曲超が月額600円、企業の垣根を超えたラインアップ
アニメ作品名での検索といったアニソンサービスならではの機能も。(2017/3/24)

福島の“いま”を描く 山本寛監督の新作アニメプロジェクト「薄暮」、クラウドファンディングが開始
原作となるWeb小説が無料公開中。(2017/2/26)

「Wake Up, Girls!新章」2017年テレビアニメ放送決定 監督は山本寛から板垣伸に変更
キャラクターデザインは菅原美幸さんが務め、絵柄にも変化が。(2016/12/11)

「おそ松さん」OP曲を歌うA応P、声優アワードで特別賞を受賞 「活動実績とアニメ業界の盛り上げに期待」
最近カラオケで「はなまるぴっぴ はよいこだけ」と「全力バタンキュー」歌った人も多いのでは。(2016/2/16)

バレンタインを捧げよ! Wake Up, Girls!とi☆Risの合同バレンタインライブが開催決定
安心してください、予定はもともと空いてますよ。(2015/12/14)

日本最大のアニソンイベント「アニメロサマーライブ2015」、NHK BSプレミアムで6週連続放送決定!
11月15日から、各週日曜日放送。(2015/9/11)

Audibleもサービス開始 国内オーディオブック市場の今をオトバンク上田会長に聞く
米Amazon.com傘下でオーディオブックの制作・配信を手掛ける米Audibleが、月額1500円でオーディオブックを聴き放題にするサービスを国内で開始した。にわかに注目を浴びているオーディオブックの今について、オーディオブック配信サイト「FeBe」を運営するオトバンク代表取締役会長の上田渉氏に聞いた。(2015/7/25)

「Wake Up, Girls!」アニメ未公開ストーリーがオーディオブックに
オトバンクで配信しているほか、アニメイトなどではダウンロード用のカードを販売している。(2015/6/5)

「第9回声優アワード」受賞者が決定 主演女優賞に「アナ雪」神田沙也加、主演男優賞は小野大輔
小野大輔さんは2度目の主演男優賞受賞。(2015/3/6)

アニメ「Wake Up, Girls!」全12話&劇場版 ニコ生で一挙放送
ヤマカンの全力!(2015/2/26)

【ワンフェス2014夏】セガブースをライブ配信 「テラフォーマーズ」などのステージも
「ワンダーフェスティバル2014【夏】」会場からセガブースの模様をライブ配信する。豪華ゲストを招いて行われる「Wake Up,Girls!」「テラフォーマーズ」のステージイベントも。配信は7月27日11時0分〜。(2014/7/25)

ライブも目前 『Wake Up, Girl!』久海菜々美役・山下七海さん 握手会レポ&インタビュー
仙台を舞台に7人の少女がアイドルを目指すアニメ『Wake Up, Girls!』。大きな話題を集める本作の登場人物、久海菜々美役を演じている山下七海さんの握手会イベントが開催されました。(2014/7/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。