ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「山本寛」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「山本寛」に関する情報が集まったページです。

「涙とまらん」「これ以上被害が広がりませんように」 京アニ火災に声優やアニメ関係者ら悲痛の声相次ぐ
火災は7月18日午前10時すぎに発生。(2019/7/18)

ヤマカンこと山本寛監督、破産手続き開始決定 映画「薄暮」には影響ないと説明
債務の大部分は過去のアニメの制作費に関連するものとしています。(2019/3/11)

ヤマカン新作映画「薄暮」5月に福島県先行、全国順次公開決定 主演に桜田ひより、加藤清史郎
ついに公開。(2019/1/26)

アニメ制作を仮想通貨で支援する「トワイライトコイン」発行計画、クラウドファンディング方式へ転換
アニメ監督の山本寛氏が率いる製作スタジオTwilight Studio(トワイライトスタジオ)がアニメ制作用の仮想通貨「トワイライトコイン」を使ったICOプロジェクトの概要を発表。当初はトワイライトコインを購入することでアニメ製作を支援する形を想定していたが、クラウドファンディング型の仕組みに切り替える。(2018/6/22)

アニメ製作用仮想通貨「トワイライトコイン」発行へ ファンがクリエイターを直接支援
アニメ製作に特化した仮想通貨「トワイライトコイン」発行計画を、アニメ監督のヤマカン氏が発表した。アニメファンにコインを買ってもらって製作資金を調達し、クリエイターに還元したり、作品を盛り上げる狙いだ。(2018/1/5)

アニメ監督の山本寛さん、独自の仮想通貨で資金調達する“ICO”による「新アニメ制作方式」検討
スタジオの名にちなみ、“トワイライトコイン”という名前に。(2017/12/30)

ヤマカンこと山本寛監督がテレ東とWUG製作委員会に「通告」 テレ東は「製作委員会で協議中」とコメント
ヤマカン作詞楽曲の明日はどっちだ。(2017/10/16)

山本寛監督、オリジナルアニメ「薄暮」のクラウドファンディングで目標額1500万に到達!
「blossom」、「Wake Up, Girls!」に続く東北三部作の最終作。(2017/4/25)

福島の“いま”を描く 山本寛監督の新作アニメプロジェクト「薄暮」、クラウドファンディングが開始
原作となるWeb小説が無料公開中。(2017/2/26)

ちょぼらうにょぽみ先生 キンコン西野の「えんとつ町のプペル」を漫画「あいまいみー」で盛大にボコる
一方、当の西野さんはこの漫画をリツイート。(2017/2/7)

「Wake Up, Girls!新章」2017年テレビアニメ放送決定 監督は山本寛から板垣伸に変更
キャラクターデザインは菅原美幸さんが務め、絵柄にも変化が。(2016/12/11)

アニメ監督・山本寛、芸能事務所入りを報告 「今後はラジオや配信、TVなどの番組にも顔を出させてもらえれば」
「もうこうでもしなけりゃ、ヤマカンのイメージは変わりませんよ(笑)」ともコメント。(2016/8/22)

アニメ監督・山本寛さん、ブログで体調の回復を報告 ただし「完全復帰」はまだ
「余りに理不尽な事案が重なった末、体調不良に陥った」として無期限の休養を宣言していました。(2016/8/18)

アニメ監督・山本寛さん 体調不良により無期限休養へ
「余りに理不尽な事案」が重なったためとのこと。(2016/5/30)

アニメ「Wake Up, Girls!」全12話&劇場版 ニコ生で一挙放送
ヤマカンの全力!(2015/2/26)

ライブも目前 『Wake Up, Girl!』久海菜々美役・山下七海さん 握手会レポ&インタビュー
仙台を舞台に7人の少女がアイドルを目指すアニメ『Wake Up, Girls!』。大きな話題を集める本作の登場人物、久海菜々美役を演じている山下七海さんの握手会イベントが開催されました。(2014/7/17)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/8/12)

外伝アニメ化も絵馬で発表、『らき☆すた』聖地の鷲宮神社に初詣に行ってきた
アニメ『らき☆すた』が放映されて以来、その舞台になったことから多くの観光客を集めている鷲宮神社。今年は絵馬で、『らき☆すた』外伝にあたる『宮河家の空腹』のアニメ化が発表されていた。(2013/1/1)

電子書籍もここからどうぞ:
漫画・小説が原作の2013年冬アニメを全チェック
今シーズンも新年から続々と放映される冬アニメ――。その中から漫画や小説が原作となっている作品を一挙に紹介する。電子書籍が販売されている作品もあるので、参考にしてほしい。(2012/12/5)

アニメビジネスの今:
宮崎駿氏は71歳だけど……アニメ監督の高齢化は進んでいるか?
日本を代表するアニメ監督である高畑勲氏や宮崎駿氏が70歳を超えても制作を続けていることや、若手の労働環境が厳しいものがあるため高齢化が進んでいると言われるアニメ業界。実際はどうなのか調べてみた。(2012/6/26)

誠 Weekly Access Top10 特別編:
2010年、Business Media 誠で最も読まれた記事は……
iPad発売に南アフリカワールドカップ、尖閣ビデオ流出と、さまざまなことがあった2010年。Business Media 誠で最も読まれた記事は何だったのだろうか……。(2010/12/29)

誠 Weekly Access Top10(2010年7月24日〜7月30日):
私が“痛チャリ”に乗る理由
ここ数年、アニメキャラクターなどをプリントしたクルマ“痛車”が話題となる機会が増えている。「主張が強すぎる」と痛車に否定的だった筆者だが、あるメリットに気付いて現在では“痛車”ならぬ“痛チャリ”で通勤するようになっている。(2010/8/4)

業界が“先祖返り”している――『ハルヒ』『らき☆すた』の山本寛氏が語るアニメビジネスの現在
日本発コンテンツとして期待され、国際的にも注目を集めていると言われているアニメだが、制作現場の労働環境の悪さが伝えられることも少なくない。『涼宮ハルヒの憂鬱』や『らき☆すた』を手がけた山本寛氏にアニメビジネスの現在を尋ねた。(2010/7/26)

女子が女子を思う気持ちはこれほどか! アニメ「ブラック★ロックシューター」花澤香菜&沢城みゆきインタビュー
アニメ「ブラック★ロックシューター」のアフレコを終えたばかりの花澤香菜さん、沢城みゆきさん、吉岡忍監督、監修を務めた山本寛さん、本作のプロデューサーである安藝貴範さんにお話をうかがった。(2010/5/10)

「ブラック★ロックシューター」アニメ化 無料配布で広く公開
初音ミク楽曲「ブラック★ロックシューター」がアニメ化される。本編は雑誌付録DVDなどで無料公開する手法を採用。(2010/3/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。