ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ゼノサーガ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ゼノサーガ」に関する情報が集まったページです。

「FF7」「サクラ大戦」「グンペイ」何歳のときプレイしたか覚えてる? 時の流れを感じてしまう“ゲームの発売年”
ポリゴンが超リアルに見えた不思議。(2018/12/7)

「クソゲーオブザイヤー2017携帯」まさかの「該当作品無し」 ゲーム界“裏の祭り”に何が起きたのか
「クソゲーが出ないことは良い事です」。その言葉は、どこかむなしく感じた。(2018/6/26)

“みかんの白い筋”の正しい名称は、中二病にかかりそうなくらいかっこいい
ゲームに出てきそう……というか出てる。(2018/5/9)

梶浦由記、過去最大規模のツアーが開幕!! 「FictionJunction/Yuki Kajiura LIVE vol.#6 at 横浜BLITZ」
梶浦由記プロデュースによる「Kajiura Produce 3rd Anniversary LIVE TOUR」が開幕。ゲストに伊東えりを迎えて横浜BLITZで開催されたFictionJunctionのステージをリポートする。(2010/7/6)

週間ソフト販売ランキング:
名前を継ぐということ
2010年6月7日〜6月13日の期間集計したソフト販売ランキングです。トップに輝いたのは“あの”名前を冠するWiiタイトルでした。(2010/6/18)

800本のゲームに捧げた青春 21歳、攻略サイト「GAYM」で起業
「訳の分からない道に進むな」――そんな両親の反対を押し切り、大好きなゲームの攻略サイトで起業した21歳の青年がいる。(2008/12/5)

「ディザスター デイ オブ クライシス」レビュー:
災害のオンパレードとWii操作のオンパレードで描かれる、極めてハリウッド的なアクション巨編
災害の中をくぐり抜けつつ、特殊部隊を追い詰めていく、超絶サバイバルアクション。これでもか、というほどに、アクション映画のツボをおさえた演出が盛り込まれ、どんなにピンチでもなかなか死なない男・レイの活躍を見届け……いや、やりとげることができる!(2008/10/16)

目的は世界撲滅? セガ、完全新作のRPG「ワールド・デストラクション」
人間が獣人に支配されている世界を舞台に、世界撲滅を目指す委員会の一員にされてしまった主人公と、その仲間たちの物語を描いたRPGが登場。開発スタッフには田中久仁彦氏、加藤正人氏、光田康典氏など、豪華クリエイター陣が名を連ねる。(2008/4/28)

「ソーマブリンガー」レビュー:
自由なカスタマイズと軽快な戦闘アクションをDSで――3人で冒険できる“協力”アクションRPG
「ソーマブリンガー」は気軽に遊べるアクションRPG。7人×6クラスから自分の分身を選び、多彩な武器を装備し、バラエティに富んだアビリティを自由につけはずしできるカスタマイズが楽しい。プレイはサクサク、やり込みもバッチリ。魅力的な主人公たちが「ソーマ」を巡って壮大な冒険に旅立つ。3人によるマルチプレイも楽しい良作RPGだ。(2008/3/12)

モノリスソフトが任天堂傘下に
(2007/4/27)

任天堂、バンダイナムコゲームスからモノリスソフトを買収
(2007/4/27)

「右脳の達人 爽解!まちがいミュージアム2」レビュー:
遊び心満載のまちがい探しゲーム再び
あの“まちがい探し”がパワーアップして再登場。あわせて1万問以上の問題に挑戦だ。ゲーム性も向上して、さらに楽しめるようになっている。(2007/3/6)

バンダイナムコゲームス、「メロキャラ リクエストフェア」を開催
(2007/2/27)

「ルミナスアーク」主題歌CDとサウンドトラック、3月21日に発売
(2007/2/26)

バンダイナムコゲームス、「新春!メロキャラ年賀状」イベントを開催
(2006/12/27)

マーベラスインタラクティブ、正統派オリジナルS・RPG「ルミナスアーク」を発売
マーベラスインタラクティブからニンテンドーDS用ソフト「ルミナスアーク」が登場する。発売日は今冬、価格は5040円(税込)を予定。(2006/9/5)

待受・着メロ総合サイト「メロキャラ」に「VIPメニュー」
(2006/8/11)

「ゼノサーガ エピソードIII」の携帯向け待受画像/カレンダーを配信
(2006/6/29)

過去と現在が交錯する――「ゼノサーガ エピソードIII」
発売も目前と迫ったプレイステーション 2用ソフト「ゼノサーガ エピソードIII [ツァラトゥストラはかく語りき]」に登場する、シリーズ完結を担うキーパーソンを紹介しよう。(2006/6/16)

バンダイナムコ、iモード向けに「Xenosaga Pied Piper」を配信
(2006/5/24)

E3 2006「バンダイナムコゲームスブース」:
ついに起動、Xbox 360「機動戦士ガンダム(仮題)」――PSP「Ace Combat X」もプレイアブルで出展
バンダイナムコゲームスは、Xbox 360「機動戦士ガンダム(仮題)」、PSP「Ace Combat X」、「Tekken: Dark Resurrection」など、17タイトルのプレイアブル版を用意。ブース内にあるスクリーンでは、「鉄拳6」などのムービーも上映されていた。(2006/5/12)

「ゼノサーガ エピソードIII」はこう戦えり――新キャラも登場
次第にその全容が見えてきた2006年7月6日に発売を予定しているプレイステーション 2用ソフト「ゼノサーガ エピソードIII [ツァラトゥストラはかく語りき]」。今回は5人のキャラクターやバトルについて紹介する。(2006/4/21)

「ゼノサーガI・II」レビュー:
DSカードの限界に挑戦? ゼノサーガを再び自らの手の中で
独特の世界観と物語、魅力ある登場人物たちで話題をさらい、年内には完結編となる3作目のリリースがPS2版で予定されている「ゼノサーガ」シリーズ。その1、2作目を一度に遊べてしまうという、ぜいたくなソフトが登場した。オリジナルと比べて、果たして何が違うのだろうか?(2006/3/31)

Ver.4の「KOS-MOS」や謎のアンドロイド「T-elos」を公開。「ゼノサーガ エピソードIII [ツァラトゥストラはかく語りき]」
2006年7月6日に発売を予定しているプレイステーション 2用ソフト「ゼノサーガ エピソードIII [ツァラトゥストラはかく語りき]」。今回は登場キャラクター8人と、本作の中心、さらに言えばの鍵を握るであろうフィールド「謎の浮遊大陸」などを紹介する。(2006/3/24)

東京国際アニメフェア2006が開幕
日本アニメの振興と育成を計る目的で開催されている「東京国際アニメフェア2006」が開幕した。ビジネスデー初日となる3月23日、会場の東京ビッグサイトには多くの来場者が訪れていた。(2006/3/23)

「バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子」レビュー:
ていねいに作りすぎたゆえに、一見すると地味にも見える。でも絶対面白いから遊んでみてよ
カードゲームとRPGを見事に融合させた傑作RPG「バテン・カイトス」の続編が発売された。高年齢層、特にマニアックな作品を好むコアなゲームキューブユーザーにはうれしいタイトルだが、そこにとどめるには惜しい、高いポテンシャルを持った良質な作品に仕上がっている1本だ。(2006/3/10)

「ゼノサーガ エピソードIII」予約特典は全部入りのDVDに決定
(2006/3/10)

2006年内にニンテンドーDSを1000万台に――任天堂岩田社長
ついに600万台を突破したニンテンドーDS。2月15日に開催された「ニンテンドーDS カンファレンス!2006.春」では、「Touch! Generations」系ソフトの展開や、ブラウザソフト、ワンセグ放送への対応など、年内の1000万台普及へ向けた施策が発表された。(2006/2/15)

ナムコ「ゼノサーガI・II」予約特典キャンペーン実施
(2006/2/13)

バンダイ「.hack//G.U.」プロジェクト発表会で壮大なメディアミックスを語る
バンダイは、2002年にメディアミックス展開をして話題となった「.hack」シリーズの最新作を発表。それに伴う壮大なプロジェクト内容を公表した。(2006/2/6)

「ゼノサーガI・II」は移植版でもダイジェスト版でもあらず
ニンテンドーDSで刷新された「ゼノサーガ」シリーズのIとIIが遊べるナムコの「ゼノサーガI・II」。今作だけのオリジナルキャラなど、DSならではの、原案に沿ったオリジナル要素が多数採用されている。(2005/12/20)

手のひらに広がる4000年後の未来――ニンテンドーDS「ゼノサーガI&II」
ニンテンドーDSだけの要素も追加され、壮大なゼノサーガの世界が手のひらに帰ってくる。続報!(2005/10/21)

東京ゲームショウ2005――バンダイナムコブース:
初の共同出展で、40タイトル近くを誇る大型ブースに
経営統合を行うバンダイとナムコは、共同でのブース出展で、ちょうど真ん中で区切る形で、左がナムコ、右がバンダイとなっていた。なお、プレイアブル版は「リッジレーサー6」や「.hack//fragment」など、合わせて30タイトルにおよぶ。(2005/9/16)

「ゼノサーガ エピソードI」と「II」が1つになってDSに登場「ゼノサーガ I・II」
プレイステーション 2にて発売された「ゼノサーガ エピソードI【力への意志】」と「エノサーガ エピソードII【善悪の彼岸】」の2本が、さらにエピソードを追加しニンテンドーDSで1つになった。(2005/9/16)

ついにシリーズ完結――「ゼノサーガ エピソードIII[ツァラトゥストラはかく語りき]」始動
サブタイトルは前作シリーズからのつながりどおりニーチェから引用。ナムコは「ゼノサーガ エピソードIII[ツァラトゥストラはかく語りき]」の開発を明かした。(2005/9/16)

「ナムコ クロス カプコン」待受画像を配信
(2005/5/25)

ナムコの純益、過去最高に 「鉄拳」など好調
(2005/5/19)

東京国際アニメフェア 2005:
「東京国際アニメフェア 2005」開幕――ゲームも出展
3月31日から4月3日まで東京ビッグサイトで開催されている「東京国際アニメフェア 2005」を、ゲーム中心で見て回る。(2005/3/31)

ナムコ・カプコン 200以上のキャラが夢の共演!「NAMCO×CAPCOM」
ナムコは同社のおよびカプコンのキャラクタが200以上も登場するプレイステーション2用シミュレーションRPG「NAMCO×CAPCOM」(ナムコ クロス カプコン)を制作発表会を開催した。シオンやKOS-MOS、リュウ・ケンまで人気キャラが勢ぞろいだ!(2005/1/28)

ナムコ、「ゼノサーガII」など不調でゲーム部門が営業赤字に
(2004/11/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。