ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「疾走、ヤンキー魂。」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「疾走、ヤンキー魂。」に関する情報が集まったページです。

スクエニのカウントダウンサイトは「疾走、ヤンキー魂。」×「レーシングラグーン」コラボと判明 冗談じゃねえ……
伝説はそう簡単に蘇らないのさ……(2014/11/7)

「疾走、ヤンキー魂。」初となる「称号システム」を実装
(2009/6/24)

「疾走、ヤンキー魂。」春の爆走☆推進運動開催
(2009/4/22)

日々是遊戯:
「ドラクエIX」深夜発売に行列ができたり、アイレムが謎の組織に乗っ取られたり
4月1日と言えば何の日か覚えていますか? 年に一度だけアイレムと円谷プロが本気を出す日……ではなくて、そう、エイプリルフールです。(2009/4/1)

「疾走、ヤンキー魂。」ダンジョンやクエストを新たに追加
(2009/3/4)

オンラインゲーム最新イベント情報:
“甘い”勅令に従う
3種類の勅レートがランダムで手に入る。(2009/2/10)

新規タイトルや次期アップデート情報も満載――「ゲームポットフェスタ2008」
ゲームポットは12月14日、パシフィコ横浜にてオフラインイベントを開催。「スカッとゴルフ パンヤ」、「トキメキファンタジー ラテール」、「ファンタジーアース ゼロ」など、同社が運営するオンラインゲームのトークショウやミニライブ、ゲーム大会が行われた。(2008/12/15)

「Gamepot Festa 2008」来場者特典アイテム発表
(2008/11/21)

ゲームポット、オフラインイベント「Gamepot Festa 2008」を開催
(2008/11/14)

「疾走、ヤンキー魂。」、第3回特攻テスト参加者募集
(2008/8/29)

「疾走、ヤンキー魂。」で「第二回『特攻テスト』」開催決定
(2008/7/4)

「疾走、ヤンキー魂。」テスター募集開始
(2008/5/23)

「PostPet」5年ぶりの新バージョン――So-net初のオリジナルオンラインゲームも公開
So-netが提供するメールサービス「PostPet」の新サービス発表。5年ぶりとなる最新バージョンやゲームポットが運営するオンラインゲーム、ケータイ向けゲームなど、ゲストに佐々木希さんを迎えて披露された。(2008/5/8)

第一期「疾走、ヤンキー魂。」復活祭の参加者を追加募集
(2008/2/18)

第一期「疾走、ヤンキー魂。」が復活? 「桜クリック祭り。」開催
(2008/2/8)

「絆、プロジェクト。」第2弾を開始――「疾走、ヤンキー魂。」
(2008/1/11)

ライブやゲーム大会とイベント盛りだくさん!「ゲームポットフェスタ2007」
オンラインゲームメーカーのゲームポットは、同社単独イベント「ゲームポットフェスタ2007」を12月16日に開催。会場となったパシフィコ横浜には、多くのユーザーが集まりイベントに参加した。(2007/12/17)

「疾走、ヤンキー魂。」のネットラジオを配信開始
(2007/11/30)

「ウィザードリーオンライン」発表――ゲームポット、懇親会で今後の展開について説明
ゲームポットは本日懇親会を行い、12月16日に開催予定の「Gamepot Festa 2007」の概要と、既存のゲームタイトルにおける今後の展開について発表。その席上で「WIZARDRY」のオンラインゲーム化権を取得したことも明かした。(2007/11/14)

「疾走、ヤンキー魂。」の「絆、プロジェクト」第1弾が始動
(2007/11/2)

公式祭斗を夜露死苦!!――「疾走、ヤンキー魂。」公式サイトがリニューアル
(2007/7/20)

ゲームポットとスクエニ、「疾走、ヤンキー魂。」のライセンス契約を締結
(2007/6/13)

「クロスゲート」にリーゼント実装――「ヤンキー魂。」から受け継がれる魂
(2005/11/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。