ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「安川電機」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「安川電機」に関する情報が集まったページです。

FAニュース:
MECHATROLINK協会が2024年度総会開催、機能安全の取り組みも強化
MECHATROLINK協会は2024年度の総会を開き、活動方針や機能安全への取り組みなどを紹介した。(2024/7/10)

FOOMA JAPAN 2024:
カメラベースの触覚センサー付きロボットがシューマイや卵焼きを巧みに盛り付け
FingerVisionは「FOOMA JAPAN 2024」において、触覚センサー付き具材盛付ロボットによるデモンストレーションを披露した。(2024/6/13)

FOOMA JAPAN 2024:
安川電機が自律ロボットで下膳作業を自動化、食品仕様のスカラロボットも
安川電機は「FOOMA JAPAN 2024」において、自律ロボット「MOTOMAN NEXTシリーズ」を用いた下膳作業の自動化デモンストレーションなどを披露した。(2024/6/11)

医療機器ニュース:
ロボット技術と製薬技術を融合した細胞医療プラットフォーム構築で協業
安川電機とアステラス製薬は、ロボット技術と製薬技術の融合による革新的な細胞医療プラットフォーム構築に向けた覚書を締結した。高品質な細胞医療製品の製造と、研究開発期間の短縮を目指す。(2024/6/4)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
AIで限界突破する“とんでもロボット”たち
今後のさらなる進化に期待です。(2024/6/3)

組み込み採用事例:
安川電機のAI機能搭載産業用ロボットがウインドリバーの組み込みLinuxを採用
ウインドリバーの組み込みLinuxプラットフォーム「Wind River Linux」が、安川電機の産業用ロボット「MOTOMAN NEXT」に採用された。自律制御ユニットに実装し、「NVIDIA Jetson Orin」上で動くLinuxを商用化する。(2024/5/7)

FAニュース:
手軽に導入可能なレーザー溶接ロボットシステム、自動教示位置補正機能も
豆蔵は、低価格で導入できる、レーザー溶接ロボットシステムのローエンドモデル「MzLaserRobot-Ha」を発表した。自動ティーチング位置補正機能を採用しており、補正作業を自動化した。(2024/3/21)

人工知能ニュース:
NVIDIAの新アーキテクチャ「Blackwell」は生成AI特化、汎用人型ロボットにも適用
NVIDIAは「GTC 2024」において、新たなGPUアーキテクチャ「Blackwell」を発表。AI処理性能で前世代アーキテクチャ「Hopper」の5倍となる20PFLOPSを達成。生成AIの処理性能向上にも注力しており、Hopperと比べて学習で4倍、推論実行で30倍、消費電力当たりの処理性能で25倍となっている。(2024/3/19)

FA インタビュー:
アイキューブメカトロニクスで“課題解決型”提案を加速、安川電機の2024年
安川電機は市場環境の変化に対応した堅実な対応を進めながらも、新たなモノづくりコンセプトを実現するさまざまな製品やソリューションを次々に形にしている。2024年の見通しについて安川電機 代表取締役社長の小川昌寛氏に話を聞いた。(2024/3/7)

植物工場の夜明け:
米国のイチゴ工場、200億円の資金調達 NTTや安川電機が認めた「日本人経営者」
米国で「イチゴ工場」を運営する日本人経営者が、シリーズBで200億円を調達した。投資家の期待の大きさが数字に表れている。世界初となる「植物工場でのイチゴの量産化」に成功したOishii Farmの古賀大貴CEOに話を聞いた。(2024/3/1)

IIFES 2024特別企画:
PR:モーションネットワークで工場をスマート化 変化に強いモノづくりを実現
人手不足や環境対応、地政学リスクなど、製造業を巡る課題が複雑化している。その解決策の一つが工場のスマート化だ。各設備を緻密に同期制御し、そこから質の高いデータを集めて利活用することで、変化に素早く対応できる。そういった製造現場をつなぐ産業用ネットワーク規格の一つが「MECHATROLINK」だ。(2024/2/29)

FAニュース:
高速、高効率でデータ収集できるMECHATROLINK-4対応バスカプラ
安川電機は、高速モーションネットワーク「MECHATROLINK-4」に対応した「MECHATROLINK-4バスカプラ」を発売した。従来の「MECHATROLINK-IIIバスカプラ」に比べ、1伝送周期あたりの取得可能なデータサイズが約1.7倍になった。(2024/2/16)

IIFES 2024:
データ収集で工場をスマート化、MECHATROLINK協会がネットワーク活用のデモ展示
MECHATROLINK協会は「IIFES 2024」において、MECHATROLINK-4とΣ-LINK IIを活用したスマート工場のデモを披露した。(2024/2/15)

電子ブックレット(FA):
2023国際ロボット展(iREX 2023)会場レポートまとめ
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2023国際ロボット展の会場リポートをまとめた「2023国際ロボット展(iREX2023)会場リポートまとめ」をお送りします。(2024/2/15)

FAニュース:
MECHATROLINK-4は2回線、安川電機が最大128軸を同期制御するマシンコントローラー
安川電機は、新マシンコントローラー「MPX1000」シリーズを発表し、第1弾として「MPX1310」の販売を開始した。従来の「MP3300 CPU-301」に比べて処理性能が8倍向上している。(2024/2/15)

FAニュース:
安川電機が新型コントローラー発売、セルを統合制御して変種変量生産に対応
安川電機は、セルを統合制御するYRMコントローラー「YRM1010」の販売を開始した。装置や産業用ロボットなどで構成されるセルの統合的な制御に加え、同期性の高いデータのリアルタイム収集とフィードバックができる。(2024/2/7)

IIFES 2024:
安川伝統の高速シャーペン芯回しがパワーアップ、2回線の高速同期制御を訴求
安川電機は「IIFES 2024」において、新発売のマシンコントローラー「MPX1310」の高精度な同期制御を訴求する、シャープペンシルの芯回しのデモンストレーションを披露した。(2024/2/5)

第8回 スマート工場EXPO:
落としても自分で拾う、内蔵カメラを持つ新型協働ロボットが野菜をカゴ詰め
安川電機は「第8回 スマート工場EXPO」において、「MOTOMAN NEXTシリーズ」の協働ロボットを参考出展し、野菜のカゴ詰めデモンストレーションを披露した。(2024/1/26)

産業用ロボット:
多品種の容器に対応する総菜ふた閉めロボット、安川電機とキユーピーが共同開発
キユーピーは、多品種の容器に対応可能な「総菜用ふた閉めロボット」を安川電機と共同開発した。60品種以上のふた容器に対応し、熟練作業者と同等の毎時1300パックの作業スピード、動作の正確性と確実性を再現する。(2023/12/26)

FAニュース:
セル領域に適応、デジタルツイン環境構築を支援するエンジニアリングツール
安川電機は、セル領域に適応し、デジタルツイン環境の構築を支援するエンジニアリングツール「YASKAWA Cell Simulator」の販売を開始した。バーチャル環境を活用して、一気通貫でエンジニアリングできる。(2023/12/21)

ROSの進化とデジタルツインの可能性(前編):
進化を止めないROSは「ROS 2」への移行を加速、デジタルツイン対応も進む
ロボットプラットフォームとして知られる「ROS」の需要が高まり続けている。本稿では前後編に分けて、ROSの進化とデジタルツインの可能性について考察する。前編では、ROSの最新動向とデジタルツインへの対応状況について紹介する。(2023/12/13)

2023国際ロボット展:
自律的に作業を完結できる安川電機の新型ロボット、AIとの融合を容易に
安川電機は、自律的な動作を可能とするための機能を備えた産業用ロボット「MOTOMAN NEXT シリーズ」を発売すると発表した。(2023/11/30)

産業用ロボット:
17のメーカーに対応、産業用ロボット向け次世代オフラインティーチングソフト
ゼネテックは、産業用ロボット向けのロボットオフラインティーチングソフト「VISUAL COMPONENTS Robotics OLP」の販売を開始した。現場作業を止めずにティーチングができ、ソフトウェア上で現場を高精度に再現する。(2023/11/15)

ロボット開発ニュース:
細胞医療製品を双腕ロボットで量産、アステラス製薬が2026年に治験薬を供給へ
アステラス製薬は、ロボットを用いて細胞医療製品の製造を自動化する取り組みについて説明するとともに、2023年3月につくばバイオ研究センターに導入した製造技術検証用の双腕ロボット「Maholo」を報道陣に公開した。(2023/8/10)

PR:“賢くつなぐ力”がDXを左右する 鍵は「ネットワーク」 なぜ? 「業界リーダー」を目指すNECに問う
(2023/2/16)

第7回 スマート工場 EXPO特別レポート:
PR:なぜ工場セキュリティは難しいのか、専門企業が訴えるサイバー攻撃対策のポイント
工場のネットワーク接続が広がる中で、喫緊の課題となっているOTセキュリティ。製造業におけるインシデント件数も増え、対策を講じる必要性が高まっている。OTセキュリティ専業企業のTXOne Networksは「第7回 スマート工場 EXPO」において、OT端末のライフサイクルに沿ってセキュリティを担保する「OTゼロトラスト」のコンセプトと、3つの製品群を紹介した。(2023/2/13)

FAニュース:
ACサーボドライブに新仕様を追加、センシングデータカスタマイズが可能に
安川電機は、高性能ACサーボドライブ「Σ-X」シリーズのFT仕様「FT55」「FT56」の販売を開始した。センシングデータのカスタマイズを含む3つの機能を付加し、装置のさらなる高機能化や高性能化を推進する。(2023/2/14)

スマート工場EXPO2023:
AIで不良冷凍ハンバーグを検出し自動排出、協働ロボットとの組み合わせで
安川電機は、「第7回スマート工場EXPO」において、冷凍ハンバーグのAI画像検査を行い、欠けや焦げなどの不具合品を自動で選別して排出するデモを紹介した。(2023/2/10)

ロボデックス2023:
“三位一体”3Dビジョンでロボットを迅速立ち上げ、Mech-Mindが日本展開を強化
Mech-Mind Roboticsは、「第7回ロボデックス」において、カメラと画像処理ソフト、ロボットプログラミングソフトを組み合わせた3Dビジョンシステムを紹介。これらと産業用ロボットを組み合わせばら積みピッキングなどを行うデモンストレーションを披露した。(2023/1/27)

FAニュース:
誰でもすぐにロボットエキスパート、欧州ハンドメーカーが自動化展開基盤を投入
スウェーデンのOnRobot(オンロボット)は日本国内で2023年1月から提供を開始した産業用ロボットおよび協働ロボットの自動化展開プラットフォーム「D:PLOY」に関する記者会見を東京都内で開いた。(2023/1/24)

FAインタビュー:
DXや内製化など進めた施策が成果に、安川電機が語る2023年の見通し
世界経済に多くの影響を及ぼしたコロナ禍の影響が一段落しつつあるが、2023年はどのような動きを見せるのだろうか。安川電機 代表取締役社長の小笠原浩氏に2022年の振り返りと2023年の見通しについて話を聞いた。(2023/1/19)

太陽光:
中規模の自家消費太陽光を低コスト化、安川が三相200V級パワコンの新製品
安川電機は2023年1月11日、産業用低圧・高圧向け自家消費特化型の太陽光発電用パワーコンディショナーの新製品「Enewell-SOL P3A」(25kw、三相200V級)を、同年3月1日から日本で販売すると発表した。(2023/1/18)

サービスロボット:
企業を超えたロボットの連携を、双腕ロボのugoが他社機体も管理可能な基盤発表
ugoは2022年11月30日、遠隔操作とAIによる自動走行が可能な業務DX支援ロボット「ugo(ユーゴー)」シリーズについて、高性能化を図った新モデルの「ugo G4」を発表した。併せて、ロボティクスプラットフォーム「ugo Platform」について、ugo以外にも安川電機や川崎重工業など、他社のロボット製品との連携を可能にするアップデートも行う。(2022/12/7)

産業用ロボット:
人が手本を示してロボットに教示、微妙な力加減や複雑な動きを自動化
安川電機は、人が手本を示してロボットに動きを教える、実演教示パッケージ「MOTOMAN-Craft」を発売した。人の動きを直接ロボットに教示して、熟練を要する微妙な力加減や複雑な動きの作業工程を容易にロボット化できる。(2022/11/29)

IMTS 2022:
「実用段階」目指す積層造形技術の出展数が2倍に、IMTS 2022速報レポート
世界3大工作機械展示会の1つとされる「IMTS 2022」が2022年9月12日(現地時間)、米国シカゴで開幕しました。同展示会の速報レポートをお送りします。(2022/9/15)

製造IT導入事例:
安川電機がスカイディスクのAI搭載SaaS型生産スケジューラーを導入
スカイディスクのAI搭載SaaS型生産スケジューラー「最適ワークス」を、安川電機が導入した。担当者以外でも設定変更や計画の再立案について容易に操作できるため、生産計画立案、修正業務の負荷を軽減できる。(2022/9/14)

協働ロボット:
安川電機が30kg可搬の協働ロボット発売、パレタイジング用途想定
安川電機は2022年8月22日、協働ロボット「MOTOMAN-HC」シリーズに可搬質量30kgの「MOTOMAN-HC30PL」を新たに追加し、同日からオープン価格で販売を開始すると発表した。(2022/8/25)

日本電気株式会社/ホワイトペーパー:
PR:DXに向けて製造業が取り組むべきデータの活用方法
DXに取り組む大手メーカー担当者のインタビュー記事をまとめた「DXに向けて製造業が取り組むべきデータの活用方法」をお送りする。(2022/8/8)

FAニュース:
90以上のラインアップ、安川電機が多様なネットワーク対応のリモートI/O製品
安川電機は、多様な通信ネットワークに対応するリモートI/O製品「SLIO I/O」シリーズの販売を開始した。工場や生産設備のデータの効率的かつ安定的な収集が可能になり、品質や生産性の向上に貢献する(2022/8/5)

FAインタビュー:
“つながるモノづくり”目指すIVIの次なる挑戦、カーボンニュートラル推進のカギ
IoTやAI技術などを活用した新たなモノづくりの在り方が広がる中、製造現場の課題を起点とし、「つながる工場」実現に向け2015年からさまざまな活動を続けてきたのがIndustrial Value Chain Initiative(IVI)だ。製造業が取り組まなければならない課題は山積する中、IVIではどのように捉えているのだろうか。ここ7年の製造業の変遷とIVIの取り組み、今後の展望について、IVI 理事長の西岡靖之氏に聞いた。(2022/7/26)

電子ブックレット(FA):
広がる遠隔ロボットの世界/教示レスで弁当配膳を可能にする技術
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、MONOistで2022年1〜4月に公開した産業用ロボット関係のニュース(合計23本)をまとめた「産業用ロボット ニュースまとめ ―― 2022年1〜4月」をお送りします。(2022/7/11)

FOOMA JAPAN 2022:
AIを用いた異物検査を食品製造に適用、新型自律ロボットでは新たな市場目指す
安川電機は「FOOMA JAPAN 2022(国際食品工業展)」(2022年6月7〜10日、東京ビッグサイト)において、AIを用いた異物検査、除去システムなどを提案した。2023年投入予定の新型自律ロボットも参考出展した。(2022/6/14)

電子ブックレット(FA):
新型自律ロボットやAIなど新技術が百花繚乱――2022国際ロボット展まとめ
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2022国際ロボット展についての掲載記事をまとめた「2022国際ロボット展まとめ」をお送りします。(2022/4/25)

IVI公開シンポジウム2022春(1):
カーボンニュートラルは製造業のOSに、IVIが考える具体的手法と実現のカギ
IVIは2022年3月10〜11日、リアルとオンラインのハイブリッドで「IVI公開シンポジウム2022-Spring-」を開催した。今回はその中から、IVI 理事長の西岡靖之氏による講演「カーボンニュートラルは製造業のOSになる〜新たなゲームチェンジは何を意味するのか?」の内容を紹介する。(2022/4/12)

モノづくり最前線レポート:
「DXはDIYで」、自力でトライすることを重視する安川電機のDX
2021年12月にリアルおよびオンラインで開催された「新価値創造展2021」(リアル展2021年12月8〜10日、オンライン展同年12月1〜24日)で、安川電機 代表取締役会長兼社長の小笠原浩氏が「安川デジタルトランスフォーメーション(YDX)」をテーマに講演した。(2022/4/11)

産業用ロボット:
ショートアーム仕様で手元作業性を強化した人協働ロボット
安川電機は、ロボット周囲側近の手元作業性を強化した、人協働ロボット「MOTOMAN-HC10SDTP」を発売した。可搬質量10kgの人協働ロボットをショートアーム仕様にし、手元での作業性を強化している。(2022/4/4)

FAメルマガ 編集後記:
ついに来た「制御の自律化」、AIで人の判断を代替へ
「見える化」のその先がいよいよ現実に。(2022/4/1)

2022国際ロボット展:
ロボットAI技術でポテトサラダを“おいしそう”に、安川電機AI子会社が開発
安川電機のAI(人工知能)関連子会社であるエイアイキューブは、「2022国際ロボット展(iREX2022)」(リアル展、東京ビッグサイト、2022年3月9〜12日)の安川電機ブース内に出展。AIの学習を簡略化するシミュレーション技術「Alliom」と画像認識技術を組み合わせた「Alliom Vision」により、唐揚げやポテトサラダの色味や配置などを判断し“おいしそうに見える”ように配膳するデモを披露した。(2022/3/23)

FAメルマガ 編集後記:
ロボットに見るデジタル化時代の新たなモノづくりの姿
フィジカルからデジタルへの一方通行の動きではありません。(2022/3/18)

2022国際ロボット展:
自律型スマート工場が現実のものに、新型自律ロボットも披露した安川電機
安川電機は、「2022国際ロボット展(iREX2022)」(東京ビッグサイト、2022年3月9〜12日)で、「YRM-Xコントローラ」や「YASKAWA Cockpit」を活用したマスカスタマイゼーションを実現する自律型スマート工場のデモを実施。さらにこれらを構成するロボットの進化を示した新型自律ロボットの参考出品を行った。(2022/3/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。