ITmedia NEWS >
連載
» 2008年02月28日 08時30分 公開

今日から始めるデジカメ撮影術:第91回 スポーツとタイミングの関係 (3/3)

[荻窪圭,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

 コンパクトデジカメ編で書いたのとその他の注意点は同様。

 シャッタースピードはできるだけ速く保つこと。スポーツモードにするか、あるいは絞り優先にして絞りを一番開き(小さい数字にする)、微調整はISO感度で行うのがお薦め。

 さらにボールに気を取られすぎて人物が切れちゃわないようにすること。

 あとはもう気持ちよくたくさん撮るべし。

 動き全体を撮りたいときはちょっと広角側で。

このパスが通ったかどうかは別にして

 ひとりにフォーカスして撮りたいときは縦位置にしてボールと両方が入るように撮るといい。

ボールを奪った瞬間
ドリブル中

 流し撮りをしたいときは横位置がいい。

走っているところを撮るとどうしてもブレるけれども、多少なら臨場感があっていい(左)。ドリブルで抜いた瞬間を流しながら(右)

 スポーツの場合、常に人の動きにあわせてカメラを左右に動かしながらシャッターを切っていると、結構流し撮りになる。そのときは上半身は動かさず、腰から下で回転するのがコツだ。

 で、こんな写真も1枚撮っておくとオンラインアルバムの表紙に使ったりできていいかも。

関連キーワード

デジカメ | デジタルカメラ | 工夫 | コツ


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.