ITmedia NEWS >
レビュー
» 2008年07月18日 15時13分 公開

iPhone 3G短期集中連載:MobileMeを試し、シンプルなカメラを使う (3/3)

[荻窪圭,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

撮った後にできること

photo カメラロールは正方形にトリミングしたサムネイルで表示される。タップするとフルスクリーンで再生

 次は撮ったあとの話。

 iPhone 3Gで撮った写真は、iTunesでは吸い上げてくれないし閲覧もできない。別途デジカメ対応のアプリでPC側へ吸い上げる必要がある。プロトコルはマスストレージではなくてPTPだ。ほとんどの画像管理ソフトはPTPに対応しているのでさほど問題ないはず。PNGに対応したソフトだと、画面キャプチャも一緒に吸い上げてくれる。

 次はメールへの添付。iPhoneのカメラロールから「メール送信」を実行すると、800×600のサイズに縮小されてメールに添付される。

 このサイズは固定。よって、ケータイへ送っても画像サイズが大きすぎて表示できないこともあり得る。むやみにケータイに送らない方がよさそう。

 ただし、裏技がある。写真をフルスクリーン表示した状態で画面キャプチャをとり、それを送信するのだ。メール送信時に320×480ピクセルのJPEGファイルとして添付されるので、これならば、最近のケータイなら受信できるんじゃないかと思う。相手がPCメールからの受信を拒否してない限り。

 ちなみにメールアプリから写真の添付は行えない。写真かカメラから「カメラロール」を表示し、そこでメール送信を実行することが必要だ。

photophoto 写真に対して実行できるのはこの4つ(写真=左)、そして「写真をメール」を選ぶと、画像が添付された状態でメール作成画面になる。このときの画像サイズは800×600(あるいは600×800)固定だ(写真=右)

 「MobileMe」に送信してWebアルバムへ保存することもできる。まず、Webブラウザで自分のMobileMeにアクセスして、アルバムを作り、あとはiPhone 3Gで「MobileMeに送信」を選ぶと、その写真が送信され、アルバムに登録される。URLを公開すれば、普通にオンラインアルバムとして見てもらえる。

 このアルバムはiPhoneからアクセスするとちゃんとiPhoneに合わせたレイアウトで閲覧できるのがうれしい。URLは http://gallery.me.com/××××/ となる(最後のとこは各自のユーザー名)。

photophoto MobileMeの画面。ここで写真アルバムを選び、左下にある「+」をクリックすると新しいアルバムを作成できる(写真=左)、そのアルバムの設定で「メールまたはiPhoneで写真を追加」にチェックしておけば、iPhone 3Gからアップロードできる。
photophoto アップロード時はどのアルバム(メールからの写真追加が許可されているアルバムが表示される)にアップするか決める(写真=左)、iPhoneからMobileMeのフォトアルバムにアクセスするとこの画面になる。あとは見たいアルバムをタップするべし(写真=右)

 逆にできそうなのにできないこと。それはWebブラウザを使った写真のアップロード。iPhone 3GのSafariは「ファイルをアップロードする機能」を持ってないからだ。ちょっと注意である。

 アプリからカメラ機能へのアクセスはできるので、FaceBookなどのSNSや、Flickr!などのフォトストレージサービスは専用アプリで写真をアップロードできるようになっている。現時点では、そういうアプリを使うかメールで送るしかないわけだ。ちょいと残念である。

 でもまあ思ったよりカメラ機能は使い物になるという印象だ。よかったよかった。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.