ITmedia NEWS >
ニュース
» 2010年06月02日 00時05分 公開

写真で解説する新“REAL”BHR400シリーズ洗練された録画テレビ(2/2 ページ)

[芹澤隆徳,ITmedia]
前のページへ 1|2       

BDレコーダーより進んだ録画機能?

 BHR400シリーズは、HDDとBlu-ray Discドライブの両方を備えた録画テレビだ。製品としては、BDレコーダーをまるごとテレビに搭載したようなもので、録画機としての機能も単体レコーダーにひけをとらない。

 例えばMPEG-4 AVCによる長時間記録。同社のBDレコーダー「DVR-BZシリーズ」が最長5.5倍録画であるのに対し、BHR400シリーズは約8倍までサポートしている。これにより、500Gバイトの内蔵HDDなら最長で約360時間、25GバイトのBD-R1枚に約17時間の録画が可能だ。

photophoto BDトレイ(左)と背面端子(右)

 2つのデジタルチューナーを使って2番組同時録画にも対応している。AVCエンコーダーは1系統のため、片方は放送波をそのまま記録するTS録画(DRモード)となり、同時録画中はその番組しか視聴できなくなる(デジタル放送)ものの、同社製レコーダーで定評のあるオートチャプター機能「オートカットi」や「見どころ再生」「シーン検索」などが利用できる。中でもオートカットiは、録画番組を手軽に本編だけ/CMだけにしてダビング可能。アーカイブ用途にBDレコーダーの導入を考えている人にはうれしい機能だろう。ただし、DVR-BZシリーズの持つ超解像技術は搭載していない。

photophoto ダイヤトーンスピーカーを前方に向けて搭載(左)。40V型以上は「DIAMOND Panel」を搭載(右)

 写真では分からないが、BD再生時の出画までにかかる時間など、各種の操作レスポンスが改善された。倍速駆動の40V型、46V型では、2-3プルダウンで60フレームにされた映画コンテンツから元の24枚を検出し、毎秒120枚に再構成する「なめらかピクチャー」も搭載。5等倍して映画と同じ毎秒24コマを再現する「フィルムモード」と、なめらかな動きに補正する「なめらかモード」が選択できる。

 ネットワーク関連では、「アクトビラ ビデオ・フル」や「アクトビラ ビデオ・ダウンロードレンタル/セル」をサポート。ダウンロードセルで購入したコンテンツをBD-Rに保存できる点は、オールインワンタイプならではのメリットになる。

 インタフェースは、HDMI入力が3系統、ビデオ入力が3系統(S端子×2含む)。CATVセットトップボックスと接続して専門チャンネルを録画できるi.Link(TS)端子も備えている。

photophoto エコポイントの後押しや2台目需要の拡大を受けて録画テレビの販売は好調。三菱電機では、2010年度は録画テレビの構成比が25%に達すると予測している
型番 LCD-46BHR400 LCD-40BHR400 LCD-32BHR400 LCD-26BHR400
画面サイズ 46V型 40V型 32V型 26V型
解像度 1920×1080ピクセル 1366×768ピクセル
チューナー 地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル×2
内蔵HDD 500Gバイト
インターフェース HDMI入力×3系統、ビデオ入力×3系統、音声出力×1、デジタル光音声出力×1、USB端子×1、SDカードスロット×1、LAN端子×1
実売想定価格 35万円前後 25万円前後 17万円前後 14万円前後
発売日 7月2日 7月29日
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.