ITmedia NEWS >
ニュース
» 2012年10月25日 15時41分 公開

自分の顔も映りません:「モスアイパネル」搭載、シャープがアクオスの新フラグシップ「XL9シリーズ」を発表 (2/2)

[芹澤隆徳,ITmedia]
前のページへ 1|2       

前向きスピーカー&2.1chフロントサラウンド

 フラグシップモデルだけに、音響面にも力を入れている。3Way5スピーカーの2.1chフロントサラウンドシステムを搭載。中高域を担当するユニットは正面に向けて配置し、さらに密閉構造の独立したキャビネットを用意。容量は従来機の2倍にあたるという。これに専用LSI「新・AudioEngine」を組み合わせ、クリアで聞き取りやすい音声を再現するとしている。

スピーカーユニットは、2センチ径ツィーター、3×15センチの楕円(だえん)形ミッドレンジ、8センチウーファーという構成(左)。画面下に前面開口部を設け、音のぬけを良くしている(右)

3Wayユニットと専用LSI「新・AudioEngine」により、聞き取りやすい音を実現したという

 もちろんスマート機能やUSB外付けHDD録画といった機能もサポート。テレビ放送やネット情報「AQUOS City」の多様なコンテンツを3段の画面で見やすく並べた「ビジュアルモーションガイド」、視聴中の番組や視聴履歴から番組をリコメンドする「おすすめ選局ナビ」、シャープ製スマートフォンとの連携機能などをカバーしている。

スマート機能やUSB外付けHDD録画もサポート

 内蔵チューナーは、地上デジタル3基とBS/CS110度デジタル2基。2つの番組をUSB外付けHDDに同時録画しながら、別の番組を視聴できる。また最大8倍の長時間録画、同社製Blu-ray Discレコーダーへのネットワークダビングにも対応する。

 HDMI入力は4系統。ほかにD5端子、コンポジットビデオ入力、アナログRGBなどを備えている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.