ITmedia NEWS >
レビュー
» 2017年12月22日 06時00分 公開

来年こそ貯金! 1年で10万円たまるカレンダーを2000円で購入した (2/2)

[橘十徳,ITmedia]
前のページへ 1|2       

いくらたまったのか毎日確認できる

 このカレンダーには硬貨をセットするための穴が空いているだけでなく、ほかにもさまざまな工夫が施されている。例えば穴の右下には、その日までにためた合計額が記載されており、目標額である10万円にどれくらい近付いていたかどうか確認できる。さらに、ボードの右下には1月の目標も記載されている。

穴の下には累計金額、枠外にその月の目標金額が記されている

 また、それぞれの日付には祝日が記載されているほか、六曜(先勝、友引、先負、仏滅、大安など)や二十四節気(立春、雨水、啓蟄、春分、清明など)、「鏡開き」や「バレンタインデー」「ひな祭」など季節のイベント、月の満ち欠けなど、色々な情報が記載されている。

六曜や二十四節気も記載されている

 さらに、各月のカレンダーの右上には、前後3カ月のミニカレンダーも掲載されている。休日の表示も、日曜日と祝日がオレンジ色、土曜日が緑色に色分けされていてとても見やすい。貯金カレンダーとしての使い勝手はもちろん、普通のカレンダーとしても使いやすいと思う。

前後3カ月のミニカレンダーが掲載

 ただし、下地の色が濃紺なので、日付に予定などを書き込むのには不向きだ。できれば、ちょっとしたことを書き込めるように下地が白色のものがあると良いと思った。

貯金のモチベーション維持に効果的なカレンダー

 実際に硬貨をセットしてみると、穴のサイズが絶妙で、しっかりと固定できる。これなら多少の衝撃を受けても硬貨が飛び出すようなことは起こりにくいだろう。その分、硬貨を出すときはちょっと面倒で、一度セットした硬貨を取り出すときは、硬い棒などを使ったほうがいい。

硬貨をセットしたところ。しっかりと固定できる

 ほどよい大きさで、デスクの上に置いたときに存在感があり、これなら毎日コツコツとお金をためようという気になると思う。前述したように、日付のところにためた金額が記載されているので、モチベーションの維持に大いに役立つだろう。

 今までお金をためるのが苦手だった人も、新年を迎えるのをきっかけに、目標金額である10万円に向けて挑戦してみてほしい。なお、トライエックスはこの商品のほかにも、「卓上 100円ずつ貯めるカレンダー」も販売している。「10万円をためるのはちょっと無理」という人は、こちらを検討してみてはいかがだろうか。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.