ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モチベーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モチベーション」に関する情報が集まったページです。

髪色・髪型自由、ピアスもOK マルエツが従業員の身だしなみ基準を緩和
マルエツは6月1日、勤務時における従業員の身だしなみ基準を改定した。身だしなみの自由度を高めることで、従業員の満足度や仕事へのモチベーション向上を図り、人材の確保や定着などにつなげる狙いだ。(2024/6/3)

働き方改革:
建築会社で朝6時からの時差通勤制度開始、朝方勤務者に手当も オープンハウス・アーキテクト
オープンハウス・アーキテクトは、始業時間を朝6時まで前倒しできる「時差出勤」と、朝方勤務者に手当を支給する「朝活インセンティブ」の運用を開始した。長時間労働を是正するとともに、社員のモチベーションや業務パフォーマンスの向上を目指す。(2024/5/2)

2030年までに“世界第2位”を目指す! Intelが半導体の「受託生産」に乗り出す理由【前編】
Intelの半導体受託生産事業「Intel Foundry」が本格的に始動した。研究/開発から生産まで一貫して行う垂直統合体制だった同社が、ここに来て受託生産(ファウンドリー)事業に注力し始めたのはなぜなのだろうか。この記事では、その動機(モチベーション)について考察していきたい。(2024/3/22)

「楽曲制作意欲を阻害する現場」はBIツールでどう変わるか バンナムグループ音楽制作会社の挑戦
楽曲リリース直後の売り上げしか把握できず、従業員のモチベーションが阻害されていた制作現場。BIツールはどう貢献できるのか。(2024/3/20)

マネジメント力を科学する:
第23回:部下に自己決定感を持たせることの大事さと、その具体的な方法
自己決定感が担保できるとモチベーションが高まる」という法則がある。同じ決定内容でも、上司など他の人が決めたことには反発し、自分が決めたことには同意する。人間の心理とはそういったもの。(2024/2/20)

営業コミュニケーション大解剖:
“目標未達の部下”にNGな声かけは? 営業マネジャーが目標達成に向けてすべきこと
営業目標を達成できなかった部下に対してどのような声かけが適切でしょうか? 声かけ次第でメンバーのモチベーションを上げることも下げることもできます。(2024/1/11)

「東海オンエア」活動再開へ まずはしばゆーさん以外の5人で
しばゆーさんは「元気とモチベーションが120%」になったら復帰。(2024/1/2)

その作業ムダムダ:
その一手間、意味あるの? やりすぎ「セキュリティ問題」
やり方次第では一度で済むはずなのに、さらに手間をかけさせてくる仕事があります。例えば、仕事のモチベーションを下げる「やりすぎセキュリティ」作業は……。(2023/12/28)

なぜメンバーが急速に育つのか:
PR:モチベーション、スキル、チャンスを伸ばすSBテクノロジーのチームマネジメントと「ServiceNow」ベースのDXの特徴
「ServiceNow」をビジネス展開しているSBテクノロジー。ServiceNowの存在は、自社のビジネス強化だけでなく、携わるメンバーのキャリアや業務のやりがいなど、多くの価値があるという。同社がServiceNowを扱う中で感じた気付きやメリットとはどのようなものか。(2024/1/12)

廣瀬涼「エンタメビジネス研究所」:
なぜ「スイカゲーム」は大流行したのか 「作業ゲー」がバズる2つの要因
200万ダウンロードを突破するなど、SNSを中心に大流行している「スイカゲーム」。筆者は「このような作業ゲーがなぜバズっているのか?」と疑心暗鬼だったが、いまはスイカの生産に躍起になっている。何がプレイヤーのモチベーションとなっているのだろうか。(2023/10/26)

デジタル変革成功のメソッド どこから挑む? どこから変える? :
DX人材育成のNGパターンと回避策、研修設計で役立つChatGPT活用のヒント
DX人材育成を“間違った方法”で進めることで、効果を出せないばかりか、従業員のモチベーションを下げてしまうことがある。本稿では、その失敗事例を紹介するとともに、DX人材育成のあるべきアプローチや研修の設計例を紹介する。(2023/10/19)

ヤンマーが従業員による市民開発推進で成果 業務改善意欲を維持する秘訣は
有志頼みの業務改善の取り組みを全社に展開するには幾つかのハードルがある。ヤンマーホールディングスはどのように従業員全体のモチベーションを維持しながらスキル向上を推進しているのだろうか。(2023/10/11)

上司になってほしいと思う芸能人、2位「所ジョージ」、1位は?
職場で働く上でのモチベーションを左右する上司。全国の男女に「上司になってほしいと思う芸能人」を聞いた。(2023/9/29)

株式会社P-UP neo提供Webキャスト:
PR:“正しい査定制度”の条件とは? 成果と適切に連動させる6つのポイント
「査定制度」は、従業員のモチベーションを左右する重要な経営要素の1つだ。客観的で認識のズレを生じさせない評価制度や、これと適切に連動する“正しい”査定制度の作り方を、6つのポイントに分割してそれぞれ詳しく解説する。(2023/9/29)

株式会社P-UP neo提供Webキャスト:
PR:従業員のモチベと組織の成果につながる、正しい「評価制度」の8つのポイント
従業員間の相互認識のズレや勘違いを解消し、モチベーションを向上させ、ビジネスの成長を図るには、適切な「評価制度」を作る必要がある。組織の成果につながる評価制度を設計・運用するための8つのポイントを、有識者が解説する。(2023/9/29)

「学ばない社員」が大半の日本で、企業がリスキリングを進める方法
多くの企業が「リスキリング」を重要視する一方で、「従業員のモチベーションがなかなか上がらない」「研修を提供しても、実践的な学びにつながらない」という声もよく聞かれます。リスキリング推進のために、企業はどう取り組めばよいのでしょうか。(2023/7/14)

投資で大損のAK-69、1億円以上の資産溶かすも……逆に「モチベーションもらった」「追うのは金より伝説」
SNSではセレブなライフスタイルも。(2023/6/28)

マネジメント力を科学する:
第15回:メンバーが「やる気」をなくす上司の10の言動。モチベーションアップの前に、社員の意欲低下を防ぐことこそが必要
やる気が失われたり、モチベーションが下がる原因として、上司の問題と組織の問題がある。特に社員に当事者意識、主体性があるかないか。その差がすごく企業力格差を生んでいる。(2023/6/27)

対処法の1位は「気分転換」:
仕事のやる気を下げるもの 3位「体調」、2位「人間関係」、1位は?
ビズヒッツが、仕事のモチベーションに関する調査結果を発表した。モチベーションが上がるとき、上がらないときや、上がらないときの対処法がランキング形式で発表されている。(2023/5/29)

ひろゆきだけど何か質問ある? 再び(後編):
ひろゆきのモノづくり哲学は「動くものを早く作り、モチベーションが高いうちに完成までもっていくこと」 #技育祭 #ひろゆき
英語は必須。でもしゃべれなくてもいい――エンジニアを目指す学生たちへのひろゆきの生き方指南は、今年も実用的で熱かった!(2023/5/24)

23卒女性、初任給の使い道ランキング 3位「服」、2位「食事」、1位は?
ヤーマンは、2023年新卒の女性を対象に「初任給の使い道と美容モチベーション」の調査を実施した。その結果、初任給の使い道1位は「美容」(68.3%)であることが分かった。(2023/4/21)

今日のリサーチ:
営業職の報酬体系の実態、「成果連動型」の導入効果は?――Xactly調査
20代営業職の約4割が望む成果連動型の報酬制度。モチベーション向上はもちろん、人材採用や人材流出防止の観点でも、導入のメリットはありそうです。(2023/4/19)

お散歩を断固拒否するも、なぜか急に歩き出したポメラニアン 意外な理由に「笑うww」「可愛すぎて変な声出た」
モチベーションが大事だね……!(2023/3/24)

今日のリサーチ:
CXにおける「人材のパラドックス」とは?――Genesys調査
自社のブランド向上の鍵を握るCX戦略において、従業員のモチベーション向上や離職防止もまた無視できない課題です。(2023/3/23)

丸山桂里奈、長女誕生から1カ月「いくら育児に時間をかけても私は絶対慣れない」と本音 「臨機応変にいけたらいいな」
「WBCの準決でパワーもらい、また明日もWBCの決勝でパワーもらえるので今日も夜中の授乳がモチベーション高くできそうです」(2023/3/22)

現場管理:
入退場報告や資格情報を一元化したWeb3.0の「GOヘイ!」、ポイント獲得で技能労働者のモチベーションアップに
飛島建設、ネクストフィールド、UPBONDは、建設技能労働者の作業日報や入退場報告、資格情報などの入力をWeb3.0の技術を用いて一元化し、情報入力後にはECサイトで使えるポイントを付与する「GOヘイ!」のサービスを開発した。(2023/2/2)

私の人生が動いた瞬間:
與儀ケイラ、85キロから35キロ減量体験は「成功できることの証明」 14歳でNMB48卒業した元アイドルが踏み出すハリウッドへの一歩
ダイエット方法からモチベーションまで聞きました。(2023/2/1)

実は「上司から叱られたい」、20代が最多 モチベーションが上がる人は何割?
キャリア調査機関「Job総研」を運営するライボ(東京都渋谷区)は「2023年 上司と部下の意識調査」を実施した。(2023/1/27)

正月休みボケを吹っ飛ばせ IT人材向け、2022年に無償公開された教材資料まとめ
2023年を迎えたが、まだ正月休みボケが抜けない人もいるかと思う。仕事へのモチベーションを上げられるように、2022年に企業や官公庁が公開したIT人材向けの教材や資料をまとめた。(2023/1/5)

7割が「年始に仕事に行きたくない」 モチベーションを上げる方法は?
74.2%の人が「年始に仕事に行きたくない」――。こんな結果が、アリナミン製薬によって20〜40代の会社員を対象に実施した「年末年始のやる気・モチベーションに関する調査」で分かった。(2022/12/31)

入社半年の意識:
「配属後にネガなギャップ」新入社員の25%、その理由は?
企業研修などを行うシェイクは、入社半年を経過した2022年度の新入社員を対象に調査を実施。「丁寧に指導されている」と感じている新入社員は、モチベーションが高い傾向にあることが分かった。(2022/12/3)

不公平感の正体:
「人事評価に納得できない!」──“評価エラー”はなぜ起きる?
人事評価は、会社が働く人に発する最も強力なメッセージです。評価にエラーがあるということは、会社が働く人に誤ったメッセージを送ることになり、それはモチベーションやエンゲージメントに大きな悪影響を与え、強い不満の火種ともなります。(2022/10/14)

異才を見いだす「育てるマネジメント」:
「空気が読めない」と悩むリーダーへ―― 上原浩治を支えるマネジャーが語る人間関係の築き方
元よしもと敏腕マネジャーでFIREBUG社長の佐藤詳悟佐藤詳悟氏が、今会いたい“敏腕マネジャー”と対談。メンバーのモチベーションをあげる方法や才能を開花させる方法のヒントを探る。(2022/9/29)

制度見直しの前にすべきこと:
あなたの会社の給与制度、そのままで大丈夫? 「やる気を下げる給与の決め方」を、どう変えるべきか
社員のモチベーションに大きく影響するのが賃金制度です。「私の方が頑張っているのに、どうしてあの人の方が給与が高いの?」といった不満が高まれば、社員の士気にも影響します。では、大企業と比べてもともと原資の少ない中小企業で、社員の「やる気」を引き出すためにはどんな賃金制度にすればよいのでしょうか。ここでは専門家が「ヒトを育てる!」「やる気を引き出す!」給与について解説します。(2022/9/22)

氷川きよし、美脚全開な短パンショット 「悲しい時も切ない時も毎朝選ぶ服でモチベーションup!」
夏を感じる。(2022/8/18)

改正高齢法の実情:
「54歳から管理職」も──“働かない60代”を生ませない、4社の努力
人材不足が進む中、企業にとってベテラン社員の活用が重要となっている。しかし、ベテラン社員のモチベーション低下やスキルの陳腐化などに悩む企業が多い。“働かない60代”を生まないために、どのような取り組みをすべきか──。(2022/8/10)

Q&A 総務・人事の相談所:
役職定年のシニア管理職、モチベーション低下が課題に 制度設計の3つのポイント
シニア社員の活用促進のために定年延長を実施することにしました。同時に役職定年制を導入することを検討しているものの、該当者のモチベーションダウンが心配という声もあります。どのように制度構築をすべきでしょうか?(2022/8/1)

Go AbekawaのGo Global!〜Hugh Chiou(前):
学校は3つ、学科は4つ 人生の4分の1を大学にささげた男の話
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はフリーランスエンジニアのHugh Chiou(ヒュウ・チョウ)さんにお話を伺う。高校時代はアルバイトと部活に明け暮れ、大学時代は幾つもの大学と学科を渡り歩いたヒュウさんのモチベーションの源とは。(2022/7/5)

Q&A 新任マネジャー駆け込み寺:
頑張り屋で残業したがる部下 何といって説得すればいいんでしょうか?
仕事へのモチベーションが高く、毎日遅くまで残業している部下がいます。「早く帰ろう」といってもなかなか効果がありません。なんといって説得すればいいのでしょうか。(2022/6/28)

連載「情報戦を制す人事」:
「数年ごとに、まるで違う部署への異動」でも、社員の納得感を得るには?
ジョブローテーションは「社員の納得」がなければ、離職やモチベーション低下につながりかねません。それでは社員の納得は、どのように得るのでしょうか。「入社2年で2部署」にローテーションする大手映画製作会社と、「役員も含む全社員が5年以内に異動する」大手家具小売業者のケースをご紹介します。(2022/5/24)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「企業力格差」はモチベーションに起因する
時代の流れに変化適応し続ける「強い会社」とそうでない会社。あからさまな判断ミスをしているわけではないのに、徐々に「企業力」に格差が広がる場合がある。なぜ格差が広がるのか。(2022/5/12)

昇格、降格人事を考える:
昇格・降格時の賃金、どう決める? 「モチベーションを高める」「降格ショックを和らげる」方法
昇格・降格と賃金の関係について解説。等級ごとに単一の金額とする「シングルレート」(単一給)と、同じ等級でも幅のある「レンジレート」(範囲給)の2つのパターンを軸に考えていく。(2022/5/10)

40歳以上のベテラン社員がやる気をなくす“春の出来事”とは?
養命酒製造は40〜69歳のビジネスパーソンに対し、春の不調について調査を行った。その中で「仕事のモチベーションを低下させる」と思う春の出来事として挙がったのは?(2022/4/4)

4月にパワハラ防止法施工:
働く意欲はどこから湧いてくる? 管理職の1位は「人間的に成長する」、若手の回答は?
働くモチベーションには世代ごとに大きく異なる。若手の1位は「プライベートを充実させる」だった。上司は若者の価値観を受け入れ、理解を深めていく必要がある。(2022/3/16)

従業員の“幸福”が企業成長のカギ 注目の「ウェルビーイング」とは何か?
企業経営で利益だけを重視する時代は終わり、従業員の健康や幸福といった要素を無視できなくなった。そこで注目されるのが「ウェルビーイング」だ。従業員の健康管理やモチベーション向上によって企業の成長を狙う取り組みを解説する。(2022/3/8)

働き方改革の「大きな勘違い」 日本はいつまで経済大国でいられるか?
日本の働き方改革は果たして成功しているのだろうか? モチベーションに関する理論や労働生産性の比較から、その実態を探っていく。(2022/3/4)

社員のモチベーション醸成が狙い:
バンダイ、新卒の給与を30%引き上げ 全社員平均27%月収増へ
バンダイは新報酬制度を導入する。初任給は6万6000円、全社員平均27%程度月給を引き上げる。社員のモチベーションを醸成することが目的。(2022/2/28)

コロナ化での就活:
就活に不安を感じる学生は95%、理由は?
就職活動に対して不安を感じている学生は全体の95.1%だった。理由は「モチベーションの維持が難しい」「ガクチカで何を話せばいいか分からない」。内定獲得に自信がある生徒はわずか8.4%だった。(2022/2/24)

導入事例:
日揮と横河、現場作業者の行動特性を可視化する実証実験
日揮ホールディングスと横河電機は、プラント建設作業者のモチベーション向上を目的に、行動特性を可視化する実証実験を実施した。好ましい行動特性を表した建設作業員に、監督者がトークンを付与するシステムを構築している。(2022/2/2)

“開発者エクスペリエンス”を下げないための5つのヒント【後編】
“モチベーションの低い開発者”のやる気を引き出すためのヒント
開発者の満足度を下げないために、どの企業でも共通して「やってはいけない」ことがある。それを避けるためのヒントを3つ紹介する。(2022/1/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。