ITmedia NEWS > ベンチャー人 >
ニュース
» 2013年04月16日 11時00分 UPDATE

目指したのは「究極のシンプル」 レシート撮るだけ家計簿アプリ「ReceReco」の狙い (3/3)

[本宮学,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       
photo 外部サービスとの連携イメージ

 6月以降、個人向け資産管理サービス「マネーフォワード」や「OCN家計簿」「MoneyLook」との連携機能も搭載していく。「ReceReco自体の機能がシンプルだからこそ、他サービスとの連携がやりやすい。今後も連携サービスを増やし、ReceRecoの外側にエコシステムを作っていきたい」と平野さんは意気込む。

 収益化の方法も模索していく。現在はアプリ内にバナー広告を展開しているが、今後は連携先サービスでのオプション課金や、有償APIの提供など、さまざまな手段で収益化を目指していくという。

 また今後、「リコメンデーションサービス(Amazonで『この商品を買った人はこんな商品も買っています』と表示されるような機能)のリアル版」の搭載も考えているという。

 「これまでリアルな店を訪れた人の購買活動は、ネットショッピングと違ってログが残らなかった。しかし、多くの個人がレシート情報をデータ化するようになれば、将来的に実店舗での商品リコメンドサービスなどにつながるはずだ」(平野さん)

 サービスのさらなる拡大に向け、まずはユーザーの獲得に注力していく。「リコメンドサービスなどを実現するには、30万ダウンロードを超えたここからが本当の勝負。家計簿の“リデザイン”を通じて眠っているユーザーニーズを拾えれば、50万、100万ユーザーは遠くないと考えている」(平野さん)

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.