ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年05月02日 07時46分 公開

Facebookの「未来はプライベート」──ザッカーバーグCEOのF8基調講演

Facebookの開発者会議「F8 2019」で、マーク・ザッカーバーグCEOがFaceookのニュースフィードのようなパブリックなサービスからFacebook MessengerやInstagramのストーリーのようなプライベートなサービスにフォーカスを移していくと語った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは4月30日(現地時間)、年次開発者会議「F8 2019」の基調講演で、Facebookの目指す「未来はプライベート(The Future is Private)だ」と語った。

 f8 1

 同氏は3月、米Washington Postへの寄稿で、企業としてこれまで注力してきたオープンな“町の広場”のようなサービスからプライベートな“リビングルーム”のようなサービスにシフトすると語っており、今回の基調講演では、そのリビングルームを作るための、“Facebookファミリー”の新機能追加などについて語った。

 例えばFacebookアプリは、広場に相当する「ニュースフィード」よりも、よりプライベートな「グループ」と「イベント」を中心に据える。この変更はまずモバイルアプリで、向こう数週間中に世界にローリングアウトし、Webアプリもそれに続く。

 f8 2 Facebookアプリがグループ中心に

 プライベートなつながりをサポートする「Facebook Messenger」はデスクトップアプリも追加し、パフォーマンスも改善する(関連記事)。「Instagram」も、パブリックな投稿より「ストーリー」を拡充する(関連記事)。また、もともとプライベートでエンドツーエンドの暗号化がウリの「WhatsApp」を「Portal」(日本では未発売)で利用できるようにすることで、Portalでのコミュニケーションがよりプライベートにできると語った。

 Facebookは過去数年、ユーザーのプライバシーの取り扱いで様々な批判を浴びている。ザッカーバーグ氏は基調講演で「多くの人がFacebookはプライバシーを重視していないと思っていることは理解している。われわれは現在、プライバシーについて最高の評価を受けていない。だが、われわれは製品の新たな章を開始する」と語った。

 基調講演の最後には「これは、新製品を構築するだけではない。Faceboookの運営方法の大きな転換だ。プライベートでも公共の場でも、われわれが生きていきたい未来の構築を目指す」と語った。

Live from F8

Live from F8.

Mark Zuckerbergさんの投稿 2019年4月30日火曜日

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.