ITmedia NEWS >
連載
» 2019年09月10日 07時00分 公開

荻窪圭のデジカメレビュープラス:帰ってきたキヤノンの高級コンパクト「Powershot G5 X Mark II」 (1/5)

キヤノンの1型センサー搭載高級コンパクト「G5 X」がフルモデルチェンジで帰ってきた! それも予想以上のモデルチェンジっぷりである。

[荻窪圭,ITmedia]
ポップアップ式EVFになったPowershot G5 X Mark II。5倍ズームの高級コンパクト機だ

 キヤノンの1型センサー搭載高級コンパクト「G5 X」がフルモデルチェンジで帰ってきた!

 それも予想以上のモデルチェンジっぷりである。

 最初にちょっと整理しておくと、キヤノンの1型センサー機は4シリーズあって、「G3 X」は望遠に強い高倍率機で2015年登場以来そのまま。「G7 X」は2014年に登場し、「G5 X Mark II」と同じタイミングで3代目になった。主力モデルなのでリニューアルの機会も多い。一番下の弟分が「G9 X」で小型軽量がウリ。2017年にMark IIが出ている。

 で、G5 XはG7 XにEVFを搭載した凸型デザインのモデルとして2015年に登場してそのままだったのである。

 だからもう後継機は出ないかなと思っていたところに4年ぶりに登場したのだから驚いた。それもデザインもレンズも完全にリニューアル。デザインの変化には好き嫌いもあろうが、カメラとしての性能がぐぐっと上がってるのは確かだ。

ボディはフラットにレンズは(ちょっと)高倍率に

 まずは見た目の違い。凸型ボディが上面フラットになった。

前モデルのPowershot G5 X。この凸型ボディがEOS Kiss Mに受け継がれて役目を終えた?
新型のPowershot G5 X Mark II。G7X系と間違えそうなデザインに

 でもEVFがあってこそのG5 X。ソニーの「RX100」シリーズのようなポップアップ式になったのだ。

EVFがポップアップ式に

 見た目的には、G7 X系デザインのボディにEVFが内蔵された感じ。ポップアップは側面のレバーで行うのだが、ポップアップしたあとで接眼部を引き出す操作が必要で、EVFを本体に戻すときも一度接眼部を戻す必要がある。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.