ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年01月22日 07時01分 公開

「Disney+」、英国と欧州の一部で前倒しスタートへ 料金はNetflixと同額

Disneyの定額動画サービス「Disney+」が英国などで予定より1週間早い3月24日にスタートする。料金はNetflixと同額の設定だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Walt Disney Companyは1月21日(英国時間)、定額動画サービス「Disney+」の英国および欧州の一部(アイルランド、仏、独、伊、スペイン、オーストリア、スイス)での提供を3月24日に開始すると発表した。当初は3月31日に予定しており、1週間の前倒しになる。


 月額料金も発表した。英国では月額5.99ポンド(約860円)と、米Netflixの英国での基本プラン料金と同額だ(米国ではNetflixより2ドル安い設定)。Disney+にはNetflixにはないHDや4Kでのコンテンツもある。

 disney 英国のDisney+のサイト

 前倒しの理由は特に説明していない(Twitterでは「誰かがうっかり何かを引っ張っちゃったらしい」としている)が、英BBCはDisney+の独占作品「Mandalorian」のような人気コンテンツの著作権侵害対策ではないかと指摘する。

 disney 2 Mandalorianはベビーヨーダと呼ばれる「The Child」効果でヒットしている

 Disneyは英国とアイルランドでは2015年から定額動画サービス「DisneyLife」を提供していた。Disney+はそのブランド変更という形での提供だ。Marvel作品や「スター・ウォーズ」シリーズが追加になるが、月額料金は上がる。

 欧州の他の地域での提供開始は「2020年夏」の予定。Disneyは日本を含むアジアでDisney+を提供するかどうかについては発表していない。日本では昨年3月から定額動画サービス「Disney DELUXE」を提供している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.