ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年02月13日 07時41分 公開

Androidの父のモバイル企業Essentialが閉鎖 細長スマホ「GEM」は世に出ず

アンディ・ルービン氏率いるEssential Productsが事業を閉鎖すると発表した。日本でも販売する「Essential Phone PH-1」のサポートも終了する。ルービン氏が昨年ツイートした細長端末「GEM」は結局世に出ずじまいになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 “Androidの父”、アンディ・ルービン氏のIT企業、米Essential Productsは2月12日(現地時間)、「運用を停止してEssetialを閉鎖するという難しい決定を下した」と発表した。日本でも販売したスマートフォン「Essential Phone PH-1」のセキュリティアップデートは2月3日配信版が最後になった。

 essential Essential Phoneのサポートも終了する

 Essential Phoneへの追加のアップデートやカスタマーサポートは提供されなくなる。また、2018年12月に買収した米CloudMagicが運営するメールサービス「Newton Mail」のサービスも4月30日に終了する。同社は「開発者やファンのために」Essential Phoneに関するデータをGitHubで公開した。

 Essential ProducstはAndroid創業者で元米Google幹部のアンディ・ルービン氏が2015年に立ち上げた。スマートフォンの他、スマートホーム製品のコンセプトも発表していたが、実際に発売したのはEssential Phoneとその周辺機器だけだった。

 rubin アンディ・ルービンCEO(左)

 同社は昨年10月、新しいコンセプトのスマートフォン「GEM」を発表した。「懸命に努力したが、GEMをユーザーのみなさんにお届けする方法が見つからなかった」という。Essentialは閉鎖を発表するブログで、世に出ることのないGEMを紹介する動画を公開した。

 gem GEMのコンセプト動画より

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.