ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年08月21日 11時48分 公開

みずほ銀、21年から新規口座の通帳発行に1100円 ネットバンキング推進を本格化

みずほ銀行が、紙の通帳を発行しないオンライン口座の取り扱いを2021年1月18日に始める。新規開設口座で紙の通帳を発行する場合は、1100円(税込)の手数料が発生する。

[ITmedia]

 みずほ銀行は8月21日、紙の通帳を発行しないオンライン口座の取り扱いを2021年1月18日に始めると発表した。同日以降に新規開設口座で紙の通帳を発行する場合、1100円(税込)の手数料が発生する。通帳や手続きなどのデジタル化を進め、顧客の利便性向上や店舗運営の効率化を図る。

photo みずほ銀行の公式Webサイトより

 名称は「みずほ e-口座」。個人の顧客は最大10年間分の取引明細を専用のオンラインサービス「みずほダイレクト通帳」で確認でき、法人の顧客は従来通りインターネットバンキングで利用明細を確認できる。

 みずほ e-口座の取り扱い開始に伴い、21年1月18日以降に70歳未満の人が新規口座を開設し、紙の通帳を発行する場合は1100円の手数料が発生する。個人・法人ともに対象。

photo みずほ銀行のニュースリリースより(一部抜粋)

 毎年1月末時点で1年間以上、記帳取引のない口座は自動的にみずほ e-口座に変更する。対象の口座は普通預金、当座預金、貯蓄預金、定期預金、外貨普通預金、外貨定期預金。

 同行は20年10月から、店舗で個人顧客の押印や通帳の提示、紙の申し込み書への記入を行わず、タブレット端末で出入金や口座開設などの手続きを完結するサービスを段階的に始める。オンライン専用の口座開設や手続きのデジタル化によって、“脱・通帳、印鑑、紙”のサービス提供を目指す。

【編集履歴:2020年8月21日午後0時24分 タイトルを修正しました。】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.