ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年01月07日 19時09分 公開

西武池袋駅などにスマートコインロッカー ECサイトの商品を電車でお届け 西武が実験

西武ホールディングスが、ユーザーが専用のECサイトで注文した商品を、駅に設置したスマートコインロッカーで受け渡すサービスの実証実験を行う。配送には西武鉄道を使用し、環境への負荷削減を目指すという。

[今藤祐馬,ITmedia]

 西武ホールディングスは1月7日、ユーザーが専用のECサイトで注文した商品を、西武池袋線の駅構内に設置したスマートコインロッカー「SPACER」で受け渡すサービスの実証実験を行うと発表した。商品の配送には西武鉄道を使用し、環境への負荷削減を目指す。SPACERの設置場所は池袋駅、富士見台駅、所沢駅の改札外。

photo スマートコインロッカー「SPACER」のイメージ(SPACER公式サイトから引用)

 サービス名は「BOPISTA」(ボピスタ)。実験期間は2月8日〜3月31日の平日。実施日は24時間注文を受け付ける。新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、非対面での受け渡しを強化する。

 SPACERはスマートフォンアプリで開錠できるコインロッカー。専用サイトでは化粧品や常温で保存できる焼き菓子を販売し、ユーザーが受け取り場所と時間を指定すると、最短で3時間後に商品を配送する。SPACERの利用料は1回当たり税別100〜500円で、商品代金に応じて変動する。

 商品はそごう・西武が提供。SPACERの開発元であるSPACER社(東京都中央区)、コインロッカーのレンタル事業を手掛けるセントラルオペレーション(埼玉県所沢市)も実験に協力する。

photo 注文時のイメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.