ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年04月20日 08時24分 公開

Facebook、Clubhouseクローンや音声クリップ、Podcastなど音声関連サービスを発表

FacebookがClubhouseのクローンサービス「Live Audio Rooms」を発表した。Clubhouseと異なり、録音してPodcastとして配信もできる。投げ銭や入室課金などクリエイター支援機能もある。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは4月19日(現地時間)、人気の「Clubhouse」に似た「Live Audio Rooms」他、音声コンテンツを重視する複数の新サービスを発表した。いずれも向こう数カ月中にリリースの予定。

Live Audio Rooms

 「Live Audio Rooms」は、Clubhouseと同様に、ユーザーが“ルーム”を開いて仲間と音声だけで会話するサービス。Clubhouseと異なるのは、会話を録音してPodcastとして配布できることだ。後述するように、Facebookはアプリ内でPodcastを再生できるようにもする計画だ。

 ルームの主催者は、サブスクリプションあるいは1回ごとの料金で“入室料”を集められるようになる見込みだ。また、「ライブ動画」で提供している投げ銭機能「スター」をLive Audio Roomsでも使えるようになる(下画像中央の画面)。

 room Live Audio Roomsの画面

 Live Audio Roomsは、まずはFacebookグループと一部著名人に提供を開始し、今夏にはすべてのユーザーが利用できるようにする計画。Clubhouseより早くAndroidユーザーも使えるようになるかもしれない。

Podcastのサービス内サポート

 向こう数カ月以内に、Facebookアプリを離れずにPodcastを聞けるようになる。Podcast配信者はFacebookアプリ内で新たなリスナー獲得のために告知ができるようになる。

短いジョークやポエムを音声クリップにして配布する「Soundbites」

 「Soundbites」は、Facebookが「新しいソーシャルオーディオフォーマット」と説明する、短い音声クリップサービスだ。最長何秒なのかなどの詳細の説明はまだないが、ジョークやポエムなどを録音し、Facebookに投稿できるようになるようだ。

 Live Audio Roomsの録音やPodcastから面白い部分を抜粋してSoundbitesにすることもできる。

スマートフォンで使える音声作成ツール

 Soundbitesを作成するための音声作成ツールも提供する。Facebookアプリ内で起動して使う「ポケットの中のサウンドスタジオ」とFacebookは紹介した。AIにより、騒がしい環境で録音してもノイズリダクションで高音質の音声が録音できるという。声にエフェクトをかけたり、ライブ動画でも使える著作権問題のない音楽をBGMとして使うことも可能だ。


 オーディオトラックのミックス機能、サウンドエフェクト、ボイスエフェクト、フィルターのコレクションはリリース後も増やしていく計画。

 sound FacebookアプリでSoundbitesを録音

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.