ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年07月21日 13時14分 公開

Instagram、「発見」タブでの「不適切なコンテンツ」の表示量が調節可能に

Instagramが、「発見」タブに表示される「不適切なコンテンツ」の量を調整する機能を追加した。快適なInstagram体験を提供するための取り組みの一環。「許可する」「制限する」「さらに制限する」の3段階から選べる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebook傘下のInstagramは7月20日(現地時間)、「発見」タブに表示される「不適切なコンテンツ」が表示される量を3段階で調整する機能を追加したと発表した。

 「不適切なコンテンツ」とは、コミュニティ・ガイドラインで禁止されてはいないが、おすすめに関するガイドラインに違反するコンテンツのことだ。

 例えば、人々が戦闘する様子など、暴力を描写している可能性のあるコンテンツや、透けた服を着ている人の画像など、性的に露骨な表現や性的な内容を暗示するコンテンツ、たばこや成人向け商品などを奨励するコンテンツが該当する。

 表示の量は「許可する」「制限する」「さらに制限する」の3段階。初期設定では「制限する」になっている。

 設定を変更するには、画面右下のプロフィール画像をタップして[≡]→[設定]→[アカウント]で表示される[不適切なコンテンツをコントロール]をタップし、いずれかの設定を選んで[OK]をタップする。(ロールアウト中らしく、筆者の環境ではまだ表示されない。)

 sensitive

 Instagramは「われわれはInstagramをユーザーが望む体験を提供できるように構築できるはずだと信じている」という。表示コンテンツの管理機能としては、「いいね」の数を非表示にする機能や、嫌がらせのDMリクエストを見ないで削除する機能などを追加してきた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.