ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年08月05日 18時32分 公開

岡山大病院の医師がフィッシング被害に 私用クラウド奪われ患者269人分の個人情報が流出か

岡山大学病院の医師がフィッシング被害に遭い、医師の個人用クラウドに保存していた患者269人分の個人情報が攻撃者から閲覧できる状態になった。患者の情報を個人のクラウドに保存するのは大学の規定違反。

[松浦立樹,ITmedia]

 岡山大学病院は8月4日、同病院の医師一人がフィッシング被害に遭い、医師の個人用クラウドに保存していた患者269人分の個人情報が攻撃者から閲覧できる状態になったと発表した。4日時点で情報の悪用や、病院内システムへの不正アクセスは確認されていないという。

岡山大学病院が発表したコメント(公式Webページから引用)

 攻撃が明らかになったのは7月23日。フィッシング詐欺によりクラウドサービスのIDとパスワードを奪われ、クラウド上のデータにアクセスできなくなった。「本人確認がすでにできない状態のため、クラウドサーバの利用停止はいまだにできていない」(同病院)という。

 「発表が遅れたのは、情報が流出した患者への説明と謝罪を優先したため」(同病院)とし、8月2日から順次対応を進めていると説明。「現在、院内の他医師らのクラウドの利用状況などの調査と、該当医師の処分を進めている」とした。

 問題解決に当たり、岡山県警や関係各所に協力を仰ぐとしている。同大の槇野博史学長は「今回の事態を重く受け止め、全学として個人情報の管理および情報セキュリティに関する指導を徹底し強化してまいります」とコメントした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.