ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年08月16日 19時50分 公開

「SNSで家族と会話」は80代がシニア層でトップ、70代と大きな差──DMMのネット調査

離れて暮らす家族とSNSでやりとりしているシニア層は80代に多い──DMMファイナンシャルサービスのネット調査でそんな結果が。

[松浦立樹,ITmedia]

 TwitterやInstagram、Facebookなどで家族とコミュニケーションしているシニア層は、60代や70代よりも80代に多い──DMMファイナンシャルサービスは8月16日、そんなインターネット調査の結果を発表した。80代のうち52.6%が、離れて暮らす家族とSNSでやりとりしていると回答。60代と70代よりもそれぞれ20ポイント以上多かった。

 調査は全国の65〜89歳の男女800人にインターネットで実施。離れて暮らす家族とTwitterなどのオープンSNSでよくやりとりしていると回答したのは、80代が52.6%と最も多く、60代は31.6%、70代は15.8%という結果だった。一方、60〜70代は「対面で会う」がいずれも約40%だったのに対し、80代は20.9%と低い結果も出た。

80代の過半数がTwitterやInstagramで離れた家族とコミュニケーションすると回答。一方、70代は15.8%と低い結果に

 同社は「対面での会食や会話が難しくなることにより、世代間で(家族とのコミュニケーションに)違いが出ている」「SkypeやZoomを使って会話を楽しむと回答した人もおり、従来の対面での会話や電話、手紙といったコミュニケーション手段に加えて、デジタルツールを使用するシニア層が増えている」と分析している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.