ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2021年09月22日 11時33分 公開

セブン銀行、後払いサービスを外部事業者に提供 まずは「バンドルカード」に

セブン銀行が、外部事業者向けに後払いサービスを提供する。まずは、カンムの「バンドルカード」でスタート。ユーザーは商品の購入月の翌月末までに、同行のATMの他、コンビニやネット銀行で後払いできる。

[ITmedia]

 セブン銀行は9月21日、外部事業者向けに後払いサービスを提供する「セブン銀行後払いサービス」を始めると発表した。第1弾として、ウォレットアプリを手掛けるカンム(東京都渋谷区)が発行するVisaプリペイドカード「バンドルカード」に提供する。

photo プレスリリース

 カンムでは、後払いサービスを「『ポチッと』チャージ」として提供。ユーザーは、商品を購入した月の翌月末までに、同行ATMの他、コンビニやネット銀行で後払いできる。

 外部事業者は、このサービスを使うことでユーザーに後払いサービスを提供。その後、事業者がセブン銀行に債権譲渡し、最終的に同行が回収するスキームをとる。対象は、電子マネーやプリペイドカードのチャージ、ECサイトなどでの商品購入など。

photo 「セブン銀行後払いサービス」の事業スキーム

 同行は今後も、後払いサービスの提供先を拡充する方針。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.