ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年11月25日 08時00分 公開

「ちょい曲げ」「くの字」スマホの使い心地 自腹で買った「Galaxy Z Fold 3 5G」でいろいろ考えた(4/5 ページ)

[西田宗千佳,ITmedia]

気になって純正カバーをカスタマイズ

 「ちょっと曲げて机の上に置く」パターン、実は1つ工夫がある。

 同時に購入した純正アクセサリーである「Flip Cover with Pen」を加工して使っているのだ。

 Flip Cover with Pen、名前の通り、表と裏をカバーするフリップケースの真ん中にペンが刺さり、そのまま持ち歩ける構造になっている。

photo 公式サイトより。こんな風に、本来は表裏をカバーし、ペンが「背表紙」に来るカバーである

 今回からペンに対応したFold 3を生かすには必須のアクセサリーといえるのだが、ちょっと気になる点があった。

 表側のディスプレイカバーが、正直邪魔なのだ。

 表側が見えないといけないので自由に開き、ずれる構造なのだが、こうすると、開いて持つときに意外と表側のカバーが邪魔になって持ちづらい。

photo 購入直後に撮った写真。最初の写真と違い、カバーが邪魔なので、左から本体を握れていない点に注目

 最初のうちは我慢していたのだが、2週間ほどで「カバーをカスタマイズしてしまおう」と思い立った。

 それが以下の写真だ。

 本来あったディスプレイ側のカバーを切り取ってしまい、背表紙に当たる部分にあったペンホルダーが刺さるアダプターを切り離し、裏面カバーの左端に貼り付けたのだ。

photo カスタマイズしたカバー。表側を取り外し、ペンホルダーを裏側の左端に貼り付けた

 結果、片手で持つ時にカバーが邪魔になることはなく、ペンも同時に持ち運べる。そして、ペンの部分にちょうど指がかかるので、持ちやすくもなっている。

 さらには、ペンの分、机の上に置いた時に傾くようになったので、ディスプレイがいい感じに斜めになって見えやすい。

 いろいろとプラス面の多い改良である……と自分では思っている。

 マイナス面は「ペンの分、より厚くなる」ことで、もはやズボンのポケットに入れるのは厳しい。荷物の中に入れてしまうならこれでもいいだろう。

 なお、実はこのペンホルダー、スライドレールになっていて外れるので、ペンを持ち運ぶことにこだわらないなら薄くすることもできる。まあその時は、ケースごと外してしまえばいいと思うが。

 表面のガラスを保護できないのも欠点とはいえる。だが、筆者はスマホケースをあまり使わない、俗にいう「裸族」なので、まあ、これはこれで良かろうと思っている。角を守ることも考え、フィルムだけは貼ることにしたが。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.