ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2022年07月23日 07時02分 公開

Twitterの4〜6月期決算は減収で赤字 「マスク氏による買収保留の不確実性を反映」

Twitterの4〜6月期決算は、売上高は1%減、2億7000万ドルの純損失だった。同社は広告業界への逆風と、マスク氏による買収保留に関連する不確実性を不調の理由として挙げた。不確実なため、第3四半期の予想はせず、電話会見もしなかった。

[ITmedia]

 米Twitterは7月22日(現地時間)、第2四半期(4〜6月期)の決算を発表した。売上高は前年同期比1%減の11億7666万ドル、2億7000万ドルの純損失(1株当たり35セント、調整後は8セント)だった。前年同期は6560万ドル(1株当たり8セント)の黒字だった。

 売上高、純利益(損失)ともにアナリスト予測(売上高は13億2000万ドル、調整後1株当たり純利益が14セント)を下回った。

 売上減について同社は「広告業界への逆風と、イーロン・マスク氏によるTwitter買収保留に関連する不確実性を反映している」と説明した。

 twitter

 マスク氏による買収保留に鑑み、第3四半期の予想は提供しないとした。また、業績に関する電話会見も行わなかった。

 mDAU(広告を閲覧した、収益につながる日間アクティブユーザー数)は16.6%増の2億3780万人だった。

 同社はプレスリリースでmDAUの算出方法について詳しく説明した上で、「第2四半期の偽あるいはスパムアカウントの平均は、mDAUの5%未満であると推定する」と語った。

 マスク氏は4月25日にTwitterを約440億ドルで買収することで合意したが、5月にはmDAUに含まれるスパムアカウントがTwitterによる報告(5%未満)より多い疑いがあるとして買収を保留すると発表。7月8日には買収取引を打ち切ると通知した。

 Twitterはマスク氏を米デラウェア州衡平法裁判所に提訴し、裁判は10月に予定されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.